FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → 没落

没落
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

「民放の19時台視聴率が1ケタになった」 テレ朝プロデューサーの「ツイッター」に「当然」の声

テレビ朝日の藤井智久ゼネラルプロデューサーが「ついに民放全局の視聴率が1ケタになった」とツイッターで呟いているとネットで話題になっている。

1ケタになったのは19時台全ての番組。もともと19時台はゴールデンタイムの入り口で、視聴率や広告収入が見込めたドル箱。しかし、10年ほど前から不振が続き、メインターゲットとしていた小学生から高校生がテレビから離れてしまったという。

「見たい番組がない」など大量のリツィート

藤井ゼネラルプロデューサーは2011年6月15日、ツイッターで

「ついに昨日、19時台の民放は全局、視聴率が1ケタになった(関東地区)」

と呟いた。昨日というのは14日(火)のことで、新聞のテレビ欄を見ると「泉ピン子宮古島に来襲」「AKBVS戦隊ヒーロー」「熟女4人が下町電車旅」などの番組が並んでいる。

この呟きがネットで大きな反響を呼んでいて、

「正直、見たい番組が、ない…TV 本当にもういらないかも・・・」
「5年後にゴールデンが全局一ケタでも驚きもしない」

などと「当然」と受けとめるリツイートが大量に寄せられている。

放送評論家の松尾羊一さんによれば、昔から19時台はゴールデンタイムの入り口として、まずは小学生から高校生を集める番組制作が行われた。20時台になれば会社から家族が戻り、家事も一段落。家族全員でテレビを見ながら団欒する、という流れがあった。しかし、携帯電話やゲーム、パソコンなど普及によって19時台の視聴者は10年前から急速にテレビ離れしていった。

復活のヒントは池上彰に学べ

視聴率が下がると制作費が削られるため魅力的な番組が減るスパイラルに陥り、起死回生策としてマンガやゲームでヒットした作品を持ってきたりもしたが、

「他のメディアでヒットした作品におもねても、テレビで成功するわけではない。若い人は感覚が鋭いため納得のいかないものは見ない」

さらに、番組が一部の人しか興味を示さないような狭い内容になってきた。こうしたことが視聴率が取れなくなった原因だと松尾さんは説明する。

もう19時台の視聴率復活は難しいのかというと、復活のヒントはあるのだそうだ。実は、19時台で高視聴率を記録した番組があり、それはテレビ朝日系で08年から19時台に放送した池上彰さん司会の「学べる!!ニュースショー!」。この番組はティーンエイジャーが主な視聴者で大うけだった。10年からは放送が8時台に移り「そうだったのか!池上彰の学べるニュース」に番組名が変更になった。

「見てわかりやすいし、勉強になるだけでなく楽しめる。この応用としてドラマやクイズ、バラエティー番組を制作する。そこに若い人達のニーズがあるのではないかと思います」

そう松尾さんはテレビ業界に対し提言している。

(2011年06月17日 J-CAST)

 ザ・マ・アw

 と言うか、まあ、未だに一割弱のヒトが見ているのが奇跡と言って良い程の、それはそれは酷い内容だものね、テレビ。

 自称知識人が出鱈目ばかり吹聴している報道。

 使い回しの三流芸人がくっちゃべっているだけのバラエティ。

 ゴシップと韓流(笑)ごり押しのワイドショー。

 人気のある漫画を三流キャストと三流脚本家で汚しただけのドラマ。

 下らない、知りたくもない、どうでもいい選手の生い立ちや練習風景、インタビュー、苦労話が大半を占めているスポーツ。

 あんなものを垂れ流していながら、それで視聴率を維持、なんなら伸ばそうだなんて考えている訳だから、ちゃんちゃらおかしくてへそが茶を沸かすというもの。

 で、そういう批判の声に耳を貸さず、視聴率が下がったのはパソコン、携帯電話、ゲームの所為と、それらを叩きまくる始末。

 頭悪いのもここまで来ると奇跡的。

 業界人の頭が悲惨なら、評論家の頭も悲惨。

 別に、池上さんがどうこうという訳じゃなけれど、池上さんの番組を真似てバラエティーや報道を作れば視聴率が回復するってか?

 そういう、一つがウケたら、ひたすらに右へ倣えの姿勢こそが、テレビ衰退の第一歩だったんだけどねえ。

 これじゃあ、テレビは衰退していく一方だな。

 まあ、その方がメシウマなわけだがw

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。


テレビの大罪 (新潮新書)
和田 秀樹
新潮社
売り上げランキング: 29941


PR情報
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
>視聴率1%台が続く。
>テレビはイラネ。

ははは、よく見ろ。お前等の目は節穴か。

と言う感じで溜飲が下がりました。

この調子では地上デジタル波放送なると言っても、視聴率1%台ではどうしようもないでしょうね。

韓流は日本よりコストが低いからそれを垂れ流し、バラエティー番組も聞きたくもない説教師を出して人の人生を勝手に決めつけて論じるのを垂れ流してと、あたかも人をバカにするような姿勢ばかり取るのも原因の一つです。

ネットやゲームにおいても、それが楽しいからやっているまでで、それに対して楽しい番組をつくるより説教師を動員して非難の大合唱か、悪いところばかりを強調して晒し者にしてますからね。

これでは教育上に悪い事ですし、俺様化と呼ばれている人と変わりません。

こういう事からも視聴率がああなるのは自明の理だと思います。
2011/06/22(水) | URL | 大畠五十六 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2448-97c78cb8