FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ経済 → 強欲資本主義

強欲資本主義
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

「何を考えているのか」 法人税減税で米倉日本経団連会長が政府批判

 米倉弘昌日本経団連会長は13日、経団連会館で記者団の質問に応じ、来年度の税制改正をめぐる大詰めの協議で焦点になっている法人税減税について「法人税の引き下げは政府の新成長戦略に書き込んである」と強調し、「難しいという話ばかりで、数字合わせになっている。大臣方は何を考えているのか」と政府の対応を強く批判した。

 また法人税引き下げの条件として企業側が雇用確保などを約束すべきという意見が出ていることについては「私が約束したとしても経済界がやってくれるかどうか。経団連は予測値を提出済みだ。資本主義でないようなことをやってもらっては困る」と語った。

 経団連は実質減税で5%という要望を崩しておらず、課税ベースの拡大については政治判断に委ねている。

(2010年12月13日 SankeiBiz)

 この連中を見ていると、江戸時代の「士農工商」ってのは、かなり理に適っていたのだな、と思えてくる。

 昔の人はやっぱり偉大だな、と。

 勿論、今更「士農工商」、身分制度の復活なんてのはあり得ないしあってはいけない話な訳ではあるが、こういうどこまでも強欲な糞爺を見ていると、どうしてもそう思えて来る。

 要求は何処までも際限なく、その代償は断固として支払おうとしない。

 手前の儲けが全てであり、その為ならば誰がどんな犠牲になろうとも一顧だにしない。

 こういう強欲な商人が力を持ち過ぎ、政治に介入して好き勝手に暴れ回った事が日本経済の停滞の、日本全体を覆う閉塞感の一番の原因であると言える。

 しかし連中は、その事実を認める訳にもいかず、更なる暴走を続ける。

 このまま、この連中を放置し続けた先にあるのは、予定された死か、あるいはそれに対する抗い、すなわち革命かのどちらかだろう。

 資本主義とは、資本を持つ者を絶対君主とする体制ではない。

 その事を理解出来ない強欲な商人が暴走を続ければ、マルクス・エンゲルスの再来が世界を血の赤で塗り潰す事になるだろう。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

強欲資本主義 ウォール街の自爆 (文春新書)
神谷 秀樹
文藝春秋
売り上げランキング: 46435

さらば、強欲資本主義―会社も人もすべからく倫理的たるべし
神谷 秀樹
亜紀書房
売り上げランキング: 291575


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
賛成です。
2010/12/14(火) | URL | 凡人 #-[ 編集]
 皆さん、今晩は。ルート134です。浪人さん、お世話様です。

>こういう強欲な商人が力を持ち過ぎ、政治に介入して好き勝手に暴れ回った事が日本経済の停滞の、日本全体を覆う閉塞感の一番の原因であると言える。

 私も全面的に賛同します。
 私は、今の我が国の財界は、政治を弄び、国民及び国家を破滅に追い込んだ昭和10年代の旧日本陸海軍の上層部とほとんど同類だと思っています。

>資本主義とは、資本を持つ者を絶対君主とする体制ではない。

 資本主義とは、自由な経済活動による自由な社会の実現を目標としているはずです。機関投資家や大企業経営者に絶対的な権力を与えるものではありません。

>このまま、この連中を放置し続けた先にあるのは、予定された死か、あるいはそれに対する抗い、すなわち革命かのどちらかだろう。
>強欲な商人が暴走を続ければ、マルクス・エンゲルスの再来が世界を血の赤で塗り潰す事になるだろう。

 今の世界、特に我が国をみると、カール・マルクス氏の主張が出鱈目とは言えないように思えます。

 共産主義から自由を守ったのは、間違っても資本家に責任のない自由を与えた体制ではなく、ジョン・メイナード・ケインズ氏やニュー・ディール政策など、資本家の強欲を規制し、有効需要を掘り起こす体制でした。

 強欲資本主義とその反動で自由を奪われないためにも、私たちは強欲資本主義に立ち向かわなければならないと思います。
2010/12/15(水) | URL | 国道134号鎌倉 #V7LqRRsc[ 編集]
 私も前々からそう思っていましたね。士農工商。
 あれには、金で政治が振り回されるのを防ぐ目的もあったのかと。そうでなかったら、開国がかなり早まっていたでしょうね。

>こういう強欲な商人が力を持ち過ぎ、政治に介入して好き勝手に暴れ回った事が日本経済の停滞の、日本全体を覆う閉塞感の一番の原因であると言える。
おそらく、殆どの国がそうじゃないかと。
国際競争に生き残ったところで日本が、日本人が豊かになるのとは別。クソーバリストがどれだけ儲かろうと、どうせ役員と株主で利益をガメた上、残りは害国に投資でしょう。どれだけ一般人に恩恵があるのかと。
そういうクソーバリストが集まるのが、先日横浜で行われたオ○ペットのような会議。

今の政治は大部分がクソーバリストの金で動かされていて、このまま放っておけば国富が流出していくだけということに気づかなければなりません。
2010/12/17(金) | URL | 北野茂良 #0OF0GxPA[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2259-9512f114