FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 反日売国カルトを駆逐せよ

反日売国カルトを駆逐せよ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 またぞろ日本に巣食う反日売国団体が、大陸の悪魔・中国共産党に媚び諂わんが為、頼みもしていないのにわざわざ支那くんだりまで出向いて、我が国の名誉と権益を侵してきた様です。

超党派議員団、中国の「化学兵器埋設現場」視察

 【延吉(中国東北部)=田中靖人】超党派の国会議員でつくる「日中新世紀会」(遠藤乙彦会長)は30日、中国吉林省のハルバ嶺を訪れ、旧日本軍が中国に遺棄したとされる化学兵器の埋設現場を視察した。

 ハルバ嶺には遺棄化学兵器の大部分にあたる砲弾など推定30-40万発が埋められており、発掘・回収施設と爆破処理を行う処理施設を建設することで日中両政府が合意している。

 訪中したのは遠藤氏ら6人。中国側の担当者から説明を受けた後、処理施設の建設予定地や発掘した砲弾の仮保管庫を視察した。

 視察後、議員団と面会した現地の市長は「遺棄化学兵器は市民の生命に対する脅威だ。1日でも早く排除してほしい」と要請し、遠藤氏は「早期に処理が行われるよう全力を挙げる」と応じた。

 日本は化学兵器禁止条約に基づき遺棄化学兵器を処理することになっているが、莫大(ばくだい)な費用が予想されるにもかかわらず、積算根拠が不透明などの批判が日本国内から出ている。

(2006年04月30日 産経新聞)


 この記事では遺棄したなどと書いていますが、旧日本軍化学兵器は、遺棄したものでは無く、旧満州において日ソ中立条約を破って攻め寄せてきた卑怯にして暴虐な旧ソ連軍により打ち破られ接収されたものです。

 平成七年に批准された化学兵器禁止条約には、「1925年以降、いずれかの国が他の国の領域内に、その国の同意を得ないで、遺棄した化学兵器を遺棄化学兵器という」と定義されています。

 これを根拠に、詭弁の天才である中国共産党の基地外どもは、支那に存在する化学兵器の処理は日本政府の義務であると主張しているようですが、そもそも前記したとおり、旧日本軍遺棄科学兵器などというものは支那には存在していません。

 旧ソ連軍が卑劣な手段により接収した旧日本軍の物資の内、旧ソ連軍に合わない日本軍の武器弾薬、装備品、大半の備蓄物資などは毛沢東の八路軍、あるいは蒋介石国民党の手に渡り、最終的に国共内戦に勝利した毛沢東側に渡り、中国共産党人民解放軍が継承したのです。

 旧日本軍旧ソ連軍により接収され、その後紆余曲折を経て、中国共産党人民解放軍に与えられた兵器を、何故に日本政府が処理せねばならんのでしょうか。

 この様な言い掛かりを付けてくる中国共産党の外道どもにも腹が立ちますが、それ以上にこの様な何の根拠も無い言い掛かりを、きちんとした調査もせずに二つ返事で承諾した、村山富市という人非人や河野洋平という売国奴の所業には、あまりの怒りに血の気が引いてしまいそうになる程です。

 しかし良識ある国民の望まざるところであったとしても、誇り高き日本国の宰相の座にあった人間が吐いた言葉を、「間違いだったから取り消します」などと朝鮮人の如く無かった事には出来ない以上、処理はせねばならないものです。

 ただここで煮えくり返っている腹を更に煮え繰り返らせるのが、「遺棄化学兵器は市民の生命に対する脅威だ。1日でも早く排除してほしい」などという支那人市長の手前勝手な言葉に、この遠藤乙彦なる創価学会の犬が、「早期に処理が行われるよう全力を挙げる」などと気安く請け負っている事です。

