FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → カイカクの果て

カイカクの果て
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

国家公務員新規採用4割減 「若者いじめ」批判相次ぐ

政府の行政改革実行本部は2012年3月6日の会合で、13年度の国家公務員の新規採用数を、政権交代前の09年度と比べて4割以上削減する方針を決めた。

消費税増税を柱とする社会保障と税の一体改革を押し進める上で、「政治と行政の『身を切る姿勢』」を強調することが狙いとみられる。人件費の高い中高年は手つかずのため、「若者いじめ」だとの声もあがっている。
「民間でも業績が悪ければ、まず採用を抑制するのは普通」

自公政権時代の09年度の新規採用は約8500人で、民主党政権下では11年度に09年比37%減の約5300人、12年度は震災の影響で削減幅が若干少なくなり、同26%減の約6300人。今回の4割削減の方針を実行すると、13年度の人数は約5000人になる見通し。採用スケジュールの関係から、3月中にも採用計画を決定したい考えだ。

岡田克也副総理は3月6日閣議後の囲み取材で、

「公務員の場合は一定の身分保障がありますから、途中で辞めていただくということがより難しいので、やっぱり採用で抑えるしかない」
「大胆に、少し乱暴にやらせていただく」

と、削減に向けた意気込みを披露した。この採用抑制の目的のひとつが、民主党が政権交代を果たして09年衆院選のマニフェストで掲げた「国家公務員の総人件費2割削減」を実現することにある。だが、今回の方針では、いわば若者3500人分の雇用が失われる形で、午後の岡田氏の会見では、この点に集中した。

例えば、記者からは、

「新規採用を減らすというのは、若い人の雇用を減らすこと。中高年をカットして若年層を守るという考え方もあるのでは?」

という声もあがったが、

「公務員の削減は難しい。民間でも業績が悪ければ、まず採用を抑制するのは普通」

と、午前と同様の内容を答弁。また、採用抑制の狙いは「総人件費の抑制」だとしながらも、抑制による削減効果は「計算していない」という。

高年齢層の削減策は「結論を申し上げるのは早い」

また、

「より給与水準が高い高齢層に対して希望退職を募ったりはしないのか」

との声もあったが、岡田氏は

「問題意識は持っている。色々な議論をしているので、結論を申し上げるのは早い」

と、現時点では具体的な対応策は明らかにしなかった。さらに、記者から

「55歳以上の労働生産性を上げるために、何をするのか。そうでないと『若者にしわよせがいく』という批判が出る」

と念を押されると、岡田氏は

「採用抑制が若者いじめだとは全く思っていない」

と、不快そうに答えた。

(2012年03月06日 J-CAST)

 まあ、こうなるのは分り切っていた事だよね。

 国民総出で公務員叩きを行った結果、保身の鬼である公務員は自分達を守る為により強固な殻を装備し、その煽りを喰らって、雇用の総数は激減、賃金は更にデフレを起こし、景気は深い深い谷底へと垂直に落下していきましたとさ。

 めでたくなし、めでたくなし。

 真面目に聞きたいんだが、寝る間も惜しんで公務員叩きをやっていたアホくん達は、これで、この結果で満足したのかい?

 嬉しいのかい?

 楽しいのかい?

 取り敢えず、おまえらみんなたちが所望していた、公務員人件費の削減とやらは、ある程度は達成出来るだろうな。

 それ以上に、税収は大きく落ち込み、国力も大きく落ち込むけど。

 つか、マジで、何も考えないで無思慮に公務員叩きなんかやってたって、こんな結果にしかならないのは当然の話なんだよ。

 あいつらが、ゲームのボスキャラのように、倒されるために存在しているのなら、そうやって何も考えないでガンガン攻撃してればそれでいいのかも知らんけれど、あいつらだって人間、生きている人間な訳で、自分達を脅かそうとする存在には、そりゃあ抵抗だってするし、反撃だってするさ。

 今の公務員制度が無謬だとは言わない、むしろ、数多くの問題を内包しているのは間違いない訳では無いが、相手の言い分も聞かず、ただ一方的に相手を悪と断じて粛正するようなやり方で、本当に世の中を良くしていけるとでも思ってるのかい?

