FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ社会 → 激突!豚VS豚

激突!豚VS豚
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

「勝手に送別会撮影」ホリエモン怒る TBS関係者は反論「手続き踏んだ」

堀江貴文・元ライブドア社長が、TBS記者が勝手に収監前の送別会に来てビデオ撮影したと、ツイッターで怒りを露わにしている。これに対し、事情を知るTBS関係者は、反省点はあるが正当な手続きは踏んだと反論している。

ネット上で人気のホリエモンこと堀江貴文元社長については、近く収監されるのを前に、連日のように関係者による送別会が開かれているようだ。

「何ビデオ回してるんだ!」

TBS記者と一悶着があったのは、東京都内で2011年5月15日夜に開かれた送別会だ。堀江氏は、この記者を招待していなかったといい、ツイッターでいきなり、不快感をぶちまけた。

記者の実名を挙げたうえで、「仲間たちとの送迎会に勝手にきて、DVカメラ回してたなう」とつぶやいたのだ。堀江氏は、送別会で「失礼なやつ」と問い詰めたものの、この記者は平然としていたとして、「やっぱり社会部と報道部は腐ってますね」とTBSを痛罵した。

その後も発言を止めず、記者は、マスコミNGの会にもかかわらず、友だちのような素振りで入ってきたと指摘した。そして、うれしかった会なのに最悪の気分になったと吐き捨てている。

これに対し、当日の様子をよく知るTBS関係者の話は、堀江氏の見方とは食い違っていた。

それによると、記者の隠し撮りなどはまったくなく、正当な手続きでビデオを撮ったというのだ。

この記者は、堀江氏とは2度会って飲んだこともあり、送別会には、ある人に誘われて行った。受付では、TBS記者としての名刺を渡し、ビデオカメラを持って入ることを明言。会場内では、堂々とビデオを回し、途中で堀江氏のマネージャーに聞かれ、経緯を説明して了承を得たという。

最後に記者は、堀江氏に放送の了承をもらい、送別会や実刑判決への感想も聞こうとした。ところが、いきなり堀江氏が、「何ビデオ回してるんだ!」と怒り出した。

「水を差して、自分も悪かった」

堀江貴文氏が騒ぎ出すと、送別会の友人たち数人が、TBS記者を押さえつけた。

堀江氏も逆上して、ビデオカメラを記者から取り上げ、壊そうともした。さらに、友人たちに顔写真を撮られ、結局、映像が収まっているビデオ用メディアも取り上げられることになったという。堀江氏のマネージャーは、こうした対応は悪かったと思うと、後でこの記者に話したとしている。

ただ、記者は、送別会の最後になって堀江氏から事後承諾を得ようとした形には変わりない。本人も、送別会に水を差す結果になって自分も悪かったと言っているという。とはいえ、前出のTBS関係者は、堀江氏のツイッター発言について、「影響力のあることを分かっていながら、記者のことを実名で書くのはフェアではない」と訴えている。

堀江氏のマネージャーは、関係者の見方については、次のように説明する。

送別会途中で記者に聞いたのは、一般の人からビデオ撮影のことを言われたからで、こうした人たちもいるので、撮影を控えたほしいと記者にお願いしたという。ただ、それまで撮った映像については、堀江氏の了承があればいいことを伝えたとしている。

しかし、会の最後で、ビデオが録画状態なのを見つけ、注意したところ、堀江氏が、記者がいたことやビデオ撮影を初めて知って激怒したとした。映像については、本人の了承を得たうえで、マネージャーが保管することにしたという。マネージャーは、対応が悪かったとは記者に言っておらず、結果的に不快な思いをさせたことに気遣いの言葉をかけただけとしている。

堀江氏自身もツイッターで、「親しい人しか呼んでない席にいきなり来て取材しはじめたら普通に切れるだろ」「仲間内の飲み会で報道のカメラ回す許可出す奴がいるか普通?」と話した。記者の実名を挙げたことについては、「対象者の人生すらズタズタにさせてしまう権力をもっているマスコミの所属者は実名を晒すべき。じゃないとフェアではない」と主張している。

(2011年05月16日 J-CAST)

 そもそも、カスゴミがまともなら、ブタエモンのような犯罪者を持ち上げたり、番組に出演させたり、恰も有識者かのように意見を求めたりしない。

 少なくとも、逮捕された時点で止める。

 カスゴミが、そういうどうしようもないクソだから、手前のようなどうしようもない犯罪者がのし上がれたというのに、今頃になって、そんな同種同類、同じ穴の貉のカスゴミを批判し始めるとか、流石はブタエモン。

 厚顔無恥さで右に出る者はいない。

 カスゴミに僅かでも常識や倫理・道徳観があったなら、ブタエモンのようなカネだけが全て、という異常で歪んだ価値観を持った汚物がここまでのし上がる事は無かった。

 そんな腐ったカスゴミのヨイショでのし上がったブタエモンは、カスゴミを批判するなら、自分の存在も否定しろよ、と。

 というか、本気で、ゴミクズ同士もっと本気でやりあって共倒れしてくれないものだろうか、と思う。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

息子を犯罪者にしない11の方法
和田 秀樹 小浜 逸郎 河上 亮一 森口 朗
草思社
売り上げランキング: 202814

犯罪者になる子、ならない子―手遅れになる前に親ができること
スタントン・E. セイムナウ
講談社
売り上げランキング: 527147


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2416-7e2fbfdd