FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → さよなら塵類

さよなら塵類
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

菅内閣支持率急落35%、尖閣・経済など響く

 読売新聞社が5~7日に実施した全国世論調査(電話方式)で、菅内閣の支持率は35%となり、前回調査(10月1~3日実施)の53%から急落した。

 参院選直後調査(7月12~13日実施)の38%をも下回り、発足以来最低となった。不支持率は55%(前回37%)で、支持率を逆転した。

 尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件や円高・デフレの経済情勢、小沢一郎・民主党元代表の「政治とカネ」の問題への対応などで不満が高まり、内閣支持率を一気に引き下げた。菅首相は厳しい政権運営を強いられることになりそうだ。

 政党支持率では民主は28%(前回36%)に落ち込み、自民は23%(同16%)に上がった。

 民主党政権の外交・安全保障政策については、不安を感じるという人が91%(同84%)に上昇した。

 具体的に聞くと、中国漁船衝突事件を巡る菅内閣の一連の対応を「評価しない」との回答は82%だった。事件の模様を撮影したビデオ映像がインターネット上に流出したが、政府は事件のビデオを国民に公開すべきだと思う人は83%に上った。公開を避けてきたことへの強い不満が示された。

 ロシアのメドベージェフ大統領が北方領土の国後島を訪問したことを「問題だ」と思う人は68%だった。政府は駐ロシア大使を一時帰国させたが、「さらに対抗措置をとるべきだ」と思う人は48%で、「この程度でよい」26%、「その必要はない」15%となった。

 菅内閣が今の経済情勢に適切に対応していると思う人は12%で、「そうは思わない」が79%を占めた。

 小沢氏の「政治とカネ」について聞くと、民主党の対応は不適切だと思う人が84%を占めた。小沢氏が国会で説明すべきだと思う人は84%に上っている。

 小沢氏が、検察審査会の議決により、強制起訴されることになったのを受け、どう対応すべきか聞くと、「衆院議員を辞職する」が55%、「議員は辞職しないで民主党を離党する」21%、「辞職も離党もする必要はない」19%だった。

(2010年11月08日 読売新聞)

 そりゃあ、まあ、国民から求められていた事は何一つせず、マニフェストにも載せていない、誰も望んでもいないような法案にばかり血眼になり、治安も経済もグチャグチャにした挙句、更に例の尖閣問題での対応。

 しかも、それを恥じるでもなく、詫びるでもなく、あたかもそれが当然のような面をして、偉そうに大上段から減らず口をたたいている有り様。

 これで、支持率をキープ出来る方が奇跡というものであり、寧ろ、未だ35%もあるのか、というのが殆どの国民の率直な感想だろう。

 支持率0%でも誰も驚かない。

 と言うか、本当は0%だったりして。

 何にしても、もう終わりだな、ミンス党。

 ぽっぽが転けた時に、まともな方向に修正するのではなく、更に無能で、更に狂っている菅ガンスなんかを後継に選んだ時点で、まともな人間にはこの結末は予測出来ていた。

 ご冥福をお祈りしします。

にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

詐欺とペテンの大百科
カール シファキス
青土社
売り上げランキング: 113536
おすすめ度の平均: 4.5
5 手を変え品を変え……だが、本質は今も同じく。
5 騙されないためには古典的手口をよく知ることだ
3 よい学びの本?
5 読んでいるあなたもバカにできない

たま ナゴムコレクション
たま 柳原幼一郎 石川浩司
ナゴムレコード (2005-08-24)
売り上げランキング: 57918
おすすめ度の平均: 4.5
5 おどろおどろしさを感じたんだが・・・
5 まるでライブ!!
5 たまに星降る夜明け
4 これぞ「たま」の原点
4 たまらないのよねぇ


