或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ政治 → HONEY

HONEY
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

自民:「造反」議員、処分へ 「被災地軽視」主張に同情も

 自民党は24日、今国会会期を70日間延長するための衆院本会議採決で、賛成または棄権した「造反」議員10人の処分を決める手続きに入った。谷垣禎一総裁は厳しい姿勢で臨む構えだが、執行部自身が「菅降ろし」との見合いで延長問題をご都合主義的に扱ってきた経緯があり、「反対は被災地軽視」という造反議員の主張に反論する根拠は乏しい。党内には「処分する方がおかしい」(閣僚経験者)という不満もくすぶっている。

 執行部は造反した10人へは、この時期に配る政策活動費(氷代)100万円の支給を当面見合わせた。賛成したのは河野太郎前幹事長代理と岩屋毅元副外相。両氏は既に「シャドウ・キャビネット」の閣僚などすべての党役職の辞表を提出した。執行部は週明けに両氏から意見聴取し党紀委員会に諮る方針だ。

 一方、採決時に退席した8人のうち、被災地が地元の小野寺五典、吉野正芳、秋葉賢也、梶山弘志、永岡桂子の5氏については24日、「情状酌量の余地あり」として「党則順守の勧告」という最も軽い処分を決めた。だが、「党派を超えて復興に総力を挙げて取り組んでほしいというのが被災地の悲痛な叫び」(秋葉氏)という思いは造反議員に共通しており、被災地出身かどうかという線引きは説得力に欠ける。

 自民党は、民主、公明両党との間でいったん合意した「50日延長」を菅直人首相が土壇場で覆したため、「70日」への反対方針を決めた。執行部は「50日」の対案を出すことも検討したが、与野党折衝の混乱でうやむやになり、「70日に反対すれば、自民党は会期延長そのものに反対と見られてしまう」という懸念が造反につながった面は否定できない。そもそも、執行部は首相が会期末閉会をもくろんでいるとみれば延長を主張し、首相が年末までの大幅延長を持ち出すと反対するなど二転三転した。

 とはいえ、自民党は谷垣氏に賛否の判断を一任しており、造反には反発もある。町村信孝元官房長官は23日の町村派会合で「委ねた総裁に従わなければ政党として認められない。民主党が内部崩壊過程に入っているのに、こっちが崩壊してどうするのか」と河野、岩屋両氏を厳しく批判。同党幹部は「組織というものを分かっていない。自分が目立てばいいと思っている」と吐き捨てるように言った。【念佛明奈】

(2011年06月25日 毎日新聞)

谷垣氏「原発再稼働は必要」

 自民党の谷垣禎一総裁は25日、鹿児島市内で開いた記者会見で、停止中の原発再稼働について「時間がたつとすべての原発が止まってしまう。動かさなくていいという前提をつくれば電力供給は回らなくなる」と述べ、再稼働は必要との認識を示した。その上で「国が責任を持って安全を確認しなければならない」とも指摘した。

(2011年06月25日 産経新聞)

 こんな事だから、どれだけ菅ミンスがグダグダのダメダメでも、「早く自民党政権に戻って欲しい」という声が、一部のキモウヨヒキニートくん以外からは、殆ど出てこない。

 つーか、キモウヨヒキニートの連中の中には、児童保守みたいな自民党青年部、つまりは工作員が結構いるみたいだから、実質、一般の国民からは殆ど出ていない。

 ミンスはダメだけど、痴民党に政権が戻ったところで、何もどうにもなりはしない、というのが、殆どの日本人の共通認識だろう。

 バ菅にしても、ハニ餓鬼にしても、小泉的手法を真似して、上っ面の人気を得ようとするばかりで、真に国民が望んでいる事に、耳を貸そうともしない。

 このクズどもの時代は、一体何時になったら終わるのか。

 否、終わらせられるのか。

 そろそろ、全ての日本国民が真面目に考え始める必要がある。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

原発労働記 (講談社文庫)
堀江 邦夫
講談社 (2011-05-13)
売り上げランキング: 1559

放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策
古長谷 稔 食品と暮らしの安全基金
三五館
売り上げランキング: 2097


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2456-1c15d7da

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。