FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → ミンスのお悩み相談室

ミンスのお悩み相談室
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

前原外相辞任:「自分のミス、残念」 民主に擁護論も

 外国人からの献金を禁じた政治資金規正法に反し、在日韓国人の焼き肉店経営者から献金を受けていた問題を受け、外相辞任を表明した前原誠司氏。日本名(通名)で献金していたケースだけに、党内からは擁護論も出る一方、野党議員からは議員辞職を求める声も出た。

 6日夜の会見で、前原氏は約30分間にわたり、辞任を決めるまでの経緯を説明。終始淡々とした表情だったが、野党時代は「政治とカネ」の問題を厳しく追及していただけに、半年足らずでの外相辞任について「自分のミスでこうなったことは残念」と言葉の端々に悔しさをのぞかせた。

 拉致など朝鮮関連の問題にも詳しい民主党の有田芳生参院議員は「野党が多数を占める参院での審議など、厳しい国会情勢を考慮したのでは」と語りつつ「閣僚を辞めなくてはならないほどか」と疑問点も口にした。

 問題の献金は日本名で行われ、前原氏の会見での説明によると額は25万円(04年以降の確認分)。有田氏は「今回のことが(閣僚を辞めなくてはいけないほど)悪質ということになれば、今後は献金者に戸籍の提示まで求めなくてはならなくなる」と指摘。「悪意を持って同じようなことをやれば、簡単に政治家をわなにはめられるだろう」と危惧も語った。

 別の民主党国会議員も「在日コリアンから献金を受けている例は他にもあるのでは。自民党で同様例があったら、どう対応するつもりなのか」と話した。

 一方、この問題を参院予算委員会で追及した自民党の西田昌司議員は「辞任は当然。規正法違反で罪に問われれば公民権停止もあり得る。議員も辞職すべきだ」と厳しく指摘し「首相も前原外相も、もっと重大な問題と受け止めるべきだ」と語気を強めた。【曽田拓、池田知広】

(2011年03月07日 毎日新聞)

 相も変わらず、頭の悪い事を言っているなあ、有田くんは。

 戸籍の提示を求めるかどうかは手前で判断すればいい事だが、どういう形であるにしても、自分がどういった素性の人から献金を受けているかを知っておく事は、自己防衛の意味でも、政治家という立場的な意味でも、至極当然、当たり前の事だろう。

 何処の何方様かもよく分からないような人間から金を受け取って、その金で活動をしているとか、常識的に考えて異常。

 それを本人がやろうが、秘書がやろうが、そんな事はどっちでもいいけれど、どっちも知りませんですた、とか、それは最早、それだけで罪にあたるとすら言えるね。

 次に、「悪意を持って同じようなことをやれば、簡単に政治家をわなにはめられるだろう(キリッ」とか格好付けて言っているけれど、悪意を持って、己の氏素性を隠して献金してきた場合は、それは罠に填められた訳だから、むしろ政治家は被害者であり、法的には無罪だろう。

 前頭側頭型認知症害謀大塵閣下さんのように、外国籍の人間だと知りつつ、堂々と金を受け取っていた場合とは全く異なる。

 どんなに屁理屈を並べ立てようとも、前頭側頭型認知症害謀大塵閣下さんのやった事は正当化されない。

 そんな簡単な事も分からないから、ぢゃーなりすととしても政治屋としても三流なんだよ、有田くんわ。

 あと、これは有田くんじゃなくて別のミンス欺員という事だが、「在日コリアンから献金を受けている例は他にもあるのでは。自民党で同様例があったら、どう対応するつもりなのか」って、全部もれなくクビに決まっているだろう。

 分り切った事聞くなよ。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。




PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2343-c61d8a58