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/09(火) | | #[ 編集]
ファンでいる。

こんなに面白い文を書く人のブログが、何でランキング下がるの?
おかしいや。


2010/11/09(火) | URL | 葉っぱ! #-[ 編集]
>葉っぱ!さん

 本文の下にある人気ブログランキングクリックのボタンがありません。順位だけでなく、ポイントもありえないほど下がっていますし、まずそれが原因で間違いないでしょう。
 私はいつもエントリータイトルの近くにあるボタンをクリックしてましたので、今日まで本文の下の部分の異変には気付いてませんでした。
2010/11/09(火) | URL | 北野茂良 #0OF0GxPA[ 編集]
>北野茂良さま。 ほんとだ、無いですね。
私もエントリータイトルそばにあるボタン押してますので、
気付きませんでしたが。
ランキングボタンてのは、どこをクリックしても一緒じゃないのですか。
本文下のボタンだけが有効、だということでしょうか?
反映されないんじゃ残念ですね~。

北野茂良さま、コメントありがとうございました。
2010/11/09(火) | URL | 葉っぱ! #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2222-0e29a3b6
 今回のデジカメ写真は、柳月製菓の「スイートピアガーデン」の甘味処でスイーツを、実に美味しそうに(笑)食べている、フラフラ賢夫人(笑)とふたりの娘のものが、上の2枚です...
ニュース一人旅 わたしの読書感想を読み慣れた方ならば、コラムというジャンルが好みだということをご存じだろう。前回同様、新刊発売日当時、これも感想を公開しているので、いつ...
 このシリーズ、これが最終回になります。残念ですか、名残惜しいですか。しっかり1から見直していただけると、公開冥利(笑)につきますね。 札幌の花物語よりはインパクト、弱...
渡邉恒雄回顧録渡邉恒雄回顧録 生臭さもある、迫力のある本で、読売新聞の傘下に入った、中央公論、絶版の憂き目はない。 これを訊いている学者、その本当のところがわかるのか、...
 今回からは、みなさんがよくみかける、神秘の湖「摩周湖」の表の展望台ではなく、その対岸にある、裏摩周を紹介しますね。 まだすっかり舗装されていないときから数え、何度も訪...
情報と政治 この読書感想を公開時、本文の中で参考文献とした高瀬淳一『「不利益分配」社会』(ちくま新書)は品切れ・絶版である。これこそ電子書籍化すべきで、それだけの厚みの...
 清里(きよさと)町のホームページでは、中標津町と同町との町境にあり、この「裏摩周展望台」は表とはちがって、標高差がわずかに低く、585メートルの高さがあるようですね。...
 今回、取り上げる本も嫌になるほどの品切れ・絶版である。口が酸っぱくなるかもしれないが、電子書籍化、この流れを速めてほしいという思いが頭の中をいっぱいにする。本は売れる...
外交激変 いまの時流ほど、外交、国際政治への関心を高める必要が、そのブログの活性化を認めながら、感じている。これもナベツネの本と同様の研究手法、オーラル・ヒストリーであ...
日本人の忘れもの 再三再四、わたしのコラム好きは、拙ブログにアクセスされる方ならば、耳にタコができるほどではないか。飽きがこないと思えるので、一読してもらいたいものであ...
 今回の写真はそう数が多くはありません。いちばん最後に、いまのやせ細った(笑)無我氏の写真が、これは横浜の兄のデジカメで撮影されたものですが、紹介しますね。楽しみにして...
 前回の特別点描の最後で、無我氏(笑)、実は「裏摩周」で登場する、そういうことで、過去との比較になればと、そう思い、再掲載しています。 味のある話を書きたいと思うと、ま...
 品切れ・絶版である。さもあらん、常習犯のPHPである。同社こそ、他社に先駆けて、書籍の電子化(IP革命)に積極的に取り組んでほしいものである。 これで30回、1月分、...
 お屠蘇気分も薄らいだ今日この頃ですね。 裏から見ても摩周湖は同じ摩周湖です。北海道観光で是非とも訪れたい、そういう湖ではないでしょうか。ここは協奏曲でも聴きながらとい...
