FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 日本にもジャスミンが欲しい今日この頃

日本にもジャスミンが欲しい今日この頃
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

「中国ジャスミン革命」日本人カメラマンら10人以上を連行 厳戒態勢で集会封じ込め

 【北京=川越一、上海=河崎真澄】北京、上海、新疆ウイグル自治区ウルムチなど、中国の20都市以上で民主化などを求める集会が呼びかけられた27日、中国当局は重慶などリスト外の都市でも厳戒態勢を敷き、反体制の動きを徹底的に封じ込めた。日本人記者を含む少なくとも10人以上が当局に連行されたもようだ。

 民主化集会の呼びかけは20日に続き2回目。前回の13都市に、2009年に少数民族住民らによる大規模暴動が起きたウルムチなどが追加され、当局側の締め付けも厳しくなった。

 公安関係者によると、上海市内では前回の5倍近い警官ら千人以上が動員されたという。午後2時(日本時間同3時)過ぎ、集合場所の人民広場付近に集まった数百人の群衆を警官が笛を吹いて解散させた。警官らを撮影しようとした中国人の若者や、日本のテレビ局の邦人カメラマンら少なくとも6人が連行された。

 北京で集合場所に指定された繁華街、王府井のファストフード店前には工事用防護壁が設置された。散水車が何度も往復して人の集合を封じた。制服、私服警官に加え、清掃員に変装した警官も人の動きに目を光らせた。記者とみられる白人男性が警官に抵抗すると、清掃員が男性を組み伏せ連行。その様子を撮影した中国人男性が私服警官から暴行を受けたほか、日本や欧米、香港、台湾の記者らが連行された。

 また、ウルムチからの情報によると、氷点下13度まで冷え込んだ市内では警官が観光客の撮影した記念写真までチェック。集合場所付近では、立ち止まることも許されなかったという。香港でも民主派がデモを行い、2人が連行された。

 当局はインターネット規制を継続するなど、情報の拡散に神経をとがらせている。温家宝首相は27日、3度目となる市民とのインターネット対話を実施し、生活改善などに積極的に取り組む姿勢を強調。当局が民主化機運と一般市民の不満の結合を警戒していることをうかがわせた。実態が不透明な「中国ジャスミン革命」に当局が踊らされている感もある。

(2011年02月27日 産経新聞)

 恐らくだけれど、現段階では、厨獄でそれ程大規模な民主化デモは起こらないと思われる。

 経済成長の真っ最中であり、都市部だけとは言え、収入も右肩上がりにある状態で中共相手に喧嘩をやらかして、塵民に益があるとも思えないしね。

 しかし、そんな事は分かっていながらも、厨獄の経済成長なるものの実態を理解している中共政府としては、気が気ではない、といったところか。

 実は張りぼて、張子の虎経済である事に気付いた塵民が出てきても、おかしくはないからね。

 だから、空回りとは分かっていても、踊らされ続けざるを得ない。

 万が一にも、その中から本物の革命の芽が出てきては困るから。

 政府がまともなら、こういうのを利用しつつ厨獄を追い詰めていって、国益に繋げるような事も可能なんだけれど、アホバカカスのミンス政権に、野党も所詮はハニ垣さんじゃあ、どうしようもないねえ。

 世界情勢がどうなろうと、内紛を続けている無能ミンス最凶だな。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

革命家100の言葉
革命家100の言葉
posted with amazlet at 11.02.28
山口 智司
彩図社
売り上げランキング: 110217

革命について (ちくま学芸文庫)
ハンナ アレント
筑摩書房
売り上げランキング: 98268


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2336-fe70dbc5