FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 日本病

日本病
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

生活保護を受け働かない方が得になる状態はおかしいと識者

 生活に困窮した人々に最低限度の生活を保障する生活保護制度は、受給者が2010年11月の段階で142万世帯、197万人にのぼり、支給額は3兆円を突破。いずれも過去最高を記録し、「年越し派遣村」が話題になった2008年12月以降、急増している。

 なかでも増加が著しいのは、高齢者、母子家庭、障害者、傷病者のいずれでもない「その他の世帯」。失業するなどして生活保護を受けるようになった若者も、この枠にカウントされることになるわけだ。

 生活扶助の基準額は自治体によって異なるが、東京都の場合、標準3人世帯で17万5170円。これに加え、必要に応じて住宅扶助が受けられ、医療費も無料となる。もちろん「働けない」などの理由や事情が必要だが、若者の目に“特権階級”と映るのも不思議はない。

 さらに高齢者単身世帯の生活扶助基準額は8万820円で、国民年金の月額6万3000円よりも多い。わずかな年金のなかから住宅費や医療費を捻出しなければならない国民年金受給者と比較すると、年金保険料を払ってこなかった生活保護受給者のほうがずっと優遇されているように見える。

 高崎経済大学教授の八木秀次氏がいう。

「国民年金の給付金よりも生活保護による受給額のほうが高い現状はおかしい。“国民年金を納めないほうが得だ”という考えになり、無年金で生活保護を受ける人が増えるのも当然です。また、真面目に働いても正社員でないため低賃金で、生活保護の受給額よりも収入が低いという現象も起きている。これでは “まともに働くより、生活保護を受けるほうがいい生活ができる”ということになり、日本もかつてのイギリスと同じ“英国病”と呼ばれる状態になりかねない。あるいは、一部ではそうなっているのかもしれない」

 英国病とは社会保障の充実や基幹産業の国営化により、財政負担が増加し生産効率が低下した1960年代以降のイギリスを、病理的にたとえた言葉だ。
 
 北海道、宮城、東京、神奈川、広島の5都道県では、現実に最低賃金が生活保護受給額を下回っている。八木氏の指摘どおり、これでは「働かないほうが得」。問題視されている不正受給の背景にも、こうした状況があることは否めないのである。

(2011年03月01日 NEWSポストセブン)

 この手の話題になると、直ぐに「生活保護の受給額を下げるべき」という話になりがちなんだけれど、本来は、生活保護の受給額よりも賃金や年金の受給額が低いのが問題な訳で、そちらを上げる方向に議論を向かわせないといけない。

 「財源が」だの、「企業が持たない」だのとの声もあるが、国民、真面目に労働している国民が生活保護受給者程度の生活も出来ないのなら、政府も企業もあってないようなもの。

 勿論、そういう企業や政府の立場に立った視点も必要ではある訳だが、自分の立場を忘れてまで、その立場での視点に固執するのは本末転倒というもの。

 国民が皆、憲法に保障された最低限以上の文化的生活を営む事が出来てこその政府であり、企業なのだ。

 大忌業のトップ、罪怪塵や政治屋がその事を忘却の彼方へと追い遣った結果が、今の日本の惨状なのだという事を忘れてはいけない。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。


ワーキングプア 日本を蝕む病(ポプラ文庫)
NHKスペシャル『ワーキングプア』取材班
ポプラ社
売り上げランキング: 31554


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
>八木秀次

この腐れ外道が識者なのが笑えたwww
これも伝統破壊、規制緩和推進という事では前原と同類です。

>英国病

この識者が言うには『生活保護で甘えるな!たとえ厳しくても働いて誇りを持つのだ』という物でしょう。

なんと言う外道の所業。

派遣切りにあるように企業が人を育てるのを放棄して、正社員になっても過酷な労働な分給料が少なくなり続けている事や生活保護を受けざるを得ない状態に追い込まれていることも考えず、そのような人を侮り、嘲り、それを行う自分が「愛国者である」と自慢する事は外道の所業です。

>国民、真面目に労働している国民が生活保護受給者程度の生活も出来ないのなら、政府も企業もあってないようなもの。

>国民が皆、憲法に保障された最低限以上の文化的生活を営む事が出来てこその政府であり、企業なのだ。

その通りだと思います。
これを考えずにやたらと『生活保護は国を滅ぼす、断固として厳しい措置を』と経済制裁を望んでるネットウヨなどは『次はわが身』とも考えてないでしょう。

いくらマスコミ批判だとかで『自分は大衆と違う考え方を持っている』と言っても、実際は大衆と何にも変わらない存在です。いくら生活保護が嫌といっても、養っている親がいなくなったらホームレスか生活保護しかないですから。

先覚だとか拉致以前に自分自身の危機を考えてほしいです。


2011/03/04(金) | URL | 浅井桔梗 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2337-8cf22d64