 今回のこの写真が最後の「裏摩周」になります。無我氏(笑)の写真、横浜の兄、ソニー製のファインダーがついていた頃のデジカメなので、ぼくの写真とは色調がちがうかもしれませ...
【送料無料】日本国の原則 この本は文庫化した。めまぐるしい変化の多い経済書のなかで、いま読んでもその新鮮さは薄れない、と、自信をもっていえる。 文庫のような小さな本の電...
【送料無料】コラムばか一代 以前に紹介した「産経抄」の名コラムニスト、石井英夫の続編で、切っ先のさばきが眼にもとまらぬ文章である。文庫化していて、息がながく続いている。...
小沢一郎政権奪取論 下記の本文でふれているように、これもまた学究的なオーラル・ヒストリーである。 この時、顔の表情、録音した生の声を一部でも聞けるならば、電子書籍化の値...
アジアに接近するロシア 本書は古書で元々手に入れたもので、手に入る文中の関連書籍を、興味のある方は読んでもらいたい。電子書籍化、そういう形は、こういう本に出会うたびに頭...
【送料無料】ローマから日本が見える 著者は市井の史学者、専門がローマ、地中海の古代史である。広く読まれているので、そういう意味合いでは品切れ・絶版は少ない。 電子書籍化...
福沢諭吉と中江兆民 中央公論社、その新書、余程のことがない限りは品切れ・絶版ということはない。岩波新書より徹底しているのではないか。 前回も書いたが、こちらも多数意見を...
 品切れ・絶版である。定番のPHPで、類書があるので今回は目くじらたてることもないと思う。 また両論併記のことになる。冷戦後も出版社により左右の色が残っている。いつまで...
 品切れ・絶版である。こうことは、PHP新書と並ぶのではないか、この集英社新書も。あまり推薦はできかねるが、それでもそれは残念である。愚書にも価値はあるといったら、嫌み...
もし、日本が中国に勝っていたら この著者、よく取り上げる、NHK朝の連続ドラマ「てっぱん」の画家役の方と同姓同名である。偶然なのか、本人なのかはわからない。 電子書籍化...
 東アジア情勢の本が続き、食傷気味な方もいるだろう。ただ、これを読んだ頃は、北朝鮮の日本人拉致問題の関心が否が応でも高まっていた。その関連の本が矢継ぎ早に発刊されていた...
【送料無料】日本人の遺訓価格:767円(税込、送料別) 短い文芸論をこつこつ書き溜め、新書にしたのが本書である。御高齢で名前は存じ上げていたが、初めて読書対象になった。 参...
環境問題の杞憂 この紀行の30回目にも書いたが、これでおよそ2ヶ月分の分量になる。毎日、当然のようにブログで新規公開をしていた。もう、できない相談である。 多様な意見が...
いちばん大事なこと 目から鱗が落ちるような発想に出会うことがある。指向が固定化して、ルーフ状態になる、悪性のマンネリをわたしは嫌う。読書は多様さ、これがコンセプトである...
 品切れ・絶版である。決まり文句になるのがさびしい限りである。北朝鮮の核、拉致など、それがオピニオン誌上で大問題としてにぎわわせたのが、これを書いた当時の時流である。 ...
【送料無料】首相官邸の決断 この時期の読書、このオーラル・ヒストリーといわれる、新しい学術研究にのめり込んでいた。 再三、再四、くどいようではあるが、これを電子書籍化す...
 この本は、本というよりはパンフレットという方が適切だろう。品切れ・絶版である。 IP革命という言葉をもちいるが、それはいま時の話題になっている、個人認証に関わるIPア...
【送料無料】脱フリーター社会 国内政治における、政策課題は多くなっている。さまざまな利害が、問題の当事者だけではなく、国、地方との関係もある。愛知、大阪でもわかるように...
【送料無料】日本文明の謎を解く 普通の読書人ならば、未知のジャンルにあえて取り組もうとすると、どういう著者の本がよいのか、正直、迷うのではないか。信頼できる著者からの推...
【送料無料】散るぞ悲しき 出版には読者の関心の高まりなど、企業としての業績に直結すべく、時期というものがある。それ自体を否定はしない。その利益が、それを度外視した書籍が...
