FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 侵略者を撃て

侵略者を撃て
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

なぜ人気? 中国人、日本の森林を相次いで買収

中国人が日本の水源地である森林の取得に積極的だ。その背景には、2025年には世界で55億人の人間が水不足に陥るとの予測があるからだ。

 外国人が日本の森林の買収を進めている。この数年、日本の森林の価格は下落を続けており、今が底値と判断した海外投資家が購入するケースが多い。また、水源として利用しようと考える海外企業もあるようだ。

 世界の水の需要状況では、先進国では健康や美容などへの関心の高まりから、良質な水へのニーズが旺盛になりつつある。一方で、発展途上国では人口増加や経済発展によって、生活用水が不足する事態が起きている。

 経済産業省が発表した2008年度の通商白書によると、安全な水の供給を欠いている人口は、世界で11億人とされ、安全な水が無いために、毎日4500人以上の児童が亡くなっているという。水不足は今後更に深刻化するとみられており、2025年には世界で55億人の人間が水不足に陥ると予想されている。

 日本の森林を買収する外国人の中でも、特に中国人の動きが目立っている。中国には長江や黄河などの大河があり、豊富な水を有する国のイメージがある。しかし、中国の年間平均降水量はおよそ660ミリで、1700ミリ近い日本の半分にも満たない。さらに、長江や黄河にはそれにつながる支流が少ないため、大地に水が行き渡りにくいといった欠点もある。そのため、慢性的に水不足の問題を抱えている。また、中国の国土は平地が多いため、河川の水の流れが遅く、汚れた水が滞留しやすい。河川の汚染が進む中国では、汚染が水不足に拍車をかけているといっていい。中国人が日本の森林の買収に動く背景には、こうした事情がある。

 日本は資源のない国だといわれているが、実は森林と水に恵まれた有数の資源国である。そのことに気付いた外国人は、今後も日本の森林の買収を続けるとみられている。

 これに対し林野庁は都道府県にヒアリングを開始し、情報収集に努めているという。しかし、それだけでは買収を止めることはできない。諸外国のように、外国人や外国法人の土地所有について地域を限定したり、事前許可制をとるなどの制限を設ける必要性がありそうだ。

(2010年12月12日 MONEYzine)

 アホのオーマイゴッドケンイチくんが水利権について姦しく騒いでいた訳だけれど、こういう、厨獄塵を始めとする成金害塵からソデノシータを貰って、その片棒を担いでいた訳。

 現行法のままだと、土地だけを確保してもそこを流れる水まではゲット出来ないから。

 本当に、どうしようもないクズですよ、あの阿呆わ。

 まあ、あの阿呆が一人で騒いでいるうちは、まともに相手をする人間なんてごく一部の狂信的カイカク真理教信者以外は殆どいないだろうからまだ大丈夫な訳だけれど、このまま放置し続ければ、カスゴミの連中も取り込まれて「水利権カイカク」の大合唱が始まる恐れもある。

 カスゴミの連中というのは、公器を自称している癖にその自覚も責任感も全く無く、私欲だけで動く最低最悪のゴミクズ野郎どもだから。

 そうなると、一部のバカとそのバカを支持層に持つバカな政治屋どもも踊り始め、だんだんと収集がつかなくなってくる可能性は十分にある。

 そうなる前に早々に手を打たなければならない訳だけれど、アホでバカでマヌケで売国奴でゴキブリよりも知能が低いバ菅や賤獄さんにそんな事を期待するだなんて、ニワトリに大空を優雅に飛び回る事を求めるよりも無理な話。

 むしろ、それを阻止しようとする官僚の邪魔をするのが、バ菅や賤獄さんだから。

 というか、そういう官僚を国政から排除しようとしているのが、ミンス党の脱官僚派やこっちみんなの党の連中だしね。

 今はまだ何とかなっているけれど、この先、もっともっと苦しくなってくるのは目に見えている。

 そうなる前に、出来るだけ多くの日本人が目を覚まして立ち上がらなければ、手後れになってしまう。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

水戦争―水資源争奪の最終戦争が始まった (角川SSC新書)
柴田 明夫
角川SSコミュニケーションズ
売り上げランキング: 84199

中国の水環境問題 開発のもたらす水不足

勉誠出版
売り上げランキング: 134206


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2257-397c881d