FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 最速の男

最速の男
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

毎日世論調査:内閣支持24% 子ども手当増額反対69%

 毎日新聞が18、19両日実施した全国世論調査で、菅内閣の支持率は11月の前回調査に比べ2ポイント下落し24%となり、発足以来最低の数字を更新した。不支持率は56%。11年度予算編成で、月額1万3000円を支給している子ども手当を巡り、3歳未満の子どもがいる世帯のみ1人当たり7000円を上乗せする政府方針に対しても、反対が69%に達し、賛成は28%にとどまった。民主党の小沢一郎元代表の政治資金問題については「国会で説明すべきだ」が77%に上り、「説明する必要はない」(19%)を大きく上回った。

 菅政権の政策面での評価を聞いたところ、この1年で日本の景気が「良くなった」と答えた人は17%で、「悪くなった」との回答が77%に達した。厳しい景気認識を受けて、消費税率引き上げの是非についても「反対」(50%)が、「賛成」(46%)を上回った。消費増税を巡っては、今年8月の調査で賛成(51%)が反対(44%)を上回っていたが、今回、賛否が逆転した。国営諫早湾干拓事業(長崎県)で、菅直人首相が上告を断念し、開門調査に踏み切る方針を表明したことには「評価する」が59%で、「評価しない」は30%だった。

 国会対応では先の臨時国会で、参院で問責決議を受けた仙谷由人官房長官の処遇について「辞任すべきだ」が54%に上り、「辞任する必要はない」(40%)を上回った。「辞任すべきだ」と答えた人は、民主党支持層でも39%に上り、支持政党なし層では51%を占めた。

 政党支持率は、民主党が1ポイント増の21%とほぼ横ばいだったのに対し、攻勢を強める野党勢も伸び悩んでいる。自民党は前回と同じ18%、みんなの党が1ポイント減の9%、公明党も1ポイント減の5%で、野党各党とも政権批判の受け皿になりきれていない。支持政党なしは4ポイント増の44%で、鳩山前政権末期の水準に及んでおり、民意の政党離れが進んでいる。【野口武則】

(2010年12月19日 毎日新聞)

 とうとう、嘘出鱈目捏造の宝庫、報道をコリエイトする変態毎日新聞ですら、庇いきれなくなってきたんだな、ミンス党菅ガンス政権。

 そりゃあ、まあ、あれだけ出鱈目の限りを尽くせば、まともな神経をした人間はミンス党を見限る訳で、支持率の急落は避けようがない。

 それを何とか汚い手段を使って誤魔化し、手前の応援する政治勢力に加担するのがカスゴミという真性のゴミクズな訳だが、一応、他紙との兼合いもある以上、あからさまにおかしな支持率をでっち上げる訳にもいかないしねえ。

 最後の抵抗とばかりに、不支持率を56%と、他紙よりも若干低めにつけるのが精一杯、と。

 まあ、真面目な話をすると、支持率20%台というのも怪しいもので、適当に談合してこれ以上低い数値つけないようにしている気もぷんぷんするんだが、如何せん証明する方法が無い。

 しかし、そこまでカスゴミが努力しても、それを全てぶっ壊して最速で支持率を下げ続けるミンス党、菅ガンス政権というのも、ある意味すごいな。

 素人には真似出来ないクオリティだとしみじみ思ってしまう。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

うそつき―うそと自己欺まんの心理学
チャールズ・V. フォード
草思社
売り上げランキング: 162769

結局、自分のことしか考えない人たち
サンディ ホチキス
草思社
売り上げランキング: 8546


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
流石は、政界の走り屋イニシャル・K
下り最速の伝説は、そうそう破られないでしょう。
2010/12/20(月) | URL | 石原昌光 #-[ 編集]
今の内閣の支持率に限った事ではないですが、低支持率内閣の支持者の支持する理由の大半が、
「誰がなっても同じ」や「他に適任者がいない」等の政治そのものに絶望している人達です。

無党派層に分類しても良いと思うのですが、その違いは「何かを変えても、ろくな事にはならないのだから、このままで良いよ」と、どちらかと言えばそう思っている人達ではないでしょうか。

消極的支持者のもう一つ先の絶望的支持者と言って良いのだと思います。
2010/12/21(火) | URL | 通りすがりですが #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2265-34f09f5f