FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → センチメンタルジャーニー

センチメンタルジャーニー
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

石原慎太郎 原発に関するセンチメントの愚

 人間はさまざまな内的な衝動によって行動を起こす。内的な衝動には高尚な理念理想もあり、友情、忠誠、責任等々世俗な義理もあり、オウム真理教の信徒たちを駆り立てた信仰に根差した狂気まである。

 これは他の動物たちにはあり得ぬことで、動物のとる行動は飢餓や恐怖、あるいは自衛の本能に駆られたもので人間のような理念を踏まえてのさまざまな行動などはありえない。しかしそれをもって人間の動物としての優位を誇る訳にはいきそうもない。

 人間の理念理想なるものが価値あるものとして許容される範囲には当然限りがある。オウム信者の狂気は社会的には理念としてとても許容され得ないし、キリスト教での魔女狩りなども同断だろう。それらが表出しての行為は理性をはみだし奇矯で独善排他的で時には有害でもある。しかしなお当事者たちはそれがある種の理念に依(よ)るものゆえに、理の通ったものと確信してやまない。この種の逸脱は大小こと欠かないが、それが淘汰されない訳は、それらの逸脱が人間だけに共通な情念(センチメント)に依るものだからに他ならない。

 そしてこのセンチメントほど実は厄介なものはない。それは理性をも超えて優に人間を左右してしまう。その最たる現象は恋愛で、一旦誰かに強く惚れてしまうとある場合には見境がつかなくなる。あんな相手と一緒になったら酷い目にあうぞとはたがいくら忠告しても、ある場合には聞く耳持たずに突き進み人生の破綻をも招いてしまう。

(中略)


 人間の進化進歩は他の動物は及ばない人間のみによるさまざまな技術の開発改良によってもたらされた。その過程で失敗もありその超克があった。それは文明の原理で原子力もそれを証すものだ。そもそも太陽系宇宙にあっては地球を含む生命体は太陽の与える放射線によっても育まれてきたのだ。それを人為的に活用する術を人間は編み出してきた。その成果を一度の事故で否定し放棄していいのか、そうした行為は「人間が進歩することによって文明を築いてきたという近代の考え方を否定するものだ。人間が猿に戻ると言うこと-」と吉本隆明氏も指摘している。

 人間だけが持つ英知の所産である原子力の活用を一度の事故で否定するのは、一見理念的なことに見えるが実はひ弱なセンチメントに駆られた野蛮な行為でしかありはしない。

 日本と並んで原子力の活用で他に抜きんじているフランスと比べれば、世界最大の火山脈の上にあるというどの国に比べてももろく危険な日本の国土の地勢学的条件を斟酌せずにことを進めてきた原発当事者たちの杜撰(ずさん)さこそが欠陥であって、それをもって原子力そのものを否定してしまうのは無知に近い野蛮なものでしかありはしない。

 豊かな生活を支えるエネルギー量に関する確たる計量も代案もなしに、人知の所産を頭から否定してかかる姿勢は社会全体にとって危険なものでしかない。

(2012年02月10日 産経新聞)

 別にね、世の中の人の大半以上は、原子力という技術そのものに徹頭徹尾反対な訳じゃなくてね、その安全な運用というものが出来ているのかどうかという事に疑問を抱き、物申しているだけなのよね。

 勿論、原発というもの自体に反対の人だって多数いるけれど、そんな意見だって、監視とでも言うべきか、先端技術を事故を起こす事無く運用し続ける為には、必要な存在だったりする。

 だから、原発、原子力を推進する意見を持つ人が居たって、それはそれで構わない訳ではある訳だが、この老害のアタマのおかしいところは、こういう「センチメント」とかいう言葉で、手前の意に沿わないものは全て切り捨てて無き者にしようとするところ。

 そういう、反対意見も受け付けない、凝り固まった俺様思想こそが、先の事故の一番の原因なんじゃないのか?

 頭狂電力や原子力安全委員会の糞爺どもが、反対の意見にもきちんと耳を傾け、細部に至るまで徹底的に安全に配慮し、万が一、億が一の可能性も考慮しながら原発の運営にあたっていれば、事故は起きなかった可能性は大きいのではないのか?

 お前のように無駄に石頭な腐れ脳味噌ジジイさえいなければ、犠牲は最小限に出来たんじゃないのか?

 真面目に、真剣に、心の底からそう思う。

 原発を停止するにしても、運用を続けるにしても、一方的に相手の意見を「センチメント」だなどと切り捨てるのでは無く、全ての意見が、完全に出尽くした上で、それを元に皆で脳味噌が炎上するまで考えて考えて考え抜いて、その上で結論を出すべきだろう。

 今日の石原家の晩飯のおかずならば、お前の一声で決めて貰って全然結構な話な訳だが、これは、そんな小さな次元の問題では無く、日本という国の未来と、多くの日本人の生命と安全に関る重大な問題だ。

 どんな些末な意見であろうと、「センチメント」だなどと一言で切り捨ててはいけない。

 珍太郎くんが、経済的な観点から原発、原子力の推進に賛成だというのであれば、反対意見を「センチメント」だなどと一言で切り捨てるのではなく、それを論理立てて語れば良い。

 それをしないのは、結局、自分の意見に自信がないとしか思えんのだけどね。

 まあ、どうしても反対意見など、ただの「センチメントの愚」だと言い張るのであれば、まずは、東京に、それも、都庁か石原家の隣にでも原発を誘致してみせればいい。

 そこまでやるんなら、老害は老害でも一本筋の通った尊敬すべき老害だと認めてやるよ。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

原発労働記 (講談社文庫)
堀江 邦夫
講談社 (2011-05-13)
売り上げランキング: 118133



PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2690-f14c1bc1