FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ環境問題 → 水

人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

大前氏 「水利権」を廃すれば水道水が買った水並みのうまさに

 世界の資源獲得戦争は、石油や天然ガス、あるいは今話題のレアアースやレアメタルにとどまらない。我々の生活により身近な「水」をめぐって、熾烈な争奪戦と、新たなビジネス競争が繰り広げられている。日本の「水」をめぐる実態を大前研一氏が解説する。

 日本国内には「水利権」(河川や湖沼などの水を排他的に取水して利用できる権利)がある。

 日本は世界でも稀に見る「水の自給自足」ができている国だ。夏になると、よく福岡県福岡市や愛媛県松山市、香川県高松市は水不足になるが、山の反対側の大分県や高知県では水が余っている。しかし分水嶺と水利権の問題があるため、県や市町村という小さな単位にこだわって一切、水を回そうとはしない。
 
 まさに分水嶺が運命の分かれ目になっているわけだ。これは飛鳥時代の大宝律令(701年)にまで遡る問題なのだが、そんな狭い了見はもう捨て去って、水道事業を集約して広域化し、少なくとも道府県単位、できれば道州単位に再構築すべきだと思う。

 しかも日本の水は現在、全体の65%が農業用水、15%が工業用水、そして20%が水道用水(生活用水)として使われている。そのうえ最も上流の美味しい水が農業用水、次が工業用水となり、水道用水は最も下流の汚いところで取水している。基本的に水利権は江戸時代の「(士)農工商」の身分制度そのままの序列なのである。

 たとえば、東京都の水道水は主に利根川の分流である江戸川を中心に取水して浄水しているが、利根川の上流で取水すれば、JR東日本が各駅構内で販売しているミネラルウォーター『大清水』(上越新幹線の大清水トンネル開削工事の際に湧き出た水が原料)と同じ美味しい水が水道で味わえるようになる。

 利根川の上流から東京都内までパイプを引いても、長さはせいぜい150キロメートルぐらいだ。アメリカ・カリフォルニア州は北のシエラネバダ山脈から水のない南のロサンゼルスまでアクアダクトと呼ばれる水路を1500キロメートルも建設して水を引き、その間にあるサンワキンバレーという砂漠を農地に変えた。それに比べれば150キロメートルの水道管敷設は簡単なことである。

(SAPIO 12月15日号)

 という訳で、害死・害塵の忠実なわんわん、お前が言うなケンイチくんの「害国マンセー、日本遅れててクソ」の授業のお時間です。

 まあ、うだうだやっても仕方ないので結論から申し上げますると、この記事の通りに実行すると、本来の水循環が崩れ、日本は世界でも稀な「水の自給自足」が出来る国ではなくなります。

 よく考えて欲しい訳だが、中東の砂漠みたいなところは別として、ダメリカだって厨獄だって、別に水源の無い国な訳でもないのに、何故か常に水不足を叫んでいる。

 それって結局、「アメリカ・カリフォルニア州は北のシエラネバダ山脈から水のない南のロサンゼルスまでアクアダクトと呼ばれる水路を1500キロメートルも建設して水を引き、その間にあるサンワキンバレーという砂漠を農地に変えた」みたいな無茶苦茶をやって、自然の水循環をぶち壊しているからでしょう、どう考えても。

 プラス、大規模農業による恒常的な水の無駄遣い。

 「輸出」して「金儲け」する為だけに、大地の限界を超えた作物の収穫や、それすらも凌駕する大規模な畜産業による水資源の乱用。

 アホな丼物屋が牛丼の安売り競争をやっている昨今な訳だけれど、牛肉を1㎏作る為には、その2万倍もの水資源を必要とする。

 それを、手前の国だけでは処理しきれない程、バカ安い値段で世界中に売り回れる程、アホバカカスマヌケのダメリカ塵は大量生産しとる訳である。

 そりゃあ、水不足にもなるわ。

 そして、厨獄という隣のアホの国が、これを後追いして全く同じような状況に陥っている。

 アホのお前が言うなケンイチくんは、日本にもこれを後追いして死ね、と仰しゃっている訳だ。

 冗談はよし子さんですよ。

 アホとアホの信者どもは、「利権」という言葉に脊髄反射して、その背景も理解せずに悪役として叩き始める訳だが、水資源にしても農業にしてもあるいは他の色々な事にしてもそうなんだが、昔からある利権の多くは、全体のバランスを保つ役割を担う為に、その見返り的な意味で獲得した、というものが非常に多い。

 勿論、そうでないものも存在はする訳で、そういうものを解体するのは結構な訳だが、まず、そこの部分を見極める作業というものが必要な訳で、それもせず、ただ「利権」というだけで敵視して攻撃し始めるなどというのは愚の骨頂でしかない。

 例えば、今回の水利権を廃止すれば、「水源地帯の所有者が水を独占出来る」ようになる。

 そして、近年、成金の厨獄塵が水源地を買い漁っている、という話は耳にした事があると思う。

 仮に、厨獄塵云々は抜きにしても、水資源を金を持っている人間が「独占」出来てしまう。

 この意味、恐怖、理解出来るかな?

 「水道水が買った水並みのうまさに」なんてほざいているけれど、値段もミネラルウォーター並に、下手すればそれ以上になる。

 更に、所有者の都合で一方的に供給をカット出来るようにもなる。

 某アニメ的ヒャッハーな世界の一歩手前やね。

 もう、いい加減、「利権」という言葉だけで即座に「悪」と脳内変換する愚劣の極致から卒業しよう。

 こんなアホどもに煽られて国を滅ぼす事なんざ、あってはならない。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

不足する水資源 (地球環境ファミリーシリーズ「地球は今…」)

栄光教育文化研究所
売り上げランキング: 773295

水戦争―水資源争奪の最終戦争が始まった (角川SSC新書)
柴田 明夫
角川SSコミュニケーションズ
売り上げランキング: 116062


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
 本当の目的を隠して、甘い言葉、良さそうなところだけをちらつかせて誘う手口。あの規制緩和の時の、「地ビールが作れるようになる」とか「コンビニで薬が買える」などと言ってた時と同じでしょうね。
 そして「利権」という言葉をちらつかせてといて、ルサンチマンを誘う手口。

 こんなのに乗せられないようにしたいです。
2010/11/29(月) | URL | 北野茂良 #0OF0GxPA[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2243-91adb154