FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 国際公約(笑)2

国際公約(笑)2
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

CO2、25%削減撤回へ 政府、現実的な目標提示

 政府は、2020年までに温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減するとした現在の目標を下方修正する作業に本格的に着手する。東京電力福島第1原子力発電所事故を受けたエネルギー政策の見直しで、発電中に二酸化炭素(CO2)を排出しない原発の推進が困難になったためで、現実的な目標を提示する方針だ。

 昨年末の国連気候変動枠組み条約第17回締約国会議(COP17)では、12年に期限を迎える京都議定書の延長が決まったが、日本は削減義務を負うことを拒否する方針。自主的な削減努力を進めると同時に、今後本格化する延長後の「ポスト京都」の枠組み議論で主導的な役割を果たす上でも、目標の撤回が不可欠と判断した。

 日本は、09年に鳩山由紀夫元首相が国連での演説で25%削減目標を表明し国際公約とした。しかし昨年3月の福島第1原発事故を受け、政府は「脱原発依存」へと方針を転換し、目標達成の大前提が崩れた。政府は今月30日に開く中央環境審議会地球環境部会で、削減目標の妥当性についての議論を本格化させる。適正な電源構成などを示すエネルギー基本計画の見直しと並行して進め、来夏に策定する「革新的エネルギー・環境戦略」に反映させる。

 新目標とともに30年時点の排出量の見通しも示すほか、目標達成のための方策も示す考えだ。

 脱原発依存に伴う火力発電の増加による排出量の増大を、太陽光や風力などの再生可能エネルギーの上積みや節電推進などでカバーし、どれだけ排出量を削減できるかが焦点となる。

 日本は13年以降、延長された京都議定書に基づく削減義務を拒否するが、「画餅」となった目標を掲げたままでは、自主的な削減努力の障害になりかねない。25%削減には産業界の反発も根強く、官民一体の取り組みを進めるためにも見直しが急務となっている。

 また、新たな枠組みについて議論する作業部会も6月までに設置される予定。

(2012年01月06日 産経新聞)

 まあ、昨日のエントリーにも書いたように、「国際公約」なんて、単なる「内政干渉」と、それにNOが言えない無能政府、というだけの事だから、撤回しようが何しようが、ペナルティがある訳でも何でも無い。

 どんな事をやるにしても、それを害国から強要される筋合なんざ、全く無いのだ。

 だから、共謀罪も消費税増税も均衡財政もTPPも、アホの政治屋が何処の国と国際公約(笑)とやらを結んで来ようが、日本国の主権者たる日本国民がNOと言えばそれでお仕舞いなのだよ、本来は。

 それを、アホで気狂いのカスゴミが、まるで条約違反と同レベルでもあるかのように大騒ぎをするから、話はややこしくなる。

 もっとも、やる必要もない出来もしない事を軽軽しく害国と約束してくるような阿呆どもには大いに問題がある訳で、ぽっぽを始めとする口も頭も軽いカスどもには、厳罰を与える必要があるがね。

 これによって、もし、害国との間に諍いが起こるのならば、その原因を作った阿呆、ぽっぽとその不愉快な仲魔達は、外患誘致の罪で死罪にすべき。

 それ以上の責任など、日本国と日本国民には存在しない。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

二酸化炭素温暖化説の崩壊 (集英社新書)
広瀬 隆
集英社 (2010-07-16)
売り上げランキング: 15069



PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2652-4f99c111