FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 狂気山脈

狂気山脈
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

震災復興財源―増税で被災地支えよう

 東日本大震災の被災地の復興に向けて、第2次補正予算の編成が焦点となっている。約4兆円の1次補正では今年度当初予算の見直しなどで財源をひねり出したが、より大規模になる2次補正では国債の追加発行が避けられない情勢だ。

 国債を発行した後、その返済財源をどう確保するか。政府の復興構想会議は、今月末に発表する第1次提言の骨子案に、増税でまかなうべきだという考えを盛り込んだ。

 わが国の財政は、国債発行残高が国内総生産を上回り、国の借金全体では1.8倍に達するなど、極めて厳しい状況にある。海外の格付け会社は日本国債の格下げに動いている。

 復興資金まで将来世代につけ回しすることなく、一定期間で返す段取りをつけることが必要だ。民主、自民、公明3党の政策責任者も、4月末の1次補正編成の際、「復興のための国債は、従来の国債と区別して管理し、その消化や償還を担保する」と合意している。復興構想会議の姿勢を支持したい。

 「国債を日本銀行に引き受けさせればよい」との主張がくすぶるが、海外を中心とする投資家から「日本の財政のタガが外れた」と受け取られ、国債急落の引き金になりかねない。危険な考えと言わざるをえない。

 税収が多い所得税や法人税、消費税などが増税の候補だろう。どう組みあわせるか、いつから何年程度増税するか。景気への配慮に加え、被災地の住民や企業にも負担増を求めるかどうかなど、検討課題は多い。

 税の負担を少しでも減らすため、民間の資金が被災地に流れる仕組みを整えることも忘れてはならない。宮城県が漁業への企業の参入を促す特区構想を発表するなど、種はある。

 震災復興と並行し、政府は税と社会保障の一体改革論議で、高齢化に伴う社会保障費の増加や財政再建目標を踏まえて、「費用をあらゆる世代が広く公平に分かち合う観点から、消費税収を主要な財源として確保する」「2015年度までに段階的に消費税率を10%まで引き上げる」との案をまとめた。

 震災復興の財源は、こうした方針も考慮に入れて、検討することになる。

 被災地を支援し、世代間で助け合う。二つの「支え合い」に伴う負担は、決して軽くない。しかし、先送りはもはや許されない。行政のむだをなくす努力、日本経済を活発にして税収自体を増やす努力とともに、逃げずに取り組んでいかねばならない。

(2011年06月10日 朝日新聞)

 今に始まった事でもないけれど、アカピーという存在は、本当の本当に狂ってる。

 思想の左右に関らず。

 存在自体が狂気と言っても過言じゃあない。

 安易な増税は経済を殺す。

 経済が死ねば、幾らほど立派な志があろうとも、被災地を支える事など出来なくなる。

 それどころか、下手をするとそれ以前に自分が、自分達が潰れる。

 増税をすれば経済が悪化して税収は激減し、想定していたような税収など決して集まらない。

 増税をすれば、復興する為に掛かる費用も適用され、復興の為の費用が高騰、思うように復興が進まなくなる。

 増税をすれば、被災者も増税となり、苦しい状態の被災者を更に苦しい状況へと追い込む。

 現状での増税は、日本国民抹殺計画以外の何物でも無い。

 仮にも「社会の公器」を自称するメディアが、そのような計画をマンセーし、御用記事を書いて国民をミスリードしようとする。

 経済テロの共犯として処刑してもいいくらいだ。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

朝日新聞のトンデモ読者投稿 (晋遊舎ムック)
朝南 政昭
晋遊舎
売り上げランキング: 326219



PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2441-6b2d3234
日本人の「自殺率」については、WHOの統計に詳しく出ている。 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2770.html また、ネトウヨさんたちとの議論が、次のエントリーのコメント欄にあるので、暇なら読んでいただきたい。 <自民党が得意な「つまみ食い」> http://takashicha…