【送料無料】実は悲惨な公務員 『限界芸術論』でカルタ思考といったのは鶴見俊輔である。こうといえば、こうと反応する思考のパターン化、これを日本のカルタ取りから分析した。そ...
 本文に書いているとおり、聞き耳もたない膠着化した左派の論説である。が、しかし、いまは左右、中間、それぞれの論調も同じようになりつつある。なっているといいきってもよいほ...
【送料無料】激動する世界と日本再建の課題 評論家に脂がのっているというのは、失礼な言い方になるだろうか。この中西輝政は、保守主義の4番バッターであるか、そうなってほしい...
 一流出版社の有能な編集者の退社が相次いでいると、ブログで報告があった。話題のIP革命、電子書籍への流れのいっかんで、小資本でも可能なので、ベンチャー企業としてチャレン...
 是非とも読んでもらいたい、そう思うと何故か品切れ・絶版ということになる。ご存じPHP、と、揶揄(やゆ)したくなる。 対談集、活字化するときには、手直しが入るのは仕方が...
【送料無料】日中戦争価格:1,470円(税込、送料別) この本は読み応えの点では格別なものがあり、いまも細部にわたり記憶している。読んでもらいたい、読んでいただけないと俗に「...
【送料無料】日朝関係の克服増補版 姜尚中の本はよく読まれている。わたしは氏の論旨にはほとんどといってよいほどついてはいけない。 しかし、読みもしないで批判だけする、そう...
 この「再録紀行」という題では最後になる。だが、過去ログを紐解くことは打ち切りとしない。 本書、品切れ・絶版である。このようなことをアフィリエイトとして、調べ、巻頭にバ...
拡大ヨーロッパの挑戦 政治的な理想が必ずしも希望どおりの道のりをたどらないのは、国際政治のイロハかもしれない。 EUはその後、経済的にギリシャ国債の格下げ、信用の収縮で...
【送料無料】狂気と王権 ネット検索のサーチエンジンの劣化は、その会社だけを責められないかもしれない。わたし自身の公開が減少しすぎたことも一因になるだろう。 ここで再録し...
 IP革命、期待の新商品アイパッド2の日米欧の同時発売から、日本だけが取り残された。最新機器だけでなく、その他の新製品も、日本の国家的な存亡に関わる、今回の東北関東大震...
 ツイッターに押され気味のブログですが、電子書籍、これを読みながら、すぐにも感想というか、意見などを、その場で「ツイッター」で書き込めるようになるかもしれませんよ。「こ...
 新発売のアイパッド2、もちろん電子書籍のためだけにあるのではないですよね。多種多様な機能が網羅されていますが、ぼくの関心はその一点にあります。どのような使い勝手になっ...
 アイパッド2の発売で、電子書籍の期待は否が応でも高まりますよね。水面下では着々と、その本、雑誌類のコンテンツが開発の余念がない、再三再四、指摘してきたとおりです。いよ...
 新規公開、それこそ意固地(笑)になってしていないのではないですよ。詳しくは、それこそ偉大な(笑)サーチエンジンで「フラフラ賢夫人の国際交流」という記事で書かれています...
 テレビを全く視ないわけではない。ほとんど録画した囲碁、将棋、そして「たかじんのどうでも委員会」だけは、日をおいて視る。「ゲゲゲの女房」や「てっぱん」などは例外である。...
【送料無料】誰が日本の医療を殺すのか 不眠不休の医療の現場、それを分析した新書である。 名医の紹介をよくテレビがするようであるが、こうした実体を電子書籍で、動画をのせて...
 そもそもこの再録のシリーズは、あまりのサーチエンジンの劣化に対する、対抗手段としてはじめました。ぼくはこの楽天ブログで閉鎖もしないし、例えそれが年に一度の更新(笑)に...
 教養は知性と感性のバランス感覚が大事ですよね。一方に偏る、それはぼくの読書経験で注意しなければならない、最重点のひとつですよ。まずは本を読まないことには、すべては始ま...
生物と無生物のあいだ 科学にも、あえて言えば経済学にもはやり、廃(すた)りがある。これはアメリカのアカデミーの影響が大きいからでもある。いまは地球温暖化とこの新書のよう...
 この著者は再版をしないと聞き及んでいるが、それからして本書、品切れ・絶版である。 兵学を文献的にその後の過程で、軍事戦略、戦術から兵器全般がどのように変遷したか、それ...