FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 民主党よ、恥ということを打ち捨てて、世の事は成るべし

民主党よ、恥ということを打ち捨てて、世の事は成るべし
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 民主党小沢代表による、小泉首相靖国神社参拝を批判した言葉が、Web上で大きく波紋を繰り広げている様です。
小沢代表、首相の靖国参拝を批判…A級戦犯合祀に問題

 民主党の小沢代表は9日のNHKの報道番組で、小泉首相の靖国神社参拝問題について「小泉氏の(参拝で)は駄目だ」と批判した。

 その理由として、「俗にA級戦犯と言われる人たちは戦争で死んだわけではない。日本の国民に対し戦争を指導した大きな責任があり、本来靖国神社に祭られるべきではない」とA級戦犯の合祀(ごうし)に問題があることを挙げ、「戦争で亡くなった人たちの御霊(みたま)を守る本来の靖国神社の姿にかえり、天皇も首相もちゃんと参拝すればいい」と述べた。

 来年の参院選に関しては、「参院選で与党側の議席の過半数割れを何としても実現する。そうすれば、与党は片側(だけの過半数)になる。『ポスト小泉』がだれでも大して変わらない。我々がしっかりすれば、国民は支持してくれる」と語った。

(2006年4月10日11時0分 読売新聞)

 売国マスコミ連中は何時もの如く、この不遜な発言に、諸手を上げて迎合し、靖国神社からA級戦犯と呼ばれる過去の戦争指導者を分祀する事が出来ない自民党が、あたかも悪であるかの様に報道していますが、最早この様な安っぽい情報操作は、通用しなくなって来ている事を、未だ気付かない事に、怒りよりも憐れみを感じてしまいます。

 私一個人としては、すでに釈免されている英霊犯罪者呼ばわりし、生きている人間の都合で勝手に分祀する様な事は、許されない事であると考えます。

 また、そもそも所謂A級戦犯と呼ばれている方々の、A級という名称は、最高ランクとしてA級とされている訳では無く、単なる種別Aとされただけである事は、すでに多くの方が知っている事実であると思われます。

 多くの保守系の方々は、小沢氏の無知な発言に怒りを感じ、憤慨なされている様ですが、それは小沢一郎という男を買い被り過ぎていただけでは無いのかと私は感じます。

 阿呆で間抜けなマスコミは、小沢氏の事を理念型の政治家などと褒めそやしますが、私見を言わせて頂けば、この小沢一郎という政治家に、理念などという崇高なものは1ミリも無いと思います。

 石原東京都知事が、記者会見にた語っていた様に、この小沢一郎という男は、自民党金権政治の権化である、経世会金丸信という国賊の血流を最も色濃く受け継ぐ、保守政党としての自民党を腐敗させた根源の流れを汲んだ男です。

 政治で金を生み出す錬金術的なものには長けているでしょうが、文化歴史への造詣、為政に対する信念などといったものは、まったくと言っていい程、無いと言って良いでしょう。

 それ故この男が恥も外聞も無く、英霊を侮辱し、靖国参拝を批判し始める事は、十分に想定の範囲内の事と思っています。

 故に私は、過去のエントリーにおいて、民主党小沢一郎という男を、党首に戴くのは如何なものかと、疑問を呈してきました。

 しかし昨日のエントリーにも書した通り、今回の小沢人事は、民主党から横路に代表される、国賊議員の影響力を排除するには、願っても無い機会である様に感じられます。

 幹事長を期待されていた、管直人代表代行という第一線よりも後ろに配置し、前執行部をそのまま引き継ぐという人事は、前原体制に至るまで、常に前面にいた売国議員連中の力を殺ぐ事に繋がり、それは結果として保守に近い考えの多い、民主党内の若手・中堅議員が、次期代表選において、頭角を現してくる為の、伏線になり得る様に考えられます。

 今更、首相靖国神社を批判したところで、民主党の支持率が上がる筈も無い事くらいは、阿呆の民主党左派と間抜けのマスコミ以外の人間には分かり切っている事です。

 小沢氏は政権を取ったら、すぐにA級戦犯とよばれる方々の、分祀に取り掛かるなどと、世迷いごとをほざいていた様ですが、これは政権など取れない事が分かり切った上での、ブラフと言い切って良いものです。

 単純に民主党左派からの支援を取り付ける為だけの、リップサービスと見て間違いは無いでしょう。

 今回の体制で、民主党が再生する事は、ほぼ確実に不可能であると思えます。

 民主党にとっての勝負は、小沢一郎が叩き壊した後の、次期代表選であると私は考えています。

 もし仮に、次期代表選において、小沢氏が再選したり、国賊管直人が返り咲く様な事があれば、民主党はその後の参院選において、先の衆院選の如き大敗の憂い目を味わい、完全に分裂するか消滅するかの、未来を辿る事になると思われます。

 民主党の若手・中堅議員は、この機会を失する様な事を、決してしてはなりません。

 昨日のエントリーにも書きましたが、老いた利権屋とは言え、小沢一郎という男の政治手腕からは、民主党の若手・中堅議員が学ぶべき所が多々あるものと思われます。

 民主党の若手・中堅議員たちは、9月までの間を代表予備選と考え、同僚・後輩からの支持を集め、横路の如き民主党の腐敗部を駆逐し、民主党政権を担える、戦える政党となるべく尽力して頂きたい。

 現状では盆暗・役立たず・税金泥棒の民主党ではありますが、政権交代の可能性のある二大政党制は、日本が前に進む為には必要不可欠なものであると私は考えます。

 民主党若手・中堅議員諸氏には、ここで終わる事など無く、武士の心意気というものを、是非とも我々国民の目に見せ、停滞する日本政治を、前進させて欲しいものであると思います。

人気blogランキングへ←人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←にほんブログ村 政治ブログへ

民主党は今こそ存在感を示す時
杉原 誠四郎
文化書房博文社 (2005/11)

新篇 葉隠
新篇 葉隠
posted with amazlet on 06.04.11
山本 常朝 田代 陣基 神子 侃
たちばな出版 (2003/05)
売り上げランキング: 57,655


PR情報
BLOCKBLOG:使いやすいブログ。かわいいデザインたくさん
新世代ブログ登場─DTIブログ─動画も簡単自由自在

   
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/227-a3c5929f
昨日のエントリから派生して、太郎ちゃんの言葉―あっしはとっても気に入ってる―を紹...
 メール問題でゴタゴタしてから、長い間遠ざかっていた民主党の話題。あれから訳のわからないまま前原執行部はいつの間にか総辞職し、新しい民主党の代表が選ばれる事になりました。
共同通信の記事 4月10日の記事によると、民主黨の鳩山由紀夫幹事長が「きちんと清算することが日本側に与えられてる課題だ」とわざわざ韓國にまで出向き講演したとのこと。これは本當ですか。(民主党 韓国 本当)また清算とは一體何を指してゐるのですか。(一体)日本の先の大
民主・小沢代表、靖国神社がA級戦犯を祭るのは本来の趣旨に反するとの認識示す フジテレビの「報道2001」で フジテレビの「報道2001」に出演した民主党の小沢代表は、靖国神社がA級戦犯を祭るのは、本来の趣旨に反するとの認識を示したうえで、「総理大臣も堂々と参拝でき