FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 自由という服従

自由という服従
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

TPPで国家資本主義の拡大に歯止めを

 貿易と投資の新しいルールづくりを目指す環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で、国営企業の改革が焦点になっている。アジアの新興国や途上国を中心に、政府の保護によって民間企業より有利な競争条件を得ている例が多く、市場競争に基づく自由な事業活動が阻まれる心配があるためだ。

 アジア諸国での国営企業の改革は、日本にとり重大な関心事である。世界の経済成長の中心となったアジア地域で、日本企業は投資を増やしていく必要がある。

 進出先の市場で国営企業が幅を利かせていては、参入企業は技術力やビジネスモデルを生かして公正に競争できない。これは非関税障壁の弊害の一つだ。このためTPP交渉を主導する米国は、ベトナムやマレーシアなどに国営企業の民営化を迫っている。

 この交渉目標は、日本の国益と一致する。これからの日本は輸出に頼るだけでなく、世界への投資で稼がなければならない。TPP交渉への参加を急ぎ、国営企業の改革を含めて投資のルールづくりを米国とともに進めたい。

 気になるのは、日本自身の国営企業の民営化だ。民主、自民、公明の3党が国会に提出した郵政民営化法の改正案は、ゆうちょ銀行とかんぽ生命保険の株式の完全売却を努力規定とした。金融・保険分野で公正な競争条件が確保できるかどうか不透明な面がある。

 米政府内には、郵政法案の中身に失望し、日本のTPP交渉参加を疑問視する声が出ている。郵政法案の記述とTPPの理念が矛盾するとみているからだ。郵政法案ひとつで、日米が市場競争の価値観を共有できないと早計に判断されるのでは困る。

 こうした懸念に対し、日本政府は、公正な競争確保を目指す方針を十分に説明すべきだ。米国から要求されるから譲歩するのではなく、日本の国益を考えて民営化を追求していく必要がある。

 国営企業などを通して政府が市場の主要な参加者となる仕組みは「国家資本主義」とも呼ばれる。中国がその代表例で、金融、エネルギー、貿易、自動車などの有力企業の大半は国営だ。

 中国の経済モデルを手本に、国営企業の優遇策を採る新興国は少なくない。このような国家資本主義の拡大を抑え、公正な市場競争を重視する流れを強めていかなければならない。TPPはそのための有力な手段だと考えるべきだ。

(2012年04月08日 日経新聞)

 流石は日本不経済珍聞、アタマが狂っとる。

 世界への投資をして稼がなければならない、は良いが、既に投資に投資を重ねて、日本は世界一の債権国となっている。

 デフレ不況で、財政難が叫ばれる今、投資よりも、今まで投資してきた分を回収する事に力を注ぐべきなんじゃなかろうか。

 そうして、景気が回復、ゆるやかなインフレとなって国家財政にも余裕が出てきたら、再び、投資の額を増やしていけば良い。

 デフレ不況で国内に金が無い真っ直中で、更に投資に金を突っ込むとか、破産寸前の癖に一発逆転を夢見てパチ屋に通い続けるギャンブル中毒者と何ら変わりが無い。

 つか、「このためTPP交渉を主導する米国は、ベトナムやマレーシアなどに国営企業の民営化を迫っている」って、思いっきり内政干渉な訳で、こんな下品で下劣で卑劣な真似に加担なんか、するべきではなかろう。

 その国が、企業を国営でやろうが民営でやろうが、その国の人民の勝手だ。

 投資をするにしても、そこら辺の独立自尊の精神にまで踏み込むような粗野な真似は、絶対にすべきではない。

 と言うか、投資というのは、その国なり企業なりのやり方、あるいは精神に共感し、成功を応援する意味でやるのが本道というものであり、金の力に物を言わせ、手前の言い成りになるよう迫るなど、邪道、外道、およそまともな人間のやる事では無い。

 今、ダメリカがやっているのは、恫喝外交そのものなのだ。

 アジアの国々の独立自尊の精神を金の力で踏み躙る、許されざる行いなのだ。

 アホの日本不経済珍聞は「日本の国益を考えて民営化を追求していく必要がある」などと脳味噌お花畑の戯れ言をほざいているが、何でもