FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → クズども

クズども
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

【原発】海江田氏「原発補償は最終的に国民負担」

 原発事故をめぐる東京電力の補償について、海江田経済産業大臣は、最終的に国の支援が必要という考えを示しました。

 海江田経済産業大臣:「国の支援というのは、最終的には国民の負担でありますから、国民の負担を税という形なのか、電力料金という形なのか」

 海江田大臣は、東電の資産売却や役員報酬の見直しが前提としながらも、賠償金支払いに国の支援は免れないとの考えを示しました。そのうえで、最終的には国民負担となることを説明し、「税金の投入か電力料金値上げか、国民負担のあり方を政府を挙げて考えている」と明言しました。

(2011年04月19日 ANN)

 すごいなあ、手前らに責任があって、手前らが負担する、という考えが、1ミクロン、1フェムトも頭の中に存在しない。

 真面目に、バ菅ガンスチョクト大総理閣下様とエース穢多豆奸謀長官閣下様、そして所管大塵である怪穢多刑罪惨業大塵閣下様は、頭狂電力の患部ともども、過失によって悲惨な事故を引き起こした自然犯として、私財没収&打首獄門磔くらいの目にあって当然の筈なのに。

 それなのに、「負担はオマイラw」で済ませようとしているんだから、本当に恐れ入る。

 無責任も、ここまでくると一種の才能なんじゃないかと思えてくる。

 ところで、その頭狂電力、福島原発テロの主犯の片割れである頭狂電力だが、こんな発表をしている。

東電、従業員数千人削減へ…給与カットも

 東京電力が、数千人規模の人員削減と給与カットを軸とするリストラ策の実施で労働組合と調整に入ったことが19日わかった。

 新規採用を毎年数百人減らし、退職者による自然減を含め5年程度で達成する。不動産や株など資産売却も含めて4000億円程度の資金の確保を目指す。

 東電では毎年1000~1500人が退職している。過去数年では1000人程度採用している新規採用も、事務系を中心に数百人減らす。2010年末時点で3万6733人の従業員は数千人減る見込みだ。

 従業員の給与は年間1割程度削減する。人員削減と給与カットで年間約4800億円の人件費を数百億円減らす。福島第一原子力発電所事故に伴う賠償金の支払いに備え、手元資金の確保を急ぐ。

(2011年04月20日 読売新聞)

 一見、手前らで責任をとろうとしているにも見えるけど、実際は違う。

 結局、主犯である患部の連中はまともに責任をとらず、下っ端に責任と負担を押し付けているだけだからね。

 勿論、下っ端の社員にも多少の責任はある訳だが、彼らは、所詮は上の言うとおりに動いていただけの駒、良くも悪くも駒であり、その責任は患部の連中に比べればずっと小さい。

 一応ね、役員の報酬をカットを「検討」する、という発表もしているのだけれど、この期に及んでも「カット」で、しかも「検討」ですよ奥さん。

 下っ端の給与カットとリストラは「実施」で、既に調整に入っているというのに。

 最も責任をとるべき連中が、負担を厭い、責任から逃れ、そのスケープゴートとして部下、下っ端を生贄の祭壇に捧げる。

 この気狂いどもを、何としてでも権力の座から引き摺り下ろし、この狂った構造を叩き壊し、まともな社会を再構築しなければいけない。

 その先にしか、日本の未来は無い。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

人間失格 (集英社文庫)
太宰 治
集英社
売り上げランキング: 4815

罪と罰 (上巻) (新潮文庫)
ドストエフスキー
新潮社
売り上げランキング: 10234


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2388-ab14faed