FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 前科解散とか呼ばれるのだろうか

前科解散とか呼ばれるのだろうか
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

「前原氏が首相になればすぐ解散」 「政治とカネ」中傷ビラばらまかれる

 「挙党一致で国難に立ち向かいたいのでよろしくご指導お願いします」

 24日夕、衆院第1議員会館に民主党の小沢一郎元代表を訪ねた前原誠司前外相はこう言って頭を下げた。この瞬間、小沢氏がなお党内の最高実力者であることが党内外に示されたといってよい。

 会談が実現するまで民主党代表選はまたしても「親小沢派」と「反小沢派」の攻防となる公算が大きくなっていた。「また不毛な戦いを繰り返すのか…」。そんな不安が党内に広がる中、先手を打ったのは小沢氏だった。23日昼、国会内で開かれた小沢系グループ「一新会」の会合で「前原氏と会う用意がある」と明言したのだ。

 前原氏の後見役である仙谷由人官房副長官は、小沢氏の発言を伝え聞き、即座に動いた。23日夜、細野豪志原発事故担当相を介して都内のホテルで小沢氏とひそかに会い「挙党一致でやりたいんですよ」と支援を求めた。仙谷氏は菅政権で「脱小沢」路線を主導してきただけに小沢氏は不快感をむき出しにした。

 「それはこちらが言ってきたことだ。あなた方が私たちを除外してきたんじゃないか!」

 会談の詳細はベールに包まれているが、仙谷氏は必死に取りなしたに違いない。小沢氏に近い輿石東参院議員会長の幹事長起用を提示したとの情報もある。

 ただ、和解には大きな障害は残る。小沢氏の党員資格停止処分を見直すかどうか。前原氏は23日、記者団に「現執行部が決定したことは尊重すべきだ」と語り、見直しを否定したが、それでは小沢氏の支援は得られない。

 実際には、前原氏は小沢氏の処分を見直す腹を固めたとの見方が強い。

 前原氏は最近「反小沢対親小沢なんてのは作られた話だ」「小沢氏とはマニフェストに対する考え方はあまり変わらない」と周辺に繰り返すようになった。前原氏が出馬表明で強調した「挙党一致」「全員野球」とのフレーズは、小沢氏や鳩山由紀夫前首相の常(じょう)套(とう)句。両氏への一種のすり寄りとも受け取れる。

 前原氏が危惧するのは、代表選で野田佳彦財務相らと票が割れ、小沢系が推す候補に抑え込まれることだ。仮に反小沢勢力を結集させて代表選を制したとしても小沢氏と敵対したままでは菅直人首相同様に不安定な政権運営を強いられる。

 小沢氏にとっても今回の代表選で昨年6月、9月に続き3連敗を喫すれば影響力は衰える。秋には政治資金規正法違反事件の公判も始まる。自前で候補者を擁立できないならば勝ち馬を見極めて乗るしかない。

 小沢氏は24日昼、衆院当選1回生らにこう語った。

 「ベストが厳しいのならベターな選択もある。この2、3日で全く新しい展開になることもある…」

 とはいえ小沢氏の胸中は複雑だ。24日夜、都内のすし店で周辺議員と会食しながらこうぼやいた。

 「まだ決められないな。今日まで排除されてきたのに今さら交われるか…」

 前原氏にとっても小沢氏との和解にはリスクが大きい。閣僚・党役員人事で小沢氏の要求を相当のまねばならないし、処分見直しも迫られるに違いない。前原氏も外国人からの違法献金問題を抱えているだけに人気は一気に冷え込む。

 前原、小沢両氏の“歴史的”な和解は新たな不協和音を生むだけかもしれない。24日早朝、議員会館の民主党所属議員の事務所に早くもこんな中傷ビラがばらまかれた。

 「政治とカネ問題を抱えた前原誠司が首相になればすぐ解散に追い込まれる」(小島優)

(2011年08月25日 産経新聞)

 何か、新聞の記事というよりは三流ゴシップ雑紙の記事みたいなノリだなあ。

 惨刑珍聞の購読数が少ない理由がよく分かるわ。

 まあ、そんな事はいいとして、要諦の部分、「政治とカネ問題を抱えた前原誠司が首相になればすぐ解散に追い込まれる」というビラが撒かれた、という事な訳だが、中傷というより、単なる事実の指摘だようねえ、どう考えても。

 実際、前科さんが総理大塵になったとして、野党がそこを攻めない理由が見当らない。

 しかも、ただの違法献金ではなく、外国人からの献金。

 問題にならない訳がない。

 遵法意識が皆無に等しい前科さんとバカミンスのゴミクズさん達からすれば、「大塵を辞任したんだからそれで禊は済んだ」てなところなのかも知れないけれど、世間一般では、それは通らない。

 前科さんが受けるべき罰は、「公民権の停止」以外にはあり得ない。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

罪と罰〈上〉 (新潮文庫)
ドストエフスキー
新潮社
売り上げランキング: 3724

罪と罰〈下〉 (新潮文庫)
ドストエフスキー
新潮社
売り上げランキング: 4566


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2518-1c52c1c6