FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 破壊王

破壊王
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

橋下氏の握手、おばちゃん拒否…大阪市長選

 40年ぶりのダブル選となる大阪市長選、府知事選(27日投開票)は20日、ラストサンデーを迎え、各候補が街頭で懸命に支持を訴えた。市長選に出馬した橋下徹・前大阪府知事(42)は、60代とみられる女性に握手を拒否されるなど、中高齢層からの反発を受ける一方で、若年層の票の掘り起こしに必死。対する現職・平松邦夫氏(63)には、精神科医・香山リカ氏(51)が応援に駆け付け、橋下氏の“心の弱さ”を指摘した。

 大阪・京橋の商店街。橋下氏が露骨なアンチ支持者に遭遇した。60代とみられる女性が「私らの年代は平松さん。もう平松さんと(府知事候補の)倉田(薫)さんに投票した」と、わざわざ理由を口にして握手を拒絶した。橋下氏は「…どうぞ応援してあげて下さい」と動揺を押し隠し、すぐ隣にいた30代男性に目線を変えたが、民主、自民、共産の包囲網で、高齢層での苦戦が伝えられるだけに、象徴的なシーンだった。

 高齢層にウケがよくないのには隠れた“理由”がある。橋下氏は市長選に当選した場合、改革の一環として、70歳以上の高齢者が市営地下鉄・バスに無料で乗れる「敬老優待乗車証(敬老パス)」を廃止する、との情報に悩まされている。敬老パスは敵対する平松陣営も見直しを進めており、橋下陣営は「敬老パスは廃止しません。デマに注意」とビラなどでアピール。しかし、「橋下=改革=廃止」のイメージを払拭できないのが現状だ。

 橋下氏が本腰を入れるのが、若年層の掘り起こし。日曜日とあって、北大阪一の繁華街・梅田では若者が集う2か所を演説場所に選び、若者を前に「相手は組織票。今は完全に負けてます」と“泣き”の表情。「20代、30代、40代の方に選挙に行ってほしいから、大きなイベントになるダブル選を仕掛けた。橋下に投票したくないなら白票でもいい。みんなで選挙に行こうよ」と訴えた。ビラの配布にも大学生を動員。同年代の運動員の力で、若者の浮動票を集める考えだ。

 高齢層の反応とは違い、車道にはみ出して握手を求める若者も多かったが、票になるのは大阪市に住む住民だけ。府知事選とは違う戦いに、悩まされている。

(2011年11月21日 スポーツ報知)

 この男の、何が卑怯で賤しいかって、直ぐに、こうやって物事、問題を矮小化し、架空の敵を作り上げて自分を正当化するところ。

 老人=既得権益者=カイカクの敵、という絵図を描き、世代間闘争を無駄に煽り、物事、問題の本質を見えなく、見え難くさせる。

 公務員叩きにしてもそう。

 分り易い敵を作り出し、その対象を攻撃する事によって、自らを正義の味方であるかのように見せる手法。

 それに異常に長けているだけ。

 それ以外の部分は、基本的に適当そのもの。

 赤字を脱却した、などと信者とカスゴミが大騒ぎしていたのは記憶に新しいと思うが、あれだって、単に公共事業を始めとした「必要な歳出」を限界まで削り、行政としての役目を半ば放棄して出しただけの結果に過ぎない。

 あんなやり方でOKなら、その辺のオッサンにだって出来る。

 だって、行政としてやらなくてはならい事も、「歳出削減」と御題目を唱えながら無視し続ければいいのだから。

参考資料:橋の下乞食大酋長様のやってきた事

◇地震関連11事業を6割カット
◇密集住宅市外地整備補助金を大幅削減
◇教育関連費を大幅削減
◇福祉・医療関連費も大幅カット
◇全国に先駆けて国保「広域化」を画策
◇住宅施策を改悪
◇環境農林水産総合研究所・産業技術総合研究所を独立行政法人化
◇中小企業対策費を削減
◇農業費を削減
◇水産業費を削減


 しかも、赤字は脱却したものの、府債は増加していた、というオマケ付き。

全国で25兆円 膨れあがる“臨時借入金”

 総務省交付税課によると、全国の都道府県や市町村が、国から配分される地方交付税の不足額を補うために発行している臨時財政対策債(臨財債)は「特例」として平成13年度に始まり、以降、年1・4兆~7・7兆円の発行が続いてきた。「将来の税収の先取り」(大阪府)との批判もあるなか、21年度の残高は、25兆3653億円にまで膨れあがっている。

 人件費や公共事業の削減など、行財政改革を進めてきた大阪府も、臨財債などを除いた借金残高は14年以降減少。しかし、あくまで特例であったはずの臨財債が恒常化し、府債全体でみるとついに6兆円を初めて突破する事態になった。

 こうした異常な状況は、大阪市の平松邦夫市長が「市債残高は減っているが、府債は増えている」と橋下徹知事の財政運営の手腕に疑問を投げかけ、橋下知事が府のホームページで反論するなど、両者の論争の火種にもなってきた。

 橋下知事は5日、「自治体のマネジメントで負債を減らしても、臨財債を割り当てられたら元も子もない」と述べたうえで、「本来は国から現金でもらえる分を一時的にでも地方が借金しなければならない制度。国のシステムを抜本的に改めないと、地方の負債はどんどん増え続ける」と危機感をあらわにした。

(2011年08月06日 産経新聞)

 この男のカイカクに先にあるのは、破壊と絶望だけ。

 この男の政治はスクラップ&スクラップ。

 物事の本質も考えず、分り易い敵、公務員だの高齢者層だのを攻撃しているだけで、世の中が良くなる訳が無い。

 大阪市民には、一刻も早くそれに気付いて欲しい。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

橋下「大阪改革」の正体
一ノ宮 美成 グループ・K21
講談社
売り上げランキング: 237510



PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
赤字脱却もなにも、決算時期に「オーバーナイト」借り入れによる粉飾決算をして黒字を装いました。→http://ameblo.jp/kumadayo1973/entry-10453785590.html

未だに、この虚飾の黒字化神話をマスコミは広めるばかりで突っ込まないので皆誤解したままですね・・・。
2011/11/25(金) | URL | ななし #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2608-a2e39732