FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 北朝鮮は地球の癌である

北朝鮮は地球の癌である
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 これ以上北朝鮮の詭弁に乗せられ、時間稼ぎを許すような事を続ければ、今以上の混乱を国際社会に齎す結果にしか繋がり得ないものです。

 拉致された横田めぐみさんの夫が、北朝鮮の言う様な「自国の特殊機関勤務員」などでは無く、拉致された韓国人男性であったという、許されざる嘘であった事も発覚した今、日本政府経済制裁を含めた圧力路線を、一気に推進するべき時に差し掛かっていると言えるでしょう。

 まして、事実を受け入れようともせずに、更なる詭弁を弄してきている以上、これ以上の基地外との対話に意味など無い事は明白と言うものです。

北大使「めぐみさんの夫、日本の鑑定結果拒否」

 北朝鮮の宋日昊・日朝国交正常化交渉担当大使は13日、平壌で共同通信・加盟社代表団と会見し、横田めぐみさんの夫が韓国人拉致被害者、金英男さんの可能性が高いとの日本のDNA鑑定結果について「耳を傾けることはできない」と受け入れ拒否の構えを示した。

(2006年04月13日 産経新聞)


 日本政府が対話が必要などと戯事を言っている間にも、未だ北朝鮮に拘束されている、拉致被害者の方々の貴重な時間は刻々と経過し、人権は抑圧され、自由を奪い去れているのです。

 そして我が国や他の国々の、安全を脅かす核兵器大量破壊壁を、造り続けているのです。

核開発推進の意思、北朝鮮・金外務次官が表明

 北朝鮮の金桂寛(キム・ケグァン)外務次官は13日、東京都内で会見し、拉致被害者の横田めぐみさんの夫とされる男性のDNA鑑定結果が出たことについて、「我々は問題解決に向けあらゆる誠意を尽くしてきた。今後の政府間協議の結果に注目して欲しい」と含みのある発言をした。

 一方、北朝鮮の核問題を巡る6か国協議の再開について今回の来日期間中に成果がなかったことを巡っては、「6か国協議の遅延は悪いことではない。その間に我々はより多くの抑止力を持つことになる」と述べ、核開発を推進する意思を表明した。

 その上で、米国が北朝鮮に対し金融制裁をしている点に言及し、「マカオの凍結資金を我々の手に渡してくれたら、(6か国協議の)会議場に行く」とし、改めて制裁解除が協議復帰の条件だとする立場を強調した。

(2006年4月13日13時21分 読売新聞)


 嘘と詭弁しか口から発する事の無い、地球の汚物と言っても差し支えの無い存在である北朝鮮に、これ以上の配慮など一切必要無いものであり、日本政府は、ここで毅然とした態度をもって臨まないのであれば、政府の存在価値など無いに等しいものとなる事を、肝に銘じて北朝鮮外交に当たって頂きたい。

 小泉首相は「至誠にして動かざるもの、未だこれ有らざるなり」という孟子の言葉を持ち出し、対話の必要性を語っていましたが、至誠というものが通じるのは、至誠というものの意味が分かる人間だけである事に、いい加減に気付かねばならないものです。

 他国の罪も無い人間を拉致し、自由人権といった人間の尊厳全てを奪い去り、事件が発覚してなお、嘘に嘘を重ねて拉致した人間を全員帰国させる事もせず、こちらが誠意ある行動を迫れば、武力による脅迫までしてくる様な人非人に、至誠などという高尚なものの意味が理解出来る筈も無いと言えるでしょう。

 日本政府は最早任期を無事終える事にしか興味が無く、まともに仕事する気の欠片も無い小泉首相など気にせず、麻生安倍両氏の指示の下、拉致ミサイルの包括的解決に向けて、動き出すべきと言えるものです。

 拉致問題の突破口を開いたという一点では、小泉首相を評価しますが、これ以上くだらない体面に拘り、事態の進展を妨げるのであれば、政府倒閣運動も視野に入れておくべきであると思われます。

 北朝鮮は地球の癌です。

 これを叩き潰すのに、至誠も道理も何も必要はありません。

 対北朝鮮外交に必要なものは、対話などといったものでは無く、強い覚悟と決意のみであると言い切れるものです。

 北朝鮮を叩き潰し、東アジア平和安定を取り戻す事は、アジアにおいて唯一の先進国である日本に課せられた、重要にして崇高な使命であると言えるものと思います。

人気blogランキングへ←人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←にほんブログ村 政治ブログへ

めぐみ〈前編〉
めぐみ〈前編〉
posted with amazlet on 06.04.14
横田 滋 本 そういち 横田 早紀江
双葉社 (2005/07)
売り上げランキング: 6,286
おすすめ度の平均: 5
5 拉致は絶対に許してはいけない!
5 たくさんの人に読んでほしいです。

マンガ金正日入門-拉致国家北朝鮮の真実
李 友情 李 英和
飛鳥新社 (2003/07/31)
売り上げランキング: 65,782
おすすめ度の平均: 4.19
5 狡猾な独裁者の人物像と、北朝鮮の現状・歴史を丹念に描いたマンガ
5 日本人への警告-金正日侮るなかれ
5 世界でもっとも恐ろしい独裁者の姿が目の当たりに


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
「読む」楽しみから「書く」よろこびへ

  
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/234-28ebb368