FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ経済 → 成果主義(笑)

成果主義(笑)
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

日本マクドナルドが定年制を復活 「成果主義」思惑はずれ若手育たず

日本マクドナルドは2012年1月から、60歳定年制を復活する。同社は年功序列の人事・賃金制度の廃止など、成果主義の人事体系を目指しており、その一環として06年に定年制を廃止していた。

いったん定年制を廃止したものの、復活するケースは非常にめずらしいという。

定年制の廃止「時期尚早だった」

日本マクドナルドの正社員は約3400人で、現在の平均年齢は35.5歳。今回、定年制の復活と同時に65歳までの再雇用制度を導入。高年齢者雇用安定法に対応し、雇用継続を希望する社員の健康や能力を判断して年間契約で雇用することにした。

定年制の復活について、同社は「若手社員を伸ばしていく企業文化を根づかせていくため、年功序列を廃止するなど、実力主義への意識を高めようとしたなかで、定年制を廃止すべきと考えたが、時期尚早だった」と説明する。

定年制の廃止は、ベテラン社員の経験やノウハウ、スキルが活かされるメリットがある。しかし同社によると、経験豊かなベテラン社員が自身の成果をあげることを優先してしまい、若手社員の育成が疎かになってしまったという。ベテラン社員のもつノウハウなどの若手社員への伝承がうまく進まなかったと反省している。

6年前の廃止時には、「定年制の廃止は20~30歳代の社員のため、実力本位の意識を高めるのが狙い」(原田泳幸会長兼社長)と話し、年齢ではなく、実力本位であることを会社が明確にすることで「若手のモチベーションが高まるはず」としていた。

ところが、「ベテランが職務に取り組むうえで、仕事の成果と人材育成のバランスのとり方が難しく、仕事の優先順位が崩れてしまった。(定年制を復活することで)人を育てていく企業文化を再度築き上げる」と話している。

定年がない企業はわずか0.8%

厚生労働省は厚生年金などの支給開始年齢を2025年度に65歳に段階的に引き上げるのに伴い、65歳までの再雇用を義務付ける現行制度を、より厳格化することを検討している。そうした中で「定年制」をどうするか、企業にとっては悩ましい問題だ。今回、定年制を「復活」する日本マクドナルドは、「将来的に定年制の廃止を目指していることは、変わりがない」という。

定年制の廃止については、「本人の能力と年齢は無関係」と「歓迎」する考え方がある半面、年功序列が定着している日本では、いざ実際に廃止した場合、日本マクドナルドのような新たな問題点が表面化してくるケースがある。厚労省の「2010年 就労条件総合調査」によると、企業規模1000人以上で定年を定めていない企業は0.8%しかない。

(2011年09月25日 J-CAST)

 マクドナルド以外でも、数多くアホ忌業が騙されて取り入れた「成果主義」な訳だが、ちょっと考えれば、こんなアホな代物をそのまま取り入れただけでは機能しないのは、分かる筈なんだけれどね。

 何しろ、基本的に「成果」が自分の査定の基準になるというのに、その「成果」を生み出すためのノウハウやら何やらを、簡単に他人に教えるお人好しなんかいる訳が無い。

 それどころか、自分の「成果」の為に他人の足を引っ張る人間まで出てくる。

 そうした方が自分が「評価」されて「査定」が良くなり、結果、収入の増加や出世に繋がる訳だから、当然も当然と言えるだろう。

 「成果」が全ての社会においては、トップやそれに準ずる人間以外は、他人とノウハウを共有したり、若手、後輩を育てるメリットというのが皆無に等しいのだ。

 それどころか、潰すメリットまである始末なのだ。

 有能な若手、後輩は、自分の「成果」を阻害するデメリットなのだ。

 そうして、利己的な、自分の為だけに動く、「成果」を出せる人間が評価され、そんな人間ばかりが残り、その「成果」を守る為に若い芽を潰していく。

 これで会社がまともに回ると考えた忌業経営者たちは、脳味噌腐り果ててシュールストレミングのような臭いを発している事は疑いようが無い。

 アホな経営者やコンサルタントのセンセー様は「欧米では」という御決りのアホフレーズを連発するが、欧米でだって、「成果主義」なんざ大して上手くいっていない。

 もちろん、一部には、きちんとシステムを見直し、粗を修正した上で、上手く「成果主義」でやっている企業もあるにはあるが、そんなもの、全体の数パーセントがいいところだ。

 そして、そんな「成果主義」で成功している企業の経営者やコンサルタントは、そのキモとなる部分は絶対に、死んでも他社には教えない。

 ビジネス書や三流コンサルタントの大センセー様が教えてくれる「成果主義」など、そのキモの部分を抜いたスッカスカの空理空論でしかない。

 何故なら、そのキモ、ノウハウこそが、自分達の「成果」を生み出す「金の卵」なのだから。

 本当に、この程度の理屈も分からない日本のバカ経営者どもは、一片、豆腐の角に頭をぶつけて氏んだ方がいい。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

労働ダンピング―雇用の多様化の果てに (岩波新書)
中野 麻美
岩波書店
売り上げランキング: 63120

ワーキングプア 日本を蝕む病(ポプラ文庫)
NHKスペシャル『ワーキングプア』取材班
ポプラ社
売り上げランキング: 276595


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
協調性の必要がないアメリカなら兎も角、仕事において今でも他者の存在や協調性を必要とする我が国では一部は兎も角、弊害が出てきてますからね。

それに成果主義のみでは離職率が高いのもノウハウなどは相手から教えて貰うよりは自分の裁量で決めることであり、よほどの人しか無理であるのも原因ですし、生活のために相手を蹴落としてまでやるから自己中心的な人間にならないとやってられない。

そう言うことからも日本では弊害ばかりで何の利益にもならないものであります。
2011/09/25(日) | URL | 大畠五十六 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2548-0d03c137