FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 我々は人間だった。それは戦う者だということを意味している

我々は人間だった。それは戦う者だということを意味している
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 拉致北朝鮮というテロ国家による国家犯罪ではありますが、拉致されたのが日本人である以上、日本の手によって救い出す事が本来ならば正道であるという考えは今でも変わりはしませんが、最早小泉政権が、任期が終わるまでの求心力維持以外の事には興味がさして無いのは明白で頼りにはならない以上、非常に情けない事ではありますが、この事件の解決には米国の力を頼らざるを得ないというのが現状の様です。

 この問題の解決の突破口を開いたという意味においては、小泉首相の功績も多少は認められはするものですが、その後の「対話と圧力」などと吹聴しながらも、一向に圧力という手段を講じなかった手法には、やはり苛立ちを禁じざるを得ないものであり、もし仮に小泉首相及び日本政府が、もう少し早く圧力強化に踏み切っていれば、横田早紀江さんがわざわざ米国くんだりまで出向く様な事をしなくとも、この問題は解決し得たはずのものと言えるでしょう。

横田さん拉致解決訴え、ブッシュ大統領が協力約束

 【ワシントン=石間俊充】北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさん(当時13歳)の母親、早紀江さん(70)と、めぐみさんの弟、拓也さん(37)は28日午前11時(日本時間29日午前0時)すぎからブッシュ米大統領とホワイトハウスの大統領執務室で面会した。

 大統領は「米国は人権を尊重し、自由社会を実現することを強く保証する」と述べ、拉致問題解決への協力を約束した。

 被害者家族は今回の大統領面会を事態打開への大きな一歩と位置づけており、米国の支援を受けることで拉致問題解決に向け北朝鮮に対する国際圧力がいっそう高まるのは確実とみられる。

 ブッシュ大統領が首脳以外の日本人と面会するのは極めて異例。大統領は北朝鮮からの脱出住民(脱北者)家族らとともに約30分面会した早紀江さんらに対して「きょうはこれまでに最も心を動かされた会談だった」と述べるとともに、「信じがたいのは北朝鮮が国家として拉致を許したことだ。国際社会から尊敬を得たいのなら、人権を尊重することだ」と、北朝鮮を激しく非難した。

 早紀江さんはブッシュ大統領に、拉致実態や、大統領と米国民への感謝の念をつづった英文の手紙をめぐみさんら被害者の写真とともに手渡した。また、面会では丸テーブルに悲しげなめぐみさんの写真が置かれた。また、中国・瀋陽の日本総領事館に駆け込んだキム・ハンミちゃん(6)ら脱北者も面会に加わったほか、加藤良三・駐米大使も同席した。

 めぐみさんを巡っては、結婚していた男性がDNA鑑定の結果、韓国人拉致被害者の金英男さんである可能性が極めて高いことが4月中旬に判明。早紀江さんが金さんの母親に会うため5月訪韓を検討するなど、日韓両国の間で拉致問題への連携した取り組みが始まっている。今回のブッシュ大統領と横田さん母子の面会で、日韓に米国も加わった協力関係が構築される可能性もあり、日本国内での拉致問題の活動にも新たに弾みがつきそうだ。

 早紀江さんら被害家族は24日のワシントン入り以来、イングランド国防副長官やヘンリー・ハイド下院国際関係委員会委員長など米政府、議会関係者らと精力的に面会、27日には早紀江さんが下院公聴会で証言して米国民に拉致の実態を強く訴えた。

(2006年4月29日1時52分 読売新聞)


 この問題をここまで複雑化させたのは、被害者家族の懸命の活動を阻害し続けてきた社民・共産両党の人非人、被害者家族の悲痛な叫びを無視し続けてきた政府・自民党は無論の事、この問題に強い関心を示さなかった、我々一般の国民にも深い責任があるものと思います。

 そしてこの問題が発覚し、北の豚将軍が事実を認めてからも、まだ呑気に構えてきた日本国、そして我々日本国民が、横田さんがわざわざ米国に出向いてまで訴えなくてはならない状況を作り出したと言い得るものです。

 の一字を恐れてか、日朝国交正常化を成し遂げたという名誉が欲しくてかは分かりかねますが、ここまで日和見を決め込んできた小泉首相の罪の深さは何を言わんやというものですが、同時にもっと強く圧力強化を叫んでこなかった我々国民の責任も十分に深いものであります。

 我々は拉致被害者、そしてそのご家族の悲しみをこれ以上深いものにせぬ為にも、戦争すら辞さない強い覚悟と信念を持ち、邪悪で卑劣な北朝鮮に、立ち向かっていかなければならない義務があると言えるものです。

 無論、有事法制すらきちんと整っていない我が国が、核兵器を有する北朝鮮に立ち向かうにあたって、米国の力を借りなければどうしようもない事は言うまでもありませんが、例えそうであるにしても、今までの様に米国に追従する形を取るのでは無く、日本が率先して北朝鮮を糾弾する形を取っていかなければ、我々日本人は、拉致被害者やそのご家族に対して申し訳というものがまったく立たないものであります。

 これ以上、被害者家族の方々にだけ痛みを押し付けて日和見をしていれば、我々は日本人としての誇りも品格も何もかもを、全て失うだけでなく、拉致被害者やそのご家族に対して、永久に償う事の出来ない罪を背負ってしまう事になると言えるでしょう。

 この問題は最早、国家のプライドや民族のプライドの問題では無く、我々が人間らしい人間である為に、絶対に避けて通れない、「人間の尊厳」を賭けた戦いであると言えるものです。

 もし仮に、事此処に至って尚、日和見を続ける様な事をすれば、残念ながら日本は最早、人間による人間の為の国家では無く、人間の形をしたロボットによる国家モドキに落ちぶれてしまったと言わざるを得ないものです。

 国家国民の代表である以上、我々は国家の日和見を糾弾するだけでは無く、自らの手を以って国家を突き動かし、この拉致問題という日本が抱える最重要課題を解決せねばなりません。

 我々日本国民は、今こそ覚悟を決め、立ち上がらねばならない時であると言えます。

人気blogランキングへ←人気blogランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←にほんブログ村 政治ブログへ


祈り―北朝鮮・拉致の真相
新潟日報社特別取材班
講談社 (2004/10)
売り上げランキング: 254,917
おすすめ度の平均: 5
5 一人一人の親の切なる思いを、、


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
ポイント天使☆ミ⇒全プレ2000円♪

  
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
早紀江さん凄い女!
ジョージブッシュとならんでも見劣りしないなあ。
早紀江「ブッシュ大統領、北朝のキムジョンイルを首ねっこ押さえて、我が娘を助けてちょうだい」
ブッシュ「なるほど、小泉だけじゃあ役にたたないからか」
早紀江「あかんわ、小泉の方は。なんともならないからジョージブッシュ貴方に頼むわけです」
ブッシュ「で、条件はなんだね?」
早紀江「?」
2006/04/29(土) | URL | 松田泰英 #-[ 編集]
彼女は、社民・共産の国賊どもや朝鮮総連の執拗な嫌がらせにも負ける事無く、今まで戦い抜いてきた尊敬に値する女性です。

寧ろ、彼女と並ぶ事で、米国政府という威光が無ければ、ただのチンピラヤクザに過ぎないブッシュ大統領が見劣りするというものでしょう。
2006/04/29(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/268-b726b21a
今日(4/28)は日本人としてやりきれなく、また、凄く恥ずかしい思いをした。
2006/04/29(土) | 星空の下で