FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ経済 → 死の宣告

死の宣告
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

トヨタ:国内部品メーカーに大幅値下げ要求、半額提示も-円高など(1

10月7日(ブルームバーグ):円高などに苦しむトヨタ自動車が国内の主要な部品サプライヤーに対し、納入価格の大幅値下げを求めていることが、事情に詳しい関係者4人の話で分かった。トヨタは生産・販売を強化している新興国でも部品の現地調達を進めている。国内取引先にも新興国部品メーカーと価格面などで同等の競争力を求めることが狙いで、従来の半額程度の価格を提示された業者もいる。

事情に詳しい複数の関係者によると、トヨタの新たな調達方針は8月に長野県内で開かれたデンソーやアイシン精機など主要サプライヤーの任意団体、協豊会の会合で、トヨタの佐々木真一副社長が発表した。

この方針について、あるトヨタ関係者は東日本大震災以降、日本のものづくりが円高や電力不足、高い労働コストなど「六重苦」に直面する中、これまでのやり方では部品メーカーと共倒れになる恐れがあり、サプライヤー側にも応分の負担を求めるものだと話した。別のトヨタ関係者は、トヨタが為替問題と戦っている中、サプライヤーがこれまで通りのコスト感覚でいるのは許されず、国際競争力をつけてもらう必要があると話した。

トヨタと取引関係がある部品メーカーの関係者によると、佐々木副社長の発言以降、個別の会合で特定の商品に関して、トヨタ側から従来の約半分の仕入れ値を提示されたことを明らかにした。

日産自のゴーン改革を思い起こす

調査会社IHSオートモーティヴの安宅広史アナリストは、日産自動車がカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)の下で10年前にサプライチェーン(供給・調達網)を見直したように、「トヨタもグループ内で回すのではなく、サプライヤーを見直す必要があるのかもしれない」と指摘した。トヨタは同業他社に比べ国内生産比率が高く、「国内生産300万台を維持するとしているので、その分、国内にあるグループのメーカーから多めに受注していたのだろう」とみている。

トヨタの部品メーカーへの値下げ要求について、トヨタ広報担当の富田あみこ氏は電話取材に対し、コメントを控えた。

トヨタは8月2日、今期(2012年3月期)業績予想で、営業利益段階で為替変動が1600億円のマイナス要因になることを明らかにした。今期予想の為替前提は1ドル=80円、1ユーロ=116円。為替相場は7月半ば以降、1ドル=70円台の後半で推移している。4-9月の平均は1ドル=79円62銭で、前年同期の88円89銭から10円近い円高水準となっている。

トヨタは円相場が1ドル=75円まで上昇した場合でも、コスト構造の改善で利益を確保する態勢を整えると、新美篤志副社長の話として米紙ウォールストリート・ジャーナル(オンライン版)が伝え、広報担当の橋本史織氏が6日、報道内容を確認した。

トヨタの最近の株価は7月8日に3480円まで上昇した後、下落傾向となり、10月5日には2511円まで下落した。この報道後、協豊会のメンバー、トヨタ紡織の株価が急落し、一時は前日比6.8%安の980円となったほか、アイシン精機も一時は同4.9%安の2323円となった。

(2011年10月07日 ブルームバーグ)

 マジキチ。

 半額とか、そんなもん企業努力だの何だので何とか出来るようなレベルでは無い訳で、ようするに、俺様の為にお前らみんな氏ね、という事以外の何物でも無い。

 つか、教えて欲しい訳なんだが、ここまでして、手前ら以外の全てを足蹴にして唾を吐きかけてまで付けなければならない国際競争力って何なんだろうかね。

 それは、本当に必要なものなのか?

 言っておくけれど、どうせ、ここまでやったところで、インドのタタモーターズや厨獄の第一汽車は勿論の事、バ姦酷のヒュンダイにだって「価格」では全く適わんよ。

 つか、そんな連中と小競り合いしている事自体、それ自体が恥ずかしい事だとは思わんのかね?

 国民の生活水準も、物価も、そして何より技術力も天と地ほど違う相手と競い合うとか、普通に考えてあり得んよ。

 競い合うんなら、欧米の自動車企業相手に、どちらが勝れた、ユーザビリティと技術力に溢れた、人類の夢が詰まったクルマを造れるか、で勝負すべきだろうに。

 もっとも、トヨタを始めとする日本の自動車害社よりはマシであるものの、最近は、欧米の自動車害社もそんな真っ当な目標は持っておらず、目前の銭を顔を真っ赤にして追い掛けているだけだが。

 結局、グローバリズムなどという不毛な幻想、その幻想をさも現実っぽく見せ掛ける厨獄という絡繰、全ての元凶はそこにあるんだと思う。

 人類は、早くこの不毛な共同幻想から抜け出さないといけない。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

トヨタの闇 (ちくま文庫 わ 9-1)
渡邉 正裕 林 克明
筑摩書房
売り上げランキング: 319770

新装増補版 自動車絶望工場 (講談社文庫)
鎌田 慧
講談社 (2011-09-15)
売り上げランキング: 131606


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2561-1931c6bb