FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ経済 → 悪魔が来りて笛を吹く

悪魔が来りて笛を吹く
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

非正社員の割合34%、過去最大に 失業期間は長期化

 総務省が21日発表した労働力調査によると、パートやアルバイト、派遣社員など非正社員が全雇用者に占める割合は、2010年平均で34.3%となり、比較可能な02年以降で最大となった。非正社員の割合は前年は大幅に減っており、増加は2年ぶり。引き続き雇用の調整弁になっていることがうかがえる。

 毎月、公表している約4万世帯が対象の調査の平均値を出した。役員を除く雇用者数は5111万人で前年より9万人増えた。正社員は25万人減って3355万人となり過去最少に。非正社員は34万人増の1755万人で08年に次ぐ多さだった。非正社員の割合は男性18.9%、女性53.8%。

 非正社員のうち、増加が目立ったのはパート・アルバイトで、前年から39万人増の1192万人。一方、派遣社員は12万人減の96万人にとどまった。今国会では、派遣規制を強化する労働者派遣法改正案の審議が予定されており、先を見越した企業の「派遣離れ」の動きが続いている。

 一度、失業した人がなかなか次の仕事に就けず失業が長期化する傾向も強まっている。10年平均の完全失業者数334万人のうち、失業期間が1年以上の失業者は前年から26万人増の121万人。3年連続の増加で、過去最多となった。1年以上の失業者増の傾向は全世代に共通する。

(2011年02月21日 朝日新聞)

 これが日本の実状、これが日本の現状。

 アホでバカでマヌケで無能で拉致幇助の菅ガンス直人大総理閣下様は、元痴民党の大患部にして罪塊・罪謀省の忠実なるイヌである与謝野馨くんを抱き込んでまで増税、消費税の増税を叫んでいる訳だが、この状態でそれを実行すればどうなるか、考えるまでもなく分かるだろう。

 消費税は、彼ら持たざる者からも、容赦なくその僅かな富を収奪する。

 彼らの苦しみも、怨嗟の声も、一顧だにしない。

 貧しき者はより貧しくなる。

 消費税は、富裕層の負担増にもなる事はなる訳だが、その実質的負担は、貧しき者、持たざる者と比べれば、綿帽子の如く軽い。

 それによって生活そのものが圧迫されるような事は無いからだ。

 消費税が平等、公平な税だなどと言うのは、嘘っぱちもいいところ。

 消費税は、貧しき者、持たざる者を徹底的に追い詰める、弱者切捨て、いや、弱者皆殺しの為の税制。

 菅ガンス直人大総理閣下様とその不愉快な仲魔達がやろうとしている事というのは、「税と社会保障の一体カイカク」だとか何だとか綺麗事をつけているが、その実態は、単なる弾圧であり虐殺に過ぎない。

 言うまでもなく、同じような主張をしている痴民党のハニ餓鬼&遺屍蟇のやろうとしている事も、全く、1ミクロンも違わず同じだと言える。

 最早、事態は、キモウヨヒキニートやハナバタケクソサヨクがなけなしの脳味噌で認識しているような「痴民党VSミンス党」などといった低レベルな次元ではなく、痴民党、ミンス党を含む全ての政党に巣くうゴミどもVS国民というべき事態。

 菅ガンスも前頭側頭型認知症さんもハニ餓鬼も遺屍蟇も、どいつもこいつも全て国民の敵、日本の敵。

 真の改革とは、ああいう連中を権力の座から完璧に駆逐し、国民経済と完全雇用を取り戻す事なのだと認識しなければいけない。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

ワーキングプア 日本を蝕む病(ポプラ文庫)
NHKスペシャル『ワーキングプア』取材班
ポプラ社
売り上げランキング: 111956

消費税のカラクリ (講談社現代新書)
斎藤 貴男
講談社
売り上げランキング: 11078


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
先日、小さな土木工事ですが、ある中小業者へ見積もりを出してもらいました。予算内ぎりぎりの数字をあげてくれたのですが、よく見ると税別の数字で税込みにすると予算オーバーになってしまいます。このときなんとか予算内に納めようとしたら、何かの材料を省いてクオリティーを落とすか、発注先と値段の交渉をしなければなりませんでした。たった5%だけど、これがなかなか効いていて見積もりの5%を縮小するのが大変なのです。こうした消費税のために、値段を下げる交渉をし、材料を減らすということを社会全体でしているということは、経済の縮小を招いていると実感しました。これを10%、15%と重くしていくと、あらゆるものの価格と質は落ちていくでしょう。怖いことです。
消費税の怖さを隠すためにマスコミがいろんな工作しているのでしょうね。そのうち、貧乏な若者は本当に消費しなくなるでしょう。それが本能だと思います。
2011/02/22(火) | URL | ricoh #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2330-6cd5edaa
 静岡県御殿場市の御殿場工業団地内にあるリコー御殿場事業所のリコー御殿場工場の労働者の半分以上を占める派遣労働者の人材某派遣会社の管理者として自分のメンタル面もモヤモヤしながら,某人材某派遣会社...