FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 寛容の強要は果たして寛容なのか

寛容の強要は果たして寛容なのか
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

余録:史上初の労働者自治政権パリ・コミューンで議会選…

 史上初の労働者自治政権パリ・コミューンで議会選挙が行われたのは1871年の今日だ。フランス南部トゥールーズでも市民が蜂起し、同じようなコミューンができた▲そのトゥールーズでイスラム過激思想に染まったアルジェリア系青年がユダヤ人学校の児童など7人を射殺した事件が、仏を震撼(しんかん)させている。1カ月後の大統領選挙を前に移民規制や治安強化が叫ばれ、移民社会に緊張が走った▲ドイツの極右ネオナチによる移民襲撃や昨年のノルウェーの乱射事件など、欧州では人種や宗教の対立に根ざした暴力やテロが相次ぐ。移民を国家に同化させる仏方式も、移民文化との共存を目指す英国方式も、どちらも失敗したのだという▲それでも欧州は移民社会であり続けるだろう。仏では人口の1割がイスラム系とされる。植民地支配の歴史の責任という面はあるが、多文化社会はあと戻りできない現実なのだ。憎悪と偏見による摩擦を減らす賢明さだけが、相互理解の道だ▲トゥールーズは「星の王子さま」の作家サン・テグジュペリが、飛行郵便会社のパイロットとして働き始めた町でもある。欧州に移民社会ができる前の1939年に出版した「人間の土地」で、彼は「なぜ憎みあうのか? ぼくらは同じ地球によって運ばれる連帯責任者だ、同じ船の乗組員だ」と書いている(新潮文庫・堀口大学訳)▲高齢社会や少子化など「課題先進国」の日本は、世界に先駆けさまざまな実験をしているのだという。だが人口減少に伴う移民政策については、国民的議論も合意もない。多文化共存を理想に掲げた欧州の苦悩は、まさに歴史の実験だ。

(2012年03月26日 毎日新聞)

 実験に、その実験に興味の無い人間、反対の人間の暮らしまで巻き込むなんて、非人道的にも程があるだろう。

 無茶苦茶言ってるな、変態侮日珍聞の気狂いコラムニストわ。

 しかも、その非人道的な実験で、今、欧州がどれだけ悲惨な状況に追い込まれているのか、知らない訳でも無いだろうに、それを「あと戻りできない現実」などと強制するとは、鬼畜もいいところ。

 万死に値するね。

 つか、真面目な話、肌の色や目の色は兎も角、考え方も風習も宗教も違う人間を、無理矢理一つのムラの中に押し込める「多文化共存」とやらこそが、「憎悪と偏見による摩擦」の一番の原因だろう。

 それを減らす賢明さとは、距離を置く事じゃあないかね?

 遠く離れた異文化や他宗教すらも容認出来ない偏狭さは批難されるされるべきではあるが、わざわざ、近づけてぶつけて、一体、誰に何の得があるのか、さっぱり理解出来ない。

 気狂いの沙汰だ。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

移民不要論
移民不要論
posted with amazlet at 12.03.26
佐伯弘文
産経新聞出版
売り上げランキング: 303154

移民と現代フランス ―フランスは「住めば都」か (集英社新書)
ミュリエル・ジョリヴェ
集英社
売り上げランキング: 283251


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2733-2cb96fef