FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ防衛 → 改憲こそが米軍基地問題解決の道筋である。

改憲こそが米軍基地問題解決の道筋である。
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 私一個人としては、拙ブログでも何度も書して来ている様に、沖縄の方々の苦しみというものは、理解出来るところです。

 しかし海を隔てたすぐ側に、中国共産党、そしてその僕である北朝鮮という、超A級の悪の枢軸国が存在しているにも関わらず、憲法9条などという亡国の鎖を以って自らを縛っている今の日本にとって、米軍基地は死活に関わる重要なものである事は、常人程度の危機意識を有しておられる方であれば、理解出来るものであると思います。

 無論私とても、現状のままで良いなどとは決して考えてはいないものであり、出来得る事ならば一刻も早く米軍が、日本より撤退してくれれば良いと思います。

 しかし何度も繰り返す様ですが、混乱を呈している今の東アジアの中で、日本中国共産党北朝鮮侵略から身を守る為には、米国の力を借りざるを得ないというが、厳しい現実であると言えるでしょう。

 この様な半ば保護国の様な半独立国家状態から、日本が抜け出し高らかに自主独立の声を上げる為には、憲法9条という亡国の鎖から自らを解き放ち、邪悪なる侵略者を自己一身の力を持って退け得るだけの力、すなわち国防軍というものを持たなければならないのです。

 私が常々不思議に思っているのは、今回ようやく決着に至った、普天間飛行場の移設などに際して、反対の声を上げる者、今回ならば稲嶺恵一・沖縄県知事ですが、この様な人間の多くが護憲を訴えているという事です。

 仮に、中国共産党北朝鮮の存在を無いものとして考えても、国家が、国民を守るという至極当然の責務を果たす為には軍事力というものは、必要不可欠であると考えられます。

 それを憲法9条などという狂った理念で縛り付けている以上、日本国米国に依存せねばならない状況となるのは、至極当然の事であり、現実をきちんと見つめた上で、米軍基地の縮小や撤退の望むのであれば、改憲して国防軍を持つべきという結論に至るのが、極普通の思考回路だと私には思えます。

 仮に朝鮮労働党日本支部社民党)や中国共産党日本支部共産党)、創価学会原理党公明党)の基地外たちの言うがまま、国防の備えも無しに、米軍基地の撤退や大幅な縮小などを行えば、日本がどの様な未来を辿る事になるかは、想像に難くありません。

 沖縄の方々の痛みや苦しみは理解出来るものです。

 それ故にこれ以上、エセ平和主義者たちの、甘言に惑わされるような事は止めて、現実を見据え、本当に沖縄を米軍基地問題から開放させる為には、如何なる方向に進むべきであるのか、もう一度良く考えて頂きたい。

 憲法9条という亡国の鎖に繋がれている限り、日本政府国防米国依存を止める事は、決してしないでしょう。

 にも関わらず、改憲を叫ぶ事無く米軍基地の縮小・撤退を掲げ、選挙に臨む様な、見識・胆力の無い政治家を知事に戴いていては、米軍基地問題が解決に向かう事など、決してありはしません。

 現実から目を背け、奇麗事で身を固めているような人間の詭弁に、これ以上騙されていてはならないのです。

 沖縄米軍基地問題から開放する為にも、激動の様を呈する国際社会の中で、日本が強く自主独立を貫き存在感を示していく為にも、憲法9条などという亡国憲法は、深き闇の彼方に葬り去らねばならないのです。

人気blogランキングへ←人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←にほんブログ村 政治ブログへ

この記事を評価する

現代日本と沖縄
現代日本と沖縄
posted with amazlet on 06.04.10
新崎 盛暉
山川出版社 (2001/09)
売り上げランキング: 90,672
おすすめ度の平均: 4
4 わかりやすい

国民の憲法改正―祖先の叡智日本の魂
中川 八洋
ビジネス社 (2004/06)
売り上げランキング: 68,281
おすすめ度の平均: 3.33
1 憲法改正を唱える者は日本の伝統からいけば朝敵で逆賊になる。
5 まさに正論
4 改憲


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
あなたの書いた記事が複数のポータルサイトへ一斉掲載

   
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/226-8203a74b