FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ外交 → 親支那は罪悪であると心得よ

親支那は罪悪であると心得よ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 認めるべきは認め、抗議すべきは抗議し、対立と尊重を織り交ぜながら、互いの国益の為に切磋琢磨してこそ、真の外交と呼べるものであり、また真の友好関係というものも築かれていくものです。

 このような至極当然の事すらもせず、つくられた偽の贖罪意識を基本として土下座外交を繰り返してきた事こそが、東アジアにおける不安定の最大の原因である事は明白であり、これを是正しない事には、全ての捻れは加速して酷くなっていくだけであると言えるでしょう。

航行禁止問題で政府、中国に理由ただす方針

 中国が東シナ海の一部水域における船舶の航行禁止を通知した問題で、政府は今後、中国側に航行禁止の理由や根拠をただす方針だ。

 中国側は通知内容を修正し、日中中間線の日本側は含まれなくなったが、それでも国際法上の根拠がない行為と見なしているためだ。

 国連海洋法条約は、自国の排他的経済水域(EEZ)内で、施設や構築物の周囲に安全水域を設け、船舶の航行を制限できるとしている。ただ、安全水域は、施設などからの距離が「500メートルを超えてはならない」と定めている。中国が航行禁止を通知した水域は、修正後でも東西約3・6キロ、南北5キロに及び、この規定を大幅に超えている。

 条約上の「安全水域」は、「すべての船舶が尊重しなければならない」と規定されており、侵入した船舶に強制的な退去を命じる根拠となる。中国が自らの設定した水域を同様のものと見なしていれば、日本船舶が通過した際に危険が生じる可能性も出てくる。

 外務省幹部は18日、「日本船舶の航行の自由や漁業操業を、中国が過度に害することがないように注視していく必要がある。法や条約の根拠のない措置ならば、拿捕(だほ)など強制的な取り締まりも認められない」と強調した。

 一方、この問題では、外務省が中国の通知を3月28日に把握しながら、海上保安庁の航行警報の発令は今月13日、官邸への報告は16日だったことが明らかになっている。

 安倍官房長官は18日、谷内正太郎外務次官と石川裕己・海上保安庁長官を首相官邸に呼び、連絡を密にするよう指示した。安倍長官はその後の記者会見で、「諸外国による航行通告などの情報をどう収集し、報告するか。今回の件を早急に検証して改善すべきは改善したい」と強調した。これを受け、政府は内閣官房、外務省、資源エネルギー庁、水産庁などによる関係省庁会議を開き、係争水域で発生した事案に関する情報共有や連携強化を図ることを確認した。

(2006年4月18日23時30分 読売新聞)


 その様な観点からも、今回の日本政府の対応は非常に正しいものと思えるものであり、多少の対応の遅さという減点要素はあるにせよ、素直に褒め称えて良いものではないかと思います。

 その対応の遅さにしても、原因の根本は腐った外務省の糞呆けどもにある事は明白であり、安倍官房長官を始めとする政府閣僚には殆ど非は無いものと思われます。

 それにしても、多少は改善の兆しを見せてきたかの様に思われた外務省ですが、やはりまだ腐った分子が内部に存在している限り、完全にまともな省庁となる事は出来ないでいる様です。

 今回の件にしても、先刻の上海総領事館員自殺の件にしても、恐らくはチャイナスクールの腐れ売国奴どもが率先して隠蔽しようとしたものと思われますが、何故にこの様な非道の輩が外務官僚として成り立っているのでしょうか。

 元はまともだった人間が、極悪非道の中国共産党と交わるうちに腐っていったのか、元から腐っていたが故に、中国共産党に迎合していったのかは分かりませんが、どちらにしてもこのチャイナスクールの不逞な連中を外務省より駆逐せぬ限り、日本外交は根本から良いものには変質せぬと言えるものです。

 無論チャイナスクール売国奴ども以外にも、腐った因子は数多く外務省内に存在してはいるのでしょうが、これ程までに腐った奸賊は、流石にチャイナスクール以外には、存在はしていないであろうと思われます。

 今回の件で多少は前進したかの様に思える日本外交ですが、もし仮に次期総理総裁福田氏が就くような事があれば、自民党内に潜む媚中派国賊どもは息を吹き返し、それに伴い力を失いかけているこのチャイナスクールの連中も盛り返し、日本は再び土下座外交へと回帰していくであろう事は想像に難くありません。

 福田氏が次期総理総裁に就かぬ様、そして媚中派国賊どもを国政の場より駆逐すべく、声を荒げていく事は勿論ですが、同時に外務省からこの不逞なチャイナスクール連中を締め出すように動いていかなければ、日本は結局、獅子身中の虫を抱えたまま、国際社会の荒波を渉っていかなければならなくなると言えるものです。

 他にも某車屋の会長に代表される、支那に肩入れする財界人を糾弾する事も、忘れてはならない事と言えるでしょう。

 非常に難解な課題ですが、つまりは現在支那に深入りしている全ての勢力を駆逐せねば、日本外交が根本から改善される事は難しいと言えるものです。

 未だに支那平和的勢力だなどとぬかしている自称進歩的文化人や、奇麗事を盾に支那を擁護するアカサヨクが国内に多数点在している現状で、これらの課題をクリアする事は、非常に難しいと思われます。

 しかしそれでも、我々日本国民は決して立ち止まる訳にはいかないと言えるでしょう。

 今回は一応日本政府の抗議を受けて修正はしたにしろ、邪悪で狡猾な中国共産党が、日本の言い分を全て認めた訳では無く、東シナ海の占領を諦めた訳でも無い事は明白です。

 それどころか邪悪で狡猾な中国共産党は、更に卑劣な手段を用いて、日本の国内に潜む反乱分子を扇動し、我々に対して攻撃を仕掛けてくる可能性の方が高いものと考えられます。

 それらの事を未然に防ぐ為にも、我々は何が何でも、その反乱分子の代表格である媚中派議員チャイナスクールの連中を権力より切り離す様、積極的に行動していかなければならないと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←にほんブログ村 政治ブログへ

なぜ外務省はダメになったか―甦れ、日本外交
村田 良平
扶桑社 (2002/08)
売り上げランキング: 203,131
おすすめ度の平均: 3.4
5 熱い愛国心・高い使命感が伝わってくる
4 レビュー欄は罵詈雑言を吐く場ではない
4 ここまで書いたか!

お笑い外務省機密情報
テリー伊藤
飛鳥新社 (1997/10)
売り上げランキング: 144,543
おすすめ度の平均: 4
4 いやはやなんとも
3 どこまで行っても国賊集団!
5 恐ろしすぎて笑えない、けど"お笑い"だ!


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
なんと洋楽着うた無料!今すぐDL

    
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/248-dc4e139a