FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ経済 → Born Of A Broken Man

Born Of A Broken Man
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

大前氏 こんな所得税や法人税では日本の富裕層は国外に脱出

 菅民主党政権が、税制改革に向けて動き出した。だが、大前研一氏は、小手先の調整では、この国の企業や個人はますます疲弊するだけだと指摘する。いま必要なのは、大胆な発想の転換による「タックスヘイブン化」構想だというのである。

 資産課税と付加価値税を導入する代わりに、所得税と法人税、その他すべての税金はゼロにして「タックスヘイブン化」する。そのメリットは極めて大きい。

 現在、日本の所得税は累進性が非常にきつい。最高税率は国税が40%、それに地方税が10%ついて50%に達する。一方、海外に目を転じると、モナコとリヒテンシュタインはゼロ、スイスは11・5%、ロシアは13%(しかも累進課税ではなくフラットタックス)、香港は15%、シンガポールは18%だ。

 所得税の累進性は富裕層の国外流出を招く。象徴的な例はスウェーデンである。最高税率が72%の時があり(今でも52%)、テニス選手のビヨン・ボルグらがモナコに、家具販売のイケア(IKEA)創業者のイングバル・カンプラッドらがスイスに移住してしまった。もし、このまま日本が所得税の累進性を維持したり強化したりすれば、スウェーデンと同じく富裕層は海外に逃げ出すだろう。

 法人税も、日本は実効税率40・69%で世界一高い。一方、他の国々は海外の企業の誘致や、自国から企業が流出しないように引き下げ競争を繰り広げており、実効税率の世界標準は25%に収斂しつつある。

 たとえば、ドイツは38%台から29%台に引き下げ、いずれは25%にするとアナウンスしている。ヨーロッパの中では法人税率が高いと、企業が本社を法人税率の低い国に移してしまうからだ。
 とくに有力企業の国外流出が目立つのは、所得税の個人と同じくスウェーデンだ。かつてスウェーデンの法人税率は50%だったため、重電のアセア(現ABB)が21・17%のスイスに、前出のイケアや化学のノーベル(現アグソノーベル)が25・5%のオランダに、それぞれ本社を移転した。
 今でこそスウェーデンも28%に引き下げたが、時すでに遅しである。ちなみに、アメリカ企業の多くはヨーロッパ本社をアイルランドに置いているが、その最大の理由は12・5%という低い法人税率だ。

 そしてアジアでは、世界標準の25%よりもさらに下がっている。香港は16・5%、台湾とシンガポールは17%だ。韓国は24・2%だが、輸出に貢献している大企業の場合は優遇措置があり、実質的な税率は15%ぐらいになっている。だからサムスン電子や現代自動車などは日本企業に比べると手元に残るキャッシュがはるかに多くなり、思い切った巨額投資ができるわけだ。

 経済産業省は法人税率の5%引き下げを求めているが、その程度では日本企業が海外に流出するのは避けられないし、日本に来る外国企業も増えないだろう。だが法人税をゼロにすれば、日本は企業にとって大きな魅力のある国になる。
 日本企業が国内に留まるだけでなく、世界中から企業が日本にやってきて雇用を創ってくれる。日本経済が活力を取り戻すのは間違いない。

(SAPIO2010年11月24日号より)

 真面目な話なんですが、富裕層だろうが何だろうが、「税金を払いたくない」と宣言して、実際に払わないでおこうとするような奴なんて、別に出て行って貰っても一向に構わないと思うんだけど。

 そいつを引き留めるメリット、何かあるの?

 いや、まあ、それなりの「雇用」を生み出してくれる立派な「企業」なら、まあ、まだ納得はいかないにしても理解出来ないでもないのだけれど、「日本から出て行くぞ」とか喚いているようなクソ企業なんて、まともな「雇用」は殆ど生み出さず、政治屋に働き掛けて作った新時代の奴隷、ハケンを使ってお茶を濁し、更には外国人研修生をクソみたいな給料で使役し、ボロクソな儲けを経営陣と株主で分け合っているだけの真性のクソじゃないですか。

 連中を日本国に留め置くメリットなんて、何にもない。

 寧ろ、そうやって手前らが逃れた税金等の義務を、真面目に生きている一般庶民にその限界以上にまで押し付けようとしている点を踏まえると、百害あって一利なしと言える。

 寧ろ、さっさと追い出せばいいんじゃないかと。

 真面目な話、企業の中枢に今の怪異疸連の糞ジジイどものような人外銭ゲバ妖怪どもが入り込む前、まともな経営者がまともな株主に支えられ、全てを従業員を含めた「会社」で分かち合っていた時代、日本は常に上り調子だった。

 それを、戦後「会社」を、志を持って立ち上げた人達が第一線を退き、連中が経営の中枢を握り、利益を手前らだけで独占するようになって以降、日本経済は、日本は急激に弱体化していく事となった。

 分かるかな?

 あの人外銭ゲバ妖怪どもなんざ、癌でしかないのですよ、日本にとって。

 日本を、日本人を弑する寄生虫でしかないの、今の罪怪塵は。

 出て行きたいというのなら、喜んで見送るべきで、出て行かないと言ったとしても、簀巻きにして放り出すべき存在。

 それを、シンガポールや香港みたいな、税率以外何のアッピールも出来ない三流都市国家の真似っこをしてまで引き留めるなんざナンセンス、いや有害無価値な主張だ。

 ゴミはゴミ箱へ、罪怪塵はコキュートスへ。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

人間失格 (集英社文庫)
太宰 治
集英社
売り上げランキング: 5981

罪と罰〈上〉 (岩波文庫)
ドストエフスキー
岩波書店
売り上げランキング: 56528


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2232-d8280f6d