FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → お前がそう思うんならそうなんだろう、お前ん中ではな

お前がそう思うんならそうなんだろう、お前ん中ではな
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

石破茂氏 「核の潜在的抑止力」維持のため原発続けるべき

 原発と核――。この問題に対して沈黙を守る政界において、唯一、持論を展開しているのが、自民党の石破茂政調会長である。防衛庁長官、防衛大臣を歴任した石破氏に「原発と核を巡る問題点」を聞いた。

 * * *
――日本以外の多くの国では、原子力政策と核政策はセットとなっており、本来、切り離すことができない問題です。しかし、日本においては、核アレルギーもあり、これまで論争自体が避けられてきました。その流れの中で、今回の脱原発論争からも核問題は抜け落ちていますが、石破さんのお考えは?

石破:私は核兵器を持つべきだとは思っていませんが、原発を維持するということは、核兵器を作ろうと思えば一定期間のうちに作れるという「核の潜在的抑止力」になっていると思っています。逆に言えば、原発をなくすということはその潜在的抑止力をも放棄することになる、という点を問いたい。

 そもそも、核兵器とはそんなに簡単に持てるものではない。確かに、広島、長崎に原爆が投下されてから66年が経ち、技術理論自体は賢い学生なら作ることができるくらいまで普遍化しているそうですが、実際には膨大な設備や技術が必要ですし、兵器としての信頼性を確認するには実験もしなければいけない。日本の場合、どこでそのような実験をするのか。実際にやるとなるとかなり難しい問題に突き当たる。

 また、国内での議論を経て日本も批准したNPT(核拡散防止条約)は「核のアパルトヘイト」と言われるように、米国、ロシア、中国、英国、フランスのみに核保有を認める不完全な体制だが、特に日本やドイツに核を持たせないことを一つの主旨としている。

 私自身は、安全保障の面から、日本が核兵器を持てることを否定すべきではないと思うし、憲法の解釈上も禁じられていないというのが政府の立場です。「非核三原則」は憲法ではなく、あくまで政策的判断として貫かれているものです。

 しかし、翻って日本は、核の平和利用を原子力発電の技術によって営々と積み重ねてきた。なればこそ、テクノロジー面においても、マネジメント面においても、世界で一番安全な原発を作っていかなければいけない。これは、世界に対する日本の責務だと私は思う。だから、私は日本の原発が世界に果たすべき役割からも、核の潜在的抑止力を持ち続けるためにも、原発をやめるべきとは思いません。

(2011年09月21日 NEWSポストセブン)

 ねーよwそんなもんwww

 何だよ、「潜在的抑止力」ってwww

 そんなステキぱうあーがあるのなら、へこへこ米搗き飛蝗みたいに頭を下げてまで、ダメリカの核の傘に入れて貰わんでもいいじゃまいかwww

 こんな馬鹿な戯れ言を真に受けて原発を信仰するなんて、脳味噌がゼリー状に溶けたキモウヨヒキニートどもだけですよ。

 幾ら、「原発は安い」というウソが通用し難くなってきたからって、こりゃないわ。

 つか、仮に、百万歩譲って、そのステキぱうあー、「潜在的抑止力」とやらが実在したとしても、だ。

 その「潜在的抑止力」とやらの為に、それ以上の脅威、事故が起これば一都市丸ごとあぼーんの最悪の脅威を、あのアホでバカでクズの集まり、頭狂電力、遺屍墓大センセーの御嬢たまも御勤めになっている東京電力を始めとする気狂い電力会社に管理させるっていうのはどうなのよ。

 本末転倒ってやつじゃん。

 つーか、最早宗教の領域に入っている、ガチの反原発活動家の人達以外は、別に、絶対に、何が何でも原発を認めない、と言っている訳じゃあなく、ただ単純に、安全性について問うているだけに過ぎない。

 こんな、お為ごかしの珍論をぶちあげている暇があるなら、皆が、「これなら二度とあんな事故は起こらないだろう」と思えるくらいの安全性を確保する為に、東奔西走しろよ、と。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

原発労働記 (講談社文庫)
堀江 邦夫
講談社 (2011-05-13)
売り上げランキング: 9204



PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
おたく、高校生?結構な左翼思想だね。論ずる価値もないよ。お前のだけの主張を垂れ流してろ。愚民。
2011/09/25(日) | URL | 名無し #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2545-3dbe2983