FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 己に打ち克つことこそ、最大の勝利である

己に打ち克つことこそ、最大の勝利である
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 拉致事件の実行犯が、貧しさから日本に密航して来た、在日朝鮮人辛光洙という忘恩の徒であるである事は、とっくの昔から判明していた事であり、本来ならばもっと早くに、この外道を国際指名手配していて然りであると考えられるものです。

 にも関わらず、この悪党を放置し続けてきたのは、明らかに日本政府の怠慢であり、拉致問題が一向に進展を見ない事も、日本政府のこうした態度に根本的な原因があると見るのは、妥当なものであると言えるでしょう。

原さん拉致 きょう警視庁、辛容疑者らに逮捕状 田口さんにも関与か

 大阪市の中華料理店員、原敕晁(ただあき)さん=当時(43)=が北朝鮮に拉致された事件で、警視庁公安部は二十四日、国外移送目的拐取容疑で辛光洙容疑者(76)=地村保志さん夫妻拉致などで国際手配=ら元工作員二人の逮捕状を請求する。田口八重子さん=同(22)=拉致にも辛容疑者が関与した疑いがあることが新たに判明。公安部は国際刑事警察機構(ICPO)を通じて辛容疑者らを国際手配後、田口さん事件の全容解明に乗り出す方針を固めた。

 ほかに逮捕状が請求されるのは、辛容疑者の補助工作員として韓国で国家保安法違反の共犯の罪に問われた元服役囚(78)=済州島在住。

 調べでは、辛容疑者ら二人は、昭和五十五年六月、原さんに「転職先を紹介する」ともちかけ、面接名目で宮崎県の青島海岸まで誘い出し、ゴムボートや工作船に乗せて北に拉致した疑い。

 一方、田口さんは五十三年六月に拉致された。勤務先の東京・池袋の飲食店で知り合った「宮本明」を名乗る李京雨工作員に「温泉に行こう」と誘い出されたとされる。

 北では「李恩恵」の名で大韓航空機爆破事件の実行犯、金賢姫元死刑囚に日本語を教えていた。

 蓮池薫さん夫妻拉致では、実行犯の「朴」ことチェ・スンチョル容疑者が、北で蓮池さん夫妻の世話係をするなど、拉致実行から生活の面倒まで一貫して関係していたことが蓮池さんらの証言で判明。田口さんは辛容疑者が拉致した原さんと結婚したとされ、辛容疑者が田口さんと原さんの二人についても、拉致から一貫して関係していた疑いが浮上した。

 捜査の結果、辛容疑者の別の補助工作員が、田口さんの勤めていた飲食店に客として出入りしていた上、李工作員とも面識があったことが新たに分かり、公安部は多くの日本人拉致を実行していた辛容疑者が、田口さん事件にも関与した疑いがあるとみて、捜査を本格化させる。

(2006年04月24日 産経新聞)


 このクソ野郎が韓国当局に逮捕されていた時、日本政府が引き渡しを要求していれば、或いはこの拉致問題は今頃には解決を見ていたかも知れないと思うのは、私だけでは無いものと思います。

 それどころか、この蛆虫の釈放を嘆願する署名を作り、基地外・盧武鉉に送っていたという事実があるのですから、本当に怒りがおさまらないというものです。

 土井たか子工作員管直人工作員を始めとする自称リベラル売国議員たちによる倫理も正義も無い行為には、心の底より怒りを感じるものであり、彼奴等国賊どもに極刑が下る事の無いこの国の法体系には、本当に疑問を感じざるを得ないものです。

 しかし遅きに失したとは言え、漸くこの外道に裁きを下す為に動き始めた事は、一国民として素直に喜ばしい事であると感じています。

 めでたくこの梅毒を捕獲した暁には、是非とも例の釈放嘆願書を証拠として、土井たか子工作員管直人工作員を始めとする国賊どもにも、然るべき裁きが下されれば、より好ましいものと思います。

 しかしここへ来て急速に解明に向かいつつある拉致事件ですが、それでも拉致被害者のご家族の年齢などを考慮に入れると、残された時間はそれ程無いと言わざるを得ず、更なる操作のスピードアップが望まれる事は言うまでもありません。

 世間の冷たい対応や、政府の突き放し、土井たか子工作員率いる社民党(旧社会党)の朝鮮労働党への密告行為にもめげず、拉致被害者を救済する為に尽力されてきたご家族の為にも、一刻も早い事件の解決が望まれます。

 それはこれまでこの事件を放置してきた日本政府は言わずもかな、如何に情報が少なかったとは言え、あまりに関心を示さなかった日本国民の責務であると言えるでしょう。

 そしてまた、如何に急速な進展を見せているとは言え、これらは米国主導の下に進んできている事は明らかです。

 拉致されたのは我が国の同胞であり、拉致事件日本主権問題である以上、やはりこの事件の解明の主導は日本が取るべきであると思えます。

 そうしなければ、例えこの拉致事件が解決したとしても、第二・第三の類似事件が起こり得る可能性は大のままで放置される事となるであろう事は目に見えていると言えるものです。

 二度とこの様な事件を起こさぬ為にも、解決した後も拉致事件というものを風化させぬ為にも、例え今からでも日本米国に成り代わり、この事件の究明の主導を取らねばならないと言えるでしょう。

 そうして日本主導の下で、この拉致事件を解決させた時初めて、この事件の解決にこれ程の時間を掛けてしまう事を許してきた我々の、拉致被害者とそのご家族への贖罪の第一歩が踏み出されるものであると考えます。

人気blogランキングへ←人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←にほんブログ村 政治ブログへ

拉致―北朝鮮の国家犯罪
高世 仁
講談社 (2002/09)
売り上げランキング: 53,196
おすすめ度の平均: 4.5
4 拉致事件の全貌がわかりやすくまとめられている
5 北朝鮮拉致問題について

拉致家族との6年戦争―敵は日本にもいた!
西岡 力
扶桑社 (2002/12)
売り上げランキング: 395,783
おすすめ度の平均: 4
4 今更拉致問題について確認しておくべきこと
4 日本もしぶとい交渉術が必要
4 別の視点で


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
Eメールで!好きな時間に、自分のペースで英語学習が可能♪

    
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/258-f398d444
「辛光洙容疑者に原さん拉致容疑で逮捕状、国際手配へ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2006...