FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ経済 → ノブレスオブリージュ

ノブレスオブリージュ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

バフェット氏:甘やかされた富裕層に増税必要-議会に呼び掛け

8月15日(ブルームバーグ):米資産家ウォーレン・バフェット氏は、米国の財政赤字削減を図るため、富裕層個人への増税を議会に強く求めた。増税は投資や雇用の伸びを阻害することはないと説明している。

  バフェット氏(80)は米紙ニューヨーク・タイムズへの寄稿文で、「友人や私は資産家に優しい議会からたっぷり甘やかされてきた」と述べ、「米政府が犠牲の共有について真剣になるべきときだ」との見解を示した。

  寄稿文によると、バフェット氏の昨年の連邦税の総額は693万8744ドル(約5億3300万円)。同氏は「大きな金額のように聞こえるかもしれないが、私の課税所得の17.4%にすぎない。実際のところ、これはわれわれのオフィスのほかの20人の税率よりも低い。彼らの税負担は33-41%で、平均は36%だ」と指摘した。

  100万ドル超を稼ぐ層に対しては、配当やキャピタルゲインなどを含めて100万ドルを超える課税所得について即座に増税すべきだと指摘。「貧困層や中間層がわれわれのためにアフガニスタンで戦い、大部分の米国民が生活のやりくりに苦労しているのに、われわれ『超金持ち』は並はずれた優遇税制を受け続けている」と述べた。

(2011年08月15日 ブルームバーグ)

 昔は、日本の富裕層にも、多少は、こういう考え方を持ったのが居たもんなんだけどね。

 自分達は社会的にも金銭的にも恵まれた立場であるのと同時に、その分だけ責任がある立場である事を自覚し、その責任をきちんと果たそうとする、本当のエリートが。

 今じゃあもう、死に絶えてしまったね。

 もともと希少種ではあった訳だけれど、中曽根内閣のあたりから更に減少していき、小泉内閣の所業によって完全に死滅。

 挙句には、ブタエモンのような「カネを持っている人間が一番偉い」みたいな勘違いしたゴミクズ野郎が大量に湧いて出てくる始末。

 そんな糞の糞にも劣るゴミクズ虫螻劣等どもにカネで飼い馴らされたゴミクズ政治屋どもは、連中の言うがままにカイカク、庶民増税、富裕層優遇政策ばかりを国会で審議。

 そんな虫螻政治屋を信仰している某セクハラ忍者くんのような情弱明き盲のキモウヨヒキニートどもは、小泉礼賛、安倍礼賛で壊れ行く日本を見ながら馬鹿騒ぎ。

 都合が悪くなったらミンス叩きで御茶を濁すだけ。

 まあ、あんな、今更、微塵子の糞ほども社会的影響力の無い劣等どもは兎も角として、そのミンスも、始めこそこそはそんな痴民党の政策に異を唱えていたものの、政権交代してからというもの、それを大幅に是正するような政策は一つも打ち出せず。

 菅内閣となってからに至っては、痴民党と全く同じ路線に切り替えるという始末。

 まあ、バ菅に前科、オカラとその不愉快な仲魔達は、本来は「そういう路線」を支持する、小泉と一つ穴の貉だった訳で、そういう連中に舵取りをやらせればこうなる事は分かっていた。

 小沢とその一派が、無理矢理にその剛腕で、バ菅や前科、オカラとその不愉快な仲魔達を強引に抑え付けていただけ、という現実を見ず、小沢よりもバ菅を選んだミンス党員は反省せんといかんね。

 小沢が救世主だの、完璧な政治家だのと世迷い言を曰うつもりは毛頭無いけれど、糞の糞の集まりに過ぎないゴミクズミンス党の中で、多少なりとも政治に近い事が出来るのは、小沢とその一派の連中だけだというのは、どうしようもない程の事実なのだかね。

 その連中を隅っこに追いやって、糞の糞のような劣等だけで政治ごっこをやって、まともな事が出来る訳がなかろうに。

 ま、それは兎も角として、日本がもう一度立ち直っていく為には、ノブレスオブリージュの精神を忘れたカネの奴隷どもを駆逐し、本物のエリートを育てていく必要がある。

 頸断斂のど腐れ老害どもとは全く違う、責任感と実行力のある本当のエリートを。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

消費増税で日本崩壊 (ベスト新書)
斎藤 貴男
ベストセラーズ
売り上げランキング: 165029

歳出削減と増税は国を滅ぼす
村島 定行
風詠社
売り上げランキング: 921726


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する

 私も以前、大政治家=小沢なんて勘違いした時期もございました。

 しかし、彼のように長い政治生活をしながら、なんとも大業を為さず、

 日本をかくも無残ナ失態のなかに取り残している事は、彼のような

 無能な人々が、為すべきをせず、私欲に生きた結果でしょう。


 彼はなにをしたか?

 1、政党助成金を作ったが、機能せず、相も変わらず、むしろ
   腐敗堕落の助成となった。

 2、湾岸戦争時、巨額の資金を簡単に、米国に提供した。1兆円ちかいものだった。

 3、2大政党制を主張、大失敗!!!

 4、政治、経済の再生にも失敗。

 彼が出来る事はない事が明らかになった。もう過去の人です。

 うそと思われるなら、ちょっと調べればわかります。
2011/08/17(水) | URL | sunhot #-[ 編集]
違うな。
小沢に期待が集まるのは、小沢以外があまりにも無能だったり、俗悪だったからだ。
小沢は自分が認めている通り、リーダーとして先頭に立つタイプではないし、ほとんど時期、自分がトップになろうと思ったこともない。
この2年の小沢冤罪事件で、剛腕小沢は全くの神話であることがわかった。
剛腕や悪人のイメージとは正反対に、小沢は金について非常にクリーンであり、政局については仙石や菅に劣ることが浮き彫りになった。

もちろん、我々が怒っているのは自民党小泉竹中政治であり、菅民主党の裏切りなのだ。
だから、やっぱり小沢で良いということになる。

そもそも小沢に実績がないのは、マスコミによる冤罪キャンペーンのせいであり、本来なら今頃は総理大臣2年目として旧自民党政治の弊害を打ち破って、少なくとも積極財政をうって景気対策と復興事業を推進していたはずなのだ。

これだけでも菅の何百倍もマシと言うことになる。
2011/08/19(金) | URL | S #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2509-df17e048