FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ教育 → 教育の目的は、自ら教育できるようになることである

教育の目的は、自ら教育できるようになることである
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 昨日のエントリーにおいて、とりあえずはこの程度で納得するべきなのかも知れないと書いた、教育基本法の改正案ですが、検めて見直してみると、玉虫色どころか改正の意味を成すのかすら、怪しいものであると思えてきました。

 まずはこちらを御覧下さい。

教育基本法改正案 要旨

 【前文】個人の尊厳を重んじ、真理と正義を希求し、公共の精神を尊ぶ。伝統を継承し、新しい文化の創造を目指す教育を推進。

 日本国憲法の精神にのっとり、わが国の未来を切り拓く教育の基本を確立し、その振興を図るため、この法律を制定。

 【教育の目的】人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた国民の育成を期して行わなければならない。

 【教育の目標】個人の価値を尊重して、その能力を伸ばし、創造性をはぐくみ、自主及び自律の精神を養う。職業及び生活との関連を重視し、勤労を重んずる態度を養う。伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできたわが国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養う。

 【義務教育】国民は保護する子に、普通教育を受けさせる義務を負う。

 【教員】学校の教員は自己の崇高な使命を深く自覚し、絶えず研究と修養に励み、職責の遂行に努めなければならない。

 【家庭教育】父母その他の保護者は、子の教育について第一義的責任を有する。生活のために必要な習慣を身に付けさせ、自立心を育成、心身の調和の取れた発達を図るよう努めるものとする。

 【幼児期の教育】国と地方公共団体は幼児の健やかな成長に資する良好な環境の整備、振興に努めなければならない。

 【宗教教育】宗教に関する寛容の態度及び宗教に関する一般的な教養並びに宗教の社会生活における地位は尊重されなければならない。

 国及び地方公共団体は特定の宗教のための宗教教育その他宗教的活動をしてはならない。

 【教育行政】教育は、不当な支配に服することなく、この法律及び他の法律の定めるところにより行われるべきもの。教育行政は、国と地方公共団体との適切な役割分担及び相互の協力の下、公正かつ適正に行われなければならない。


 如何でしょうか。

 これならば日教組の基地外反日教員でなくとも、読み手によって、わざわざアクロバティックな思考を働かせるまでも無く、自由自在に解釈し得るものである様に感じるのは、私だけでは無いものであると思います。

 はっきり言ってこれでは、「」「」という二文字を入れる為に、言葉遊びを弄しただけで、本質的な部分はこれまでのものと何一つ変わる事無く、基地外日教組が好き勝手に解釈して、未来を担う子供たちの人格を破壊させてしまう可能性は、一切無くなっていないと感じられます。

 国民血税を使い、長い間審議に審議を重ね、散々我々の期待を煽った結果、このようなもので妥協して、国会提出して承認されてお仕舞いでは、あまりにも我々国民を舐めきっているとしか思えないものです。

 まず前文にある、「日本国憲法の精神にのっとり」という部分ですが、日本国憲法の精神とは一体如何なるものなのでしょうか。

 民族性風土歴史などに一切触れていない前文、如何様にでも解釈し得る不思議な文体、政府国家の最重要の責務と言える、国民の生命・安全を守る事を放棄しているとも取れる9条など、凡そ精神性らしきもの全てを放棄しているとしか思えない、現行の日本国憲法の精神にのっとるなど、頭の愉快なサヨク諸氏以外には、絶対に不可能なものと思われます。

 こんなものにのっとったら、我が国の未来は果てしない暗黒に包まれた、某地上の楽園の如きものになる事は請け合いです。

 次に教育の目標にある、「わが国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養う」という、数多くのブログやサイトで突っ込まれている不思議な一文ですが、わが国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度って、本当に一体如何なる態度なのか一切分かりません。

 こんなもの本当に読み手の解釈しだいで、如何様にも捉えられる言葉遊びとしか思えないものです。

 詩や歌では無いのですから、くだらない解釈の余地を残す必要性など一切無く、まして基本法であるならば、もっと明確に指針を示すべきである事など、言うまでも無いでしょう。

 この様な時に、自民党内に平沼議員がいない事は、非常に痛恨の極みであり、平沼氏なりの政治的信念に基づいての行動であったとは言え、郵政民営化の如き些事の為に、離党された事は非常に悔やまれます。

 そして教員、家庭教育、幼児期の教育の各項目ですが、1つ1つならば、それなりに大そうな事が書いてある様ですが、これらは全て、教育行政の「教育は、不当な支配に服することなく、この法律及び他の法律の定めるところにより行われるべきもの」という基地外日教組の大好きな一文により、形骸化してしまう事でしょう。

 読んでいて気付いたのですが、そもそもこの一文がある限り、どんな立派な名目を並べ立てたところで、教育基本法の持つ根本的な問題は、解決出来ないものであるように感じます。

 仮に自民党公明党に押し勝ち、「国を愛する心」の一言を記載する事が出来たとしても、この「教育は、不当な支配に服することなく、この法律及び他の法律の定めるところにより行われるべきもの」という一文がある限り、基地外日教組の暴走を完全に止める事は不可能では無いでしょうか。

 我々は愛国心という言葉によって、争点をはぐらかされ、本当に改めさせるべきものを、見失っていたのかも知れないと感じます。

 最後に宗教教育ですが、これは基地外カルトの走狗である公明党と連立を組んでいる限り、まともなものをつくる事は絶対に不可能であると感じます。

 自民党はこの日蓮上人の名を悪用する、基地外カルト・テロ準備集団を日本から駆逐する為にも、早々に公明党との連立を解消すべきであるとしか、言う言葉が見つかりません。

 以上の様に今回の改正案は、当初マスコミに報道されていたものよりも、遥かに酷い、凡そこの国の未来を明るいものにし得るものであるとは考えられないものです。

 やらないよりはやった方がマシなのかも知れませんが、これでは余りにも杜撰に過ぎるというものです。

 改革する事が主目的で、法案の内容になど興味の無い小泉首相や、その小泉内閣の中枢にいる安倍氏では、これが限界なのかも知れませんが、私としてはもう少し安倍氏に踏ん張って頂きたかったところです。

 このままでは日本教育は、加速度を増して狂った方向へと進んでいく事は、想像に難くありません。

 何とか今一度この現実を直視し、狂った教育を正そうとする国士が現れる事を、願わんばかりです。

人気blogランキングへ←人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←にほんブログ村 政治ブログへ

いいかげんにしろ日教組―われ「亡国教育」と、かく闘えり
松浦 光修
PHP研究所 (2003/10)
売り上げランキング: 25,471
おすすめ度の平均: 5
5 三重県の就学児童の親はとにかく一読を

戦後教育で失われたもの
森口 朗
新潮社 (2005/08)
売り上げランキング: 4,880
おすすめ度の平均: 3.83
5 「左翼全体主義」が最も如実に反映された「戦後教育」
4 全ては教育から
5 「学校事務」の現場にいたからこそ見えた、真実の書


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
DVDカムやサイクロン掃除機が当る!ぐるなびデリバリーWキャンペーン!

  
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/236-24645949