 そんな、単純な物じゃないんだよ、リアルの世界は。

 マンガやゲーム、あるいはハリウッドのアクション映画のような、単純でシンプルな、勧善懲悪に作られてはいないんだよ。

 「公務員制度に問題があるから、改革しませう」

 ここまではOK、理解の範疇だ。

 「だから、公務員を皆粛正しよう」

 こうなるから、橋の下乞食大酋長様やオマエラは頭がおかしい、狂ってる。

 そんな事すれば、反撃、それも決死の反撃を喰らうのは、目に見えているだろうに。

 話は変わるけれど、ノミっているよなあ………

 ちっぽけな虫けらのノミ!

 あの虫は我我巨大で頭のいい人間にところかまわず攻撃を仕掛けて戦いを挑んでくるなあ!

 巨大な敵に立ち向かうノミ………………これは『勇気』と呼べるだろうかねェ

 ノミどものは『勇気』と呼べんなあ

 それでは、『勇気』とはいったい何か!?

 『勇気』とは『怖さ』を知ることッ!『恐怖』を我が物とすることッ!

 呼吸を乱すのは『恐怖』!

 だが『恐怖』を支配した時!

 呼吸は規則正しくみだれないッ!

 人間賛歌は『勇気』の賛歌ッ!!

 人間のすばらしさは勇気のすばらしさ!!

 とツェペリさんも仰しゃっている通り、おまえら橋の下乞食大酋長様とその狂信者の行動は勇気とは呼ばん!

 ノミと同類よォーッ!

 いいか、少しだけ真面目に教えてやる。

 何かを変えたいと思うのなら、決して焦らない事だ。

 機が熟するのを、じっと堪えて待て。

 同時に、何故変えたいのか、変えなければいけないと思うのか、脳味噌がゲシュタルト崩壊を起こすまで考えて考えて考え尽くせ。

 変える事、あるいは変えずに保守する事、どちらも目的では無く手段だという事を忘れるな。

 全ての基準は民であり、その容れ物である国だ。

 そこを履き違えて、変える事、変わる事を目的と思い込んだ愚者、変えない事、変わらない事を目的と思い込んだ愚者が、橋の下乞食大酋長様や小泉チョン一郎、安倍壺三のような三流の詐欺師に引っかかり、愚民ヲドリを全力で踊る事となる。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。


診断名サイコパス―身近にひそむ異常人格者たち (ハヤカワ文庫NF)
ロバート・D. ヘア
早川書房
売り上げランキング: 12148


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
ああ、旧共産国で有名だった「人民裁判」が日本では「改革」というのですか。

ハシゲさんは人民裁判所裁判長といったところでしょうか。
2012/03/07(水) | URL | 明治 #-[ 編集]
ジャーナリストを自称する(笑)一部の人たちが、「公務員を削減したんだから、次は議員定数だ」叫び始めてますね...。今の選挙制度のまま定数を削減すると、間違いなく民主と自民の二つだけとなってしまいます。それを知って言ってるのか、知らずに言っているのか?おそらく知って言ってるんでしょうね。小政党を排除して何を狙うのか?国民はよく考える必要があります。
尤も、「みんな+維新」の連立政権、なんて化け物が誕生してもそれはそれで困るんですが...。
2012/03/07(水) | URL | 常識人 #X.Av9vec[ 編集]
>変える事、あるいは変えずに保守する事、どちらも目的では無く手段だという事を忘れるな。
>全ての基準は民であり、その容れ物である国だ。

 これがこのエントリのポイントと思いますが、こういうことを言える政治ブロガーは稀にしかいませんね。
 それを念頭に入れれば、右翼的なものだけ、左翼的なものだけでは解決不可能であるということは分かるはずですが。
 最も分かりやすい例が共産党だと思います。彼らは化石的な左翼的な形式美にこだわっていてるから、いつまでも勢力を拡大できません。それができる思考力があるのなら、軍事費を削って無駄を削って云々なんて事は言わないし、歴史問題で火を点け回るような真似はしないはずですからね。
2012/03/09(金) | URL | <丶`∀´> #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2714-1a12efb8