FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ経済 → セピア色の凄惨

セピア色の凄惨
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

派遣労働者300万人割れ 10年度11%減

 厚生労働省は16日、2010年度に派遣労働者として働いた人が前年度比11.6%減の延べ約267万人となり、2年連続で減少したと発表した。景気低迷を背景に雇い止めが続き、05年度以来5年ぶりに300万人の大台を割り込んだ。製造業や登録型への派遣を原則禁止する労働者派遣法の改正論議を受け、企業の派遣離れも広がったとみられる。

 派遣会社7万950事業所が提出した報告書を集計した。今回の発表は速報値。12月をめどに発表する確報値では、8月以降に提出された報告分も追加するため、人数は変動する可能性もある。

 仕事がある時だけ派遣会社と契約を結ぶ「登録型」は15.1%減の延べ約175万人。仕事がない時でも派遣会社の社員として契約している「常用型」は4.1%減の延べ約92万人だった。

 00年度に約139万人だった派遣労働者は、04年の製造業派遣の解禁などで08年度に約399万人に膨らんだ。しかし、世界金融危機後の景気低迷を受けて派遣を雇い止めしたり、直接雇用に切り替えたりする動きが広がっている。

 政府は国会で継続審議中の労働者派遣法改正案の早期成立を目指している。成立すれば、通訳や秘書など専門26業種を除いた登録型と製造業への派遣は原則禁止される。こうした規制強化の動きも企業が派遣を減らす背景にあるとみられる。

 厚労省は今年6月1日現在で派遣されていた労働者数も同日発表した。総数は約122万人で前年比16.0%減少。このうち製造業で働く人は約22万人(9.4%減)。法改正後も派遣が認められる専門26業種で働く人は約60万人(19.3%減)だった。

(2011年09月16日 日経新聞)

 これって、別に雇用の在り方が見直され、直接雇用、正規雇用が増えた訳では無く、ただ単純に、派遣ですらも雇用がなくなっているだけに過ぎないよね。

 実質、問題は何も解決に向かっていない。

 政府は、通訳や秘書など専門26業種を除いた登録型と製造業への派遣は原則禁止とする労働者派遣法改正案ぼ成立を急いでいる、という事だが、これにしたって、ただ単純に派遣の業種に規制をかけているだけで、根本的な問題の解決とは殆ど関係無い。

 まあ、この動きによって、現代の奴隷商人どもが食い詰めて樹海に逝くのは多少メシウマではあるものの、ただそれだけに過ぎない。

 我々、多くの日本国民が望んでいるのは雇用の増加と安定であり、奴隷商人どもの樹海逝きは、あくまでもそのおまけでしかない。

 どうして、アホの政府は、何時まで経ってもその事を理解出来ないのだろうか。

 いや、分かっていて無視しているのだろうな。

 大忌業と害国の方ばかり向いて政治をしている政治業者どもにとって、国民の声など五月蠅いノイズ以上の価値は無いのだろう。

 我々日本人は、そろそろ本気で、狂った売国政府や売国大忌業、それを主導するカスゴミ、裏から操る害国との対決を考えないといけない。

 このまま行けば、確実になぶり殺しにされてしまうのだから。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

労働ダンピング―雇用の多様化の果てに (岩波新書)
中野 麻美
岩波書店
売り上げランキング: 67330

自動車絶望工場 (講談社文庫)
鎌田 慧
講談社
売り上げランキング: 18743


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2540-eac11cad