FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → 注文の多い料理店

注文の多い料理店
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

韓流番組、なぜ増えた? TV局「自前より安い」・韓国「輸出」に力

 日本のテレビでも、すっかりおなじみとなった韓流コンテンツ。ドラマに音楽に存在感を増す一方、一部で批判もあがりはじめた。国外では「規制」に向けた動きまで出てきた。

 「もっと日本のドラマをみたい」「フジは売国奴」

 先月7日、東京・台場のフジテレビ周辺。韓国の番組や音楽を多く流し偏っていると数百人が練り歩き、訴えた。同21日は5千人以上。その後もデモが続く。

 たしかに韓国番組は増えている。7月の番組表(関東地区)を調べると、フジが韓国ドラマを放送した時間は約38時間で民放の中で最も多い。続くTBSの約19時間の2倍だ。NHK放送文化研究所の2009年の調査では、韓国を含む外国番組の衛星放送への移行が進み、地上波では「減少傾向にある」。だが「昨年辺りから増えている」(同研究所担当者)という。

 理由は「安さ」だ。景気低迷などで広告費は減少。「自局で制作するより、他国から安く買う方がいい。韓国ドラマは視聴率をそこそことる」と、在京民放キー局関係者は言う。テレビ業界の課題である、制作費の切り詰めにもつながる。

 ただ、総世帯視聴率が高いゴールデンタイムで放送される例は少ない。民放で近年放送されたのは「アイリス」(TBS)くらい。フジやTBSが主に流すのは平日朝や昼だ。

 韓国番組の普及の背景には韓国の「戦略」もある。1997年の経済危機を機に大手企業がグローバル戦略を強化。人口が日本の3分の1で市場規模も小さいなか、国外市場を意識した作品づくりを本格化させた。国も後押ししている。

 NHKが「冬のソナタ」を放映した03年に628万ドルだった韓国ドラマの日本への輸出額(契約時)は、10年に8162万ドルと急増。総輸出額のおよそ6割が日本だ。ベトナムやマレーシアなどアジア各国にも広がる。

 韓国の政府系機関「韓国コンテンツ振興院」のキム・ヨンドクさんは「アジア各国に輸出しているが、文化的に近く市場規模も大きいことが、日本進出につながっている」と話す。

 海外番組への規制はないのに国産番組ばかり――。「日本は市場競争だけで、海外作品を排除してきた。国際的にも珍しい」と砂川浩慶立教大准教授(メディア論)は指摘する。

 欧州連合(EU)では、EU外の番組放送時間に厳しい制約がある。EU指令(法律)は報道やスポーツ中継などを除いたテレビの放送時間の半分以上を、加盟国内制作の番組にするよう義務づけている。

 近年、韓国ドラマが急速に浸透する台湾では「規制」の動きが起きた。現地紙「中国時報」によると、政府機関「独立規制機関(NCC)」が、大手テレビ局「東森」に、韓国ドラマの比率を下げ、経営計画通りにするよう指導した。

 事の発端は、国会にあたる立法院で今年1月、野党・民進党の議員が同局を含めた3局のドラマ専門チャンネルのほぼ100%が韓国ドラマ、と問題視。「台湾文化を守るため規制を強化するべきだ」と主張したことという。

 日本は戦後、米国から多くの海外ドラマが輸入された時期はあったが、視聴率を稼いでスターを生み出してきたのは国産番組だ。言葉の「壁」に加え、国を挙げて経済成長を進める際、自国の番組で一体感を強めてきた背景がある。外貨を稼いだ自動車や電機メーカーがスポンサーとなり、制作費をかけた良質な番組を作れたことも一因だ。

 河島伸子同志社大教授(文化政策論)は「EUの規制の背景にはお茶の間に入り込むテレビ番組が文化や民主主義を支えるという意識がある」と指摘する。

 番組制作環境が厳しさを増すなか、日本でも海外番組がますます増えるのか。

 砂川准教授は「日本の番組の質はまだ高い。規制より海外への展開を後押しする方法を考えるべきだ」と話す。(高久潤)

(2011年09月20日 朝日新聞)

 反寒流の流れを徹底的にガン無視し続ける他紙、他メディアとは違い、一応報じるだけでも報じるとは、アカピーも多少は成長しとるのかね。

 もっとも、書いたとは言えど、事の本質には少しも触れず、単なる寒流嫌いな人達によるデモ、としか報じていないあたり、五十歩百歩、目くそ鼻くそといったところではあるんだが。

 他の部分にしても、例えば、
理由は「安さ」だ。景気低迷などで広告費は減少。「自局で制作するより、他国から安く買う方がいい。韓国ドラマは視聴率をそこそことる」と、在京民放キー局関係者は言う。テレビ業界の課題である、制作費の切り詰めにもつながる。

という部分だが、それならば、姦酷ではなく厨獄でも、その他の国のドラマでもいい訳だ。

 なのに、なぜ寒流なのか。

 その理由は、寒流はただ「安い」だけではなく、「買い付け金額より多い補助金」を姦酷側から受け取る事が出来る。

 優良なコンテンツを作り、スポンサーから金を受け取る、という従来のテレビビジネスの在り方を斜め上に逸脱し、コンテンツを垂れ流す事が、=ビジネスそのものになるんだね、寒流は。

 そしてこれが、このビジネス形態それこそが、寒流とやらの問題の本質そのものだとも言える。

 テレビ局ってのは、中立公正な報道もそうだが、優良なコンテンツを作り、国民に提供する、という前提で、安い、国際的に見て激安の価格で電波を「国民」から借り受けている。

 にも関らず、その努力すらも放棄し、金を貰って、その金を払う人間なり組織なりが望むものを垂れ流すだけの、そんな存在に電波を格安価格で提供する義理など、日本国民にはありはしないのだ。

 勿論、物事ってのは何でもそうだが、100%というのは無理だ。

 100%の中立公正な報道など、感情のある人間には土台無理な事だし、お金を出してくれるスポンサー企業を、度を超えて悪し様に言う事など出来ない。

 そんな事は当たり前の話な訳だが、現在の、蛆テレビを始めとするテレビ局がやっている寒流垂れ流しビジネスの在り方というのは、そういう常識的な限度を遙かに超えた、国民に対する背任、背徳行為であると言える。

 公共の電波を借り受けてビジネスをする以上、最低限以上は公共の為、国民の為となる活動をするのが義務であるというのに、その為の努力すらも放棄した蛆テレビ。

 これが、寒流問題の本質なのだ。

 そこに、ただの嫌韓馬鹿が相乗りしている事は否定しないが、だからと言って、事の本質が変わる訳でも何でも無い。

 公器だ、ジャーナリストだと偉ぶるなら、そこの部分に突っ込んでいって欲しいものだが、まあ、アカピーや変態、ゴミ売りに蛆と同グループの惨刑、日本を不況に追い込む事を社是とする日本不敬罪新聞他、日本の腐れメディアには無理な注文なのだろうな。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

マンガ嫌韓流1 文庫版 (晋遊舎ムック)
山野 車輪
晋遊舎 (2011-02-23)
売り上げランキング: 4456

マンガ嫌韓流2 文庫版 (晋遊舎ムック)
山野 車輪
晋遊舎 (2011-02-23)
売り上げランキング: 5263


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2543-128068fb