 この化学兵器を処理する為の莫大な金は一体何処から捻出されるのか。

 答えは言うまでも無く我々国民血税からであり、この遠藤乙彦なる創価学会の犬の懐からは勿論、一銭の金が出る事もありません。

 遠藤乙彦なる国賊の飼い主であるカルト国賊集団創価学会のボス、支那韓国が大好きな池田某なる国賊王の懐からでも無い事も、やはり言うまでの事でも無いでしょう。

 恐らくは我々がまさしく血と汗によって稼ぎ出した労賃の中から払っている血税を使い、支那にある化学兵器を一掃出来た暁には、何故か遠藤乙彦なる国賊の飼い主である池田某なる超国賊に、邪悪の権化たる中国共産党より名誉勲章でも授与されるという、陳腐なシナリオが待っているのでしょう。

 この様な歪んだ現状を、我々日本国民は最早一秒たりとも許すべきではありません。

 諸悪の根源たる中国共産党に対して怒りの声を叩きつけて行かねばならないのは勿論ですが、その前に何としてでも、この遠藤乙彦なる国賊の母体である創価学会という、我が国の権益を侵し続ける邪教を駆逐せねばならないと言えます。

 その為の第一歩として、まずはこの創価学会という邪教の政治部門である公明党を、何が何でも与党から離脱させ、国政の場より叩き出す必要があると言えるでしょう。

 現在日本において、この創価学会なる邪教が強大な権勢を誇っている以上、この戦いは一筋縄には行かないであろうと推察されます。

 しかし我々はこの邪悪な反日売国カルト団体を、是が非にでも今叩き潰しておかねば、後日更なる災いになるであろう事は、容易に想像し得るものです。

 明日の日本を、誇りと品格溢れる自主独立した国家として輝かせる為に、我々は絶対にこの戦いに勝利せねばならないと言えるものであります。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

創価学会
創価学会
posted with amazlet on 06.04.30
島田 裕巳
新潮社 (2004/06)
売り上げランキング: 22,382
おすすめ度の平均: 3.8
5 都市貧民の不安を考えるヒント
4 避けては生活できないよね
3 比較的公正さを持つが突っ込みにかける

「反日」を拒絶できる日本
渡部 昇一
徳間書店 (2006/04)


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
あなたの座布団¥現金に変わる!!

  
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
たまたま見ていたのですが松原仁氏が4/12の衆議院外務委員会で質問していますね。
政府答弁はすでに使ったお金が315億円(内閣府。外務省は別)、これからの予算は発掘回収施設建設973億円、実施処理施設は不明(交渉中)。
1兆円確定ですが何兆円になるかわかりませんね。
森林伐採費の大幅な水増し、国際価格は通常1本2~3ドルの白樺が100ドルや要員用のプール付きの豪華宿舎のことなども指摘してくれていましたね。
それよりもっと基本的な、或る浪人さんの主張とほぼ同じ、本来補償の必要が無いことを多くの事実をもって指摘していました。
それに対する政府の答弁は終始歯切れの悪いものでした。
終わりに近づいて声のトーンを上げて
「最後に麻生大臣にお伺いします。総理を目指すお立場から『遺棄科学兵器はでっちあげだった』と言いたいけれども言えないだろう! が、精一杯答弁いただきたい」
今の政府や役人に責任は無いのでしょうが、何とかなりませんかねぇ。
2006/05/01(月) | URL | katsu #-[ 編集]
公明党は創価学会という一教団組織の政治担当部署であり、存在目的は教団の意向を国政に反映させることではないでしょうか。
また、組織に異を唱えるものには極めて攻撃的であるという面もあるようですので、国の中枢に深く浸透し、与党として国のあり方も左右できるような現在の状況は大変憂慮される事態だと思います。
2006/05/01(月) | URL | jpn #-[ 編集]
完全に無かった事にするのは難しいと思えますが、それでもやはり、たとえ一円でも、この様な言い掛かりに支払う金は少なくして欲しいものです。

それが無理ならせめて、河野・村山の国賊コンビを極刑にでも処してくれない限り、我々のこの怒りはどうにも収まりがつかないというものです。
2006/05/01(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
公明党の存在目的は、疑い様も無くそれでしょう。

このまま公明党が、与党の一翼を担い続けるなどという事態が続けば、日本は本当に現状の繁栄が夢物語であったかの様な、惨めな弱小国家への道を辿りかねないものと思えます。
2006/05/01(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/273-7f3dbf0f
時事通信遺棄化学兵器の処理加速を=視察の国会議員に要求-中国