FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 人間を信頼(笑)

人間を信頼(笑)
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

強まる解散風 自民元職、民主現職それぞれの苦悩

政権を取ったときとは違う…

 元日午後2時、民主党の玉木雄一郎衆院議員(42)=香川2区=は初詣客でにぎわう与田寺(香川県東かがわ市)の前で、ビールケースに立って街頭演説を始めた。

 「明けましておめでとうございます。玉木雄一郎です」

 寒さでかじかむ手を握りしめながら、何度も深々と頭を下げて演説を続けた。

 「身を削る改革をしなければ増税のご理解はいただけません!」

 国会議員定数と国家公務員給与の削減や、事業仕分けで取り組んだ特別会計の改革の実現を訴えた。

 与田寺での「元日街頭」は、初出馬・落選した翌年の平成18年からの行事だ。保守層が多い香川県で民主党として生き残るためだという。財務省出身で政策通というプライドは、選挙では役に立たない。

 玉木氏によると、最初の年はほとんどの客が素通りした。衆院選で初当選してからは、「仕分け人」を務めたこともあって知名度が浸透、立ち止まって耳を傾ける人も増えた。

 ただ、今年の客の反応は厳しい。

 「子ども手当はどうした?」「マニフェスト(政権公約)は変えるなよ。約束だろ!」

 玉木氏を支援すると公言する男性(64)も「民主党がマニフェスト実現に全力で取り組む姿勢をみせれば選挙も有利になるだろうが」と、民主党で選挙に臨むデメリットを指摘する。

 「政権を取ったときとは違う…」

 玉木氏も、民主党への逆風をひしひしと感じていることを認めたが、同時にこうも強調した。

 「だからこそ、人間関係を作るのが大事で、地元回りは大事なんだ。人間を信頼してもらうだけだ」

 2日と3日は、選挙区内にあるスーパーや病院近くの歩道にビールケースを置き、自動車で行き来する有権者に政策と支援を訴えた。昼食は移動の車中でとり、妻の手作りおにぎり2つでしのいだ。

(2012年01月09日 産経新聞)

 マニフェストの真逆の事を、解散選挙という審判も受けずに強行しようとしている詐欺師の人間を、どうすれば信頼出来るというのか、是非とも教えて欲しい限りだ。

 如何にも「苦労してます」という風に書かれているけれど、それら全て、原因は自分達自身にあるという事を、少しは理解しているのだろうかね。

 まあ、してないから「人間を信頼してもらうだけだ(キリッ」とかアホな事を言っていられるんだろうけどね。

 反省もしていなければ、何が悪かったのか理解すらしていない。

 適当な事を言って民衆を騙し、その嘘がばれても「地元(の有力者)回り」で責任を有耶無耶にして逃げ回り、事なきをえる。

 これがミンス党、いや、政治屋の平均レベルなんだろうな、残念ながら。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

うそつき―うそと自己欺まんの心理学
チャールズ・V. フォード
草思社
売り上げランキング: 117228

結局、自分のことしか考えない人たち
サンディ ホチキス
草思社
売り上げランキング: 7964


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
 皆さん、今晩は。国道134号鎌倉です。

>「身を削る改革をしなければ増税のご理解はいただけません!」

 国会議員の定数削減や国家公務員の給与削減などの「身を削る改革」を行えば国民は消費税の税率引上げを受け容れてくれると思っているのなら、玉木某は有権者を舐めているのでしょうね。

 エリートや大手マスコミが描いている、「身を削る改革」をすれば消費税の税率引上げを許してくれる有権者とは、取引先からの値下げ圧力とは無縁の、大手マスコミを含めた大企業の正規従業員や資産家だけでしょう。他には、マスコミに踊らされている人や我が国の財政状況を中途半端に知っている(長期金利や国債の市場取引の現状や通貨発行権については全く知らない)人も賛成するでしょう。

 元請けからの値下げの圧力を受け続けている中小企業やその従業員、収入の少ない農民、自営業者、そして非正規従業員は、「身を削る改革」をしようがしまいが、消費税の税率引上げに反対するでしょう。玉木某の選挙区は香川2区ですから、「身を削る改革」をすれば消費税の税率引上げを受け容れてくれる恵まれた有権者はほとんどいないでしょうね。

>適当な事を言って民衆を騙し、その嘘がばれても「地元(の有力者)回り」で責任を有耶無耶にして逃げ回り、事なきをえる。
>これがミンス党、いや、政治屋の平均レベルなんだろうな、残念ながら。

 政策なき個人中心の選挙こそ、看板(知名度)と地盤(個人後援会などの組織票)の合計だけで勝負が決まってしまう、単純小選挙区制=相対的多数代表制の弊害ですよ。

 選挙制度を変えれば解決するわけではありませんが、相対的多数代表制の選挙制度を変えなければ改善されないのも事実でしょう。
2012/01/10(火) | URL | 国道134号鎌倉 #V7LqRRsc[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2656-e244218b