FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップDQN → TPPだよノブヲくん

TPPだよノブヲくん
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

「政局化」するTPP論議で置き忘れられる消費者の利益

 TPP(環太平洋パートナーシップ)への参加をめぐって、民主党内を二分する騒動が起こっている。山田正彦前農水相を座長とする「TPPを慎重に考える会」が、民主党の国会議員180名以上の署名を集めたと発表したからだ。

 民主党の議員は衆参両院あわせて407名なので、これは過半数に迫る規模だ。メンバーは非公開なので中身はわからないが、勉強会に集まったのは50人程度。小沢一郎氏や鳩山由紀夫氏などの「小鳩」グループの議員が多いが、「慎重に検討しろ」というだけで、何が問題なのかわからない。TPPには、具体的にどういう弊害があるのだろうか?

 農水省は「TPPに参加すると農業が壊滅してGDP(国内総生産)が1.6%減少する」という推計を発表したが、経産省はTPPに加入しないと2020年にはGDPが1.5%下がると発表し、内閣府はTPP参加でGDPが最大0.65%上がると推定した。

 しかし農業生産額の3割を占める野菜の関税はすでにほとんどゼロであり、穀類の中でもトウモロコシの関税はゼロで、小麦は9割以上が輸入品だ。最大の影響を受けるのは関税率778%のコメだが、世界のコメのほとんどは日本人が食べない長粒種で、日本と同じ短粒種の生産は世界市場の数%しかない。品種転換は容易ではなく、「外米は脅威ではない」というのが多くの専門家の意見である。

 そもそも農業生産のGDP比は0.9%で、それが文字どおり全滅したとしても、GDPへの影響は農水省のいう1.6%にはならない。こんな小さな問題のために多くの政治家が集まって反対運動をするのは、日本経済のためではなく自分の選挙のためだ。山田座長は、民主党の前原誠司政策調査会長に「TPPは次の選挙のあとまで待ってほしい」と条件闘争をもちかけ、「つかみ金」で解決する打開策をさぐっている。

 他方、輸出拡大で日本が大きなメリットを得るという経産省の試算も怪しい。今年8月の国際収支状況(速報)によると、日本の経常収支の黒字は4075億円で、そのうち貿易(サービスを含む)収支は6947億円の赤字だが、海外からの投資収益などを示す所得収支は1兆3539億円の黒字である。ここ10年をみても、図のように所得収支が経常収支を上回っている。日本はすでに輸出より海外子会社からの配当などのほうが大きいのだ。

 これから日本のグローバル企業が生きてゆく道は、従来のような「輸出立国」ではなく、生産拠点をアジアに移して「世界最適生産」を行なうことだ。TPPのねらいも、アジア諸国の保護貿易を改め、規制を共通化して環太平洋地域を経済統合することにある。欧州連合のような強い統合は無理だろうが、人や金の行き来が自由になれば、世界の成長エンジンになっているアジアから日本も利益を得ることができる。

 このようにTPPの産業にもたらす影響はさまざまだが、ただ一つ間違いないのは、それが消費者の利益になるということだ。たとえば7000円だったジーンズが、アジアの現地生産によって700円で輸入されたら、あなたの所得は同じでも購買力は10倍になる(それなのに繊維製品には10%の関税がかかっている)。たとえ自由化の結果がGDPベースでプラスマイナスゼロでも、消費者の利益は確実に増えるのだ。

 これを「ユニクロ型デフレ」などという人がいるが、輸入物価の低下は相対価格の変化であって貨幣的なデフレではない。むしろこうした国際競争で生き残ることにしか、日本企業の活路はない。消費者の利益にならない企業は消えるのが、資本主義のルールである。

 むしろ必要なのは、経済統合からメリットを得られるようにTPPのルールを変える交渉だ。野田首相は「11月のAPEC(アジア太平洋経済協力会議)までに結論を出す」と言っているが、党内情勢は流動的だ。ここで「党内融和」を優先して参加を見送ると、日本に不利なルールができてから参加することになる。

 いっそのことTPPの賛否で民主党が分裂し、小沢氏を中心とする反対派が自民党と合流し、自民党の賛成派が民主党に合流して、TPPを争点に総選挙をしてはどうだろうか。自由貿易への賛否は、日本経済の今後の方向をどう考えるかについての格好の試金石である。

(2011年10月13日 Newsweek)

 相変わらず、天地が逆さまになる程のど阿呆だな、ノブヲわ。

 農水省は「TPPに参加すると農業が壊滅してGDP(国内総生産)が1.6%減少する」という推計を発表したが、経産省はTPPに加入しないと2020年にはGDPが1.5%下がると発表し、内閣府はTPP参加でGDPが最大0.65%上がると推定した。

 しかし農業生産額の3割を占める野菜の関税はすでにほとんどゼロであり、穀類の中でもトウモロコシの関税はゼロで、小麦は9割以上が輸入品だ。最大の影響を受けるのは関税率778%のコメだが、世界のコメのほとんどは日本人が食べない長粒種で、日本と同じ短粒種の生産は世界市場の数%しかない。品種転換は容易ではなく、「外米は脅威ではない」というのが多くの専門家の意見である。

 そもそも農業生産のGDP比は0.9%で、それが文字どおり全滅したとしても、GDPへの影響は農水省のいう1.6%にはならない。こんな小さな問題のために多くの政治家が集まって反対運動をするのは、日本経済のためではなく自分の選挙のためだ。

 アホのノブヲたんは知らないのかも知れないが、農業ってのは農業そのものだけで成り立っている訳ではなく、例えば農業機械を作る会社、農薬や肥料を作る会社なんかがあって、農業が壊滅すると、これらの会社も一緒に潰れる事になる。

 農業生産のGDP比は0.9%でも、それらのGDP比を計算に加えると、どうだろう。

 農水省の試算でも、はっきり言ってまだ甘いと思うんだけどねえ。

 大体、問題は農業だけでは無い。

 TPPで協議される分野は、農業だけでは無く、全部で24にも上る。

 それら全ての分野において、「非関税障壁」の撤廃が要求される。

 例えば医療分野では、医療サービスの営利事業化が進み、医療の質は低下すると懸念されている。

 例えば教育分野では、学校経営に対する海外資本の参入がすすみ、私立校の教育内容は「母国尊重」から「国際化」の流れへ移行することが懸念されている。

 例えば保険分野では、混合医療解禁により、自由診療対応の保険は、海外に独占される可能性が大きく、国民皆保険制度の崩壊へ繋がりかねないと懸念されている。

 例えば金融分野では、資系金融機関の自由参入により、国民資産の海外流出が懸念されている。

 例えば政府分野では、公共事業等の自由入札により、海外企業に仕事を取られる事が懸念されている。

 これら全てを総合して考えてなお、デメリットを上回るメリットがTPPにあるのか?

 答えは無い。

 無いから、構図を「農業VS輸出」などと矮小化し、ノブヲのような御用学者に喧伝させ、アホで単純でB層なキモウヨヒキニートどもを煽って、早期に決着を付けようと必死なのだ。

 小泉カイカクのように。

 あの脳味噌ヨーグルトのキモウヨヒキニートどもは兎も角、そうでは無いきちんとした脳味噌のある日本人には思い出して欲しいのだが、小泉カイカクとやらは「既得権の破壊」を謳っていた訳だけれど、これによって日本はどうなっただろう。

 そう、確かに既得権は、「日本人の既得権」は殆ど粉々に破壊され、害死や害塵など、欲に狂った糞餓鬼どもがそこにたむろするという、実に見窄らしい光景を実現させた。

 「日本人の既得権」とは言いつつも、それは「一般の日本人」だけで、大忌業や小泉カイカクに群がっていたハイエナどもの権益は勿論守られたままだったけどね。

 TPPの構図も基本的にはこれと一緒。

 一般の日本人の権益を既得権と罵って奪い、それを害死・害塵、そして協力した大忌業と政治業者とで分け合うという、一種の略取。

 アホのノブヲたんは、
 このようにTPPの産業にもたらす影響はさまざまだが、ただ一つ間違いないのは、それが消費者の利益になるということだ。たとえば7000円だったジーンズが、アジアの現地生産によって700円で輸入されたら、あなたの所得は同じでも購買力は10倍になる(それなのに繊維製品には10%の関税がかかっている)。たとえ自由化の結果がGDPベースでプラスマイナスゼロでも、消費者の利益は確実に増えるのだ。

 これを「ユニクロ型デフレ」などという人がいるが、輸入物価の低下は相対価格の変化であって貨幣的なデフレではない。むしろこうした国際競争で生き残ることにしか、日本企業の活路はない。消費者の利益にならない企業は消えるのが、資本主義のルールである。

などと世迷い言とほざいているが、勿論、こうはならない。

 まず、「あなたの所得は同じでも購買力は10倍になる」の部分だが、安い輸入品が増えればその分だけ国内生産が失われる訳で、そうなれば、当然、その分だけ雇用が失われ、「所得は同じ」などという状況はあり得ない。

 ノブヲたんが例に挙げている衣料品分野の雇用が失われるだけでもとんでもないのに、同じ事がその他様々な業種で起これば、物価が10分の1になっても、下手すれば所得はそれを下回る羽目になる。

 全員が全員、今の10分の1以下の所得になならないかも知れないが、増大する失業者も含めた日本人全体の所得、購買力がそれくらい下がる事は、十分にあり得る話だ。

 「あなたの所得は同じでも購買力は10倍になる」などというのは、世の中を一次元的にしか見られない阿呆の寝言でしかない。

 こんな阿呆の阿呆による阿呆の為の阿呆な仕組みを導入など、絶対にしてはいけない。

 TPPの先にあるのは、小泉カイカク以上の激痛にのたうち回り、苦しみながら死んでいく未来だけだ。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

TPP亡国論 (集英社新書)
中野 剛志
集英社 (2011-03-17)
売り上げランキング: 559

TPPが日本を壊す (扶桑社新書)
廣宮 孝信
扶桑社
売り上げランキング: 2377


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2566-dc60b259