FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 21st Century Schizoidman

21st Century Schizoidman
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

社会保障・税制改革に強い決意、野党反発で「改造効果」は不透明

 [東京 14日 ロイター] 菅第2次改造内閣が14日夕、発足した。菅直人首相が重要課題に掲げる税制・社会保障改革の実現を図るため、持続的な社会保障制度の確立を訴えてきた与謝野馨元財務相を経済財政、社会保障・税一体改革担当相に起用するなど、課題解決に向けて「実務強力推進内閣」(枝野幸男官房長官)の布陣を敷いた。

 2011年度予算・関連法案を審議する通常国会の24日召集も決まり、菅政権は新たな態勢で審議に臨むことになるが、早くも与謝野氏起用に野党が反発を強めるなど予算案審議円滑化や税・社会保障改革の与野党協議の実現などに向けた「改造効果」は不透明だ。

 菅首相は夕方の会見で、内閣改造の目的について「今の日本の危機を乗り越えていく力を最大限にしたいとの観点から改造を行った」と強調した。ねじれ国会における審議の障害を取り除くため、参院で問責決議を受けた仙谷由人官房長官と馬淵澄夫国土交通相の交代を断行。また、税制・社会保障改革、環太平洋連携協定(TPP)など重要課題の解決に向け、「たちあがれ日本」を離党し、これまでに持続的な社会保障制度の確立を訴えてきた与謝野氏を取り込むとともに、官房副長官に民主党の「税と社会保障の抜本改革調査会」で会長を務めている藤井裕久元財務相という重鎮を起用した。TPP参加に慎重姿勢を示していた大畠章宏経済産業相を国土交通相に回し、積極派の海江田万里経済財政相を経産相に横滑りさせるなど、政策実現に向けた菅首相の強い決意を示す布陣となった。

 <与謝野氏、財政・社会保障で「首相と考え一致」>

 特に菅首相は「社会保障制度のあり方と同時に、持続可能な財政をいかに確保するかの議論が必要だ」と主張。税制・社会保障改革を政権の最重要課題に位置づけた。その上で、与謝野氏を社会保障・税制改革の責任者に起用したことについて、与野党協議実現への取り組みを含めて「内閣改造の大きな性格の表れだ」と強調し、経験豊富な与謝野氏の調整能力に期待感を示した。これに対して与謝野氏は、閣僚名簿発表後に記者団に対し、「日本の財政を何とかしないといけない、社会保障改革をやらないといけないとの方向性は、首相の考えと一致している。なるべく早く具体的な案を作りたい」と改革実現に強い決意を表明した。

 こうした改造内閣の布陣について、伊藤忠商事のチーフエコノミスト、中島精也氏は「税と社会保障の一体改革をするという姿勢を明確に打ち出すことができる」と評価。クレディスイス証券のチーフエコノミスト、白川浩道氏も、経済財政担当相と経済産業相の交代は「菅政権が、消費税増税を軸にした財政再建とTPPを軸にした対外開放を経済政策運営の柱に据える、というメッセージにほかならない」と指摘する。

 <与野党協議に高いハードル>

 もっとも、今回の内閣改造によって、ねじれ国会を乗り切り、税制・社会保障制度改革の与野党協議実現を大きく前進させるのは難しいようだ。

 与謝野氏起用について自民党の谷垣禎一総裁が「論評に値しない」と不快感を露わにするなど、むしろ野党は反発を強めている。仙谷・馬淵氏の交代で国会審議をスタートするメドこそついたものの、野党が2011年度予算・関連法案に理解を示す保証はない。与謝野氏が中心的な役割を担うことになる税制・社会保障改革の与野党協議の実現性は一段と不透明だ

 クレディスイス証券の白川氏は、衆参で与野党勢力が逆転している「ねじれ国会」の状況に変化がないなか、「足元の政策運営すらおぼつかない状況で、消費税増税のような大きな問題を本当に議論できるのか、甚だ疑問」と改造効果に懐疑的な見方を示している。

 (ロイターニュース 伊藤純夫記者 吉川裕子記者 中川泉記者 基太村真司記者)

(2011年01月15日 ロイター通信)

 「社会保障・税制改革に強い決意」というより、「売国・庶民弾圧に強い決意」という布陣だな。

 賤獄さんを辞めさせはしたものの、まだまだ実権がふるえる地位にはあるし、それに加え、ダメリカの狗、害死の狗、前頭側頭型認知症さんと並ぶ超絶的売国奴の枝毛さんを奸謀長官に抜擢。

 さらに、罪謀省の狗であるよさのんを罪謀相に。

 少しでも一般ウケのいいのを客寄せパンダとして任命するのではなく、あくまで、頑固に、一筋に、徹底的に売国&庶民弾圧の方向性を貫こうという菅ガンス直人大総理の強い意志が窺える。

 背水の陣を敷いてまで、徹底的に日本人を弾圧しようとするコイツの精神構造は、一体、どういう風になっているのか不思議でならない。

 人間、金の為如きではここまで壊れない。

 ここまで徹底的にイってしまっているのは、小泉チョン一郎以来だろう。

 兎に角、一刻も早く、この異常者を政権の座から引き摺り下ろさないといけない。

 堅忍不抜の精神で売国、庶民弾圧に臨もうとする異常者を国政のトップに置き続けるなど、狂気の沙汰以外の何ものでも無い。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

消費税は0%にできる―負担を減らして社会保障を充実させる経済学
菊池 英博
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 13531

消費増税で日本崩壊 (ベスト新書)
斎藤 貴男
ベストセラーズ
売り上げランキング: 27098
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2291-50ae1999