FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップDQN → 対岸のペシミスト

対岸のペシミスト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

『この国を出よ』
新刊書評


中国語には「憤青」という言葉がある。「怒れる若者」という意味だ。インターネット時代になった今、意味は微妙に変わり、過激なことばかり言う人間(ネットでは発言者の年齢がわかりにくいため)を指すようになった。

大前研一氏と柳井正氏の対談集『この国を出よ』を読み、特に柳井氏の発言に対し、真っ先に浮かんだのがこの「憤青」という言葉だった。

今や飛ぶ鳥を落とす勢いのファーストリテイリングの会長兼社長を務める柳井氏である。成功企業のトップとなると、たいていは自らの地位や影響力を考えて、厳しい意見を言う場合も、上手に言葉を選んで婉曲に表現しがちだ。

しかし、柳井氏は違う。ストレートなうえ、言葉遣いも過激だ。たとえば、「ただ沈没を待つだけの難破船」「自分の殻に閉じこもり、変化する環境への対応を放棄してしまった」といった表現で今の日本を語る。日本国民を「自分に不都合な情報には耳をふさぎ、戦後日本が世界に躍り出て急成長した過去の栄光を飽きることなくリプレイして自己満足し、それがこれからも続いていくと勝手に思い込んでいる滑稽な国民」と一刀両断して、「驚くほど能天気」と容赦ない批判を浴びせる。

対談の相手である大前氏も負けてはいない。日本企業を「口を開けて餌を待っている池の鯉」と切り捨てる。政治家は「有権者受けするパフォーマンスにばかり神経を使い、(政策に対する)肝心の勉強はお留守」と罵倒する。マスコミもその罵声から逃げられない。「洞察力に富んだ分析や批判を交え」、国の将来にかかわる「政策」について語るマスコミは「皆無」だ、と。

この2人をそこまで過激な発言に駆り立てるものは何か。それは日本という国を愛する日本人としての焦りであり「日本の危機が迫っているから」だ。その危機的な事実を言わない人が「あまりにも多い」のを目の当たりにし、「もう黙っていられない」(柳井氏)と捨て身になって、政治と国家を大いに語ろうとこの本を出したのである。
『この国を出よ』大前研一、柳井 正著 小学館 本体価格1400円+税

私も大いに同感する。講演先でいつも聞かれる質問の一つが、「中国経済はいつまで発展するのでしょうか」、つまり「いつ崩壊するか」と聞かれるのだ。

なぜ崩壊を期待するのか。同盟国である米国との貿易比重が13%しかなく、逆に中国との貿易比重が20%以上になっている今、中国経済が崩壊したら、間違いなく日本経済は壊滅的な打撃を受ける。そんなことも理解せず、ライバルという認識だけで崩壊を期待する。こうした現状が、グローバルな視点で経済を見ている大前氏と柳井氏を過激な発言をせざるをえない方向に走らせたのでは、と思う。

「日本を出よ」。それはこの本の書名だけではなく、日本の現状を正しく認識するために、世界を知っておけという呼びかけにも、私には聞こえる。

(プレジデント 2010年11.29号)

 これほど、「卑怯」という言葉が似合う品性下劣な人間も珍しい。

 ユニクロという企業、名目上は確かに「日本企業」の括りに入る訳だが、その実体は、日本から持ち出した富を至近として、厨獄を始めとする中後進国で商売をしている企業であり、日本という国、共同体から既に離れてしまっている存在。

 簡単に言えば、仮に日本という国が崩壊したとしても、それほどのダメージが無い立ち位置にいる。

 いや、低賃金労働による日本人労働者からの収奪が出来なくなる訳だから、全くダメージが無い訳ではないが、日本という国に根を張って企業とは、全く違う立ち位置である事に変りはない。

 そういう立ち位置、言わば対岸の位地にいながら、ありもしない危機を声高に叫び、煽り、人心を惑わして手前を高い位置にいると思い込んで悦に入る最低最悪のド外道。

 それが、この柳井というクズの正体。

 そして、もう一方の大前研一はと言えば、ダメリカと罪塊の忠実なわんわんであり、連中に都合の良い事ばかりを口から吐き出して回っている詐欺師として有名なクズ。

 何が「日本という国を愛する日本人としての焦り」だ、と。

 日本人から収奪した金を罪塊の老害どもに献上したり、海外で散財したりしているこいつらこそ、日本の長期的不況の最大の原因であり、日本国の癌そのものである。

 「この国を出よ」は、日本国民からコイツらに対して吐きかける言葉だ。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

歳出削減と増税は国を滅ぼす
村島 定行
風詠社
売り上げランキング: 837557

誰がウソをついているのか―増税も改革も必要ない!
森永 卓郎
ビジネス社
売り上げランキング: 543632


PR情報
PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
 日本から富を吸い上げて、害国に投資して儲けている忌業のどこが「日本という国を愛する日本人」の忌業なのか、私にはさっぱりわかりませんが、この日本語と頭が不自由な莫邦富とかいう厨獄塵民なら、このような意味不明な文章を書くこともありうるんでしょう。

 常人が考えるなら、ユニクロとかニトリ(北海道で生まれた反日売国忌業)などは、汚苦駄車屋以上に日本経済にとって害悪な存在です。

 こいつらが日本を愛するとか言うのなら、日本の全ての店舗を閉鎖して、日本から出ていってほしいものです。もしくはさっさと失せろ。
2010/12/10(金) | URL | 北野茂良 #0OF0GxPA[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2254-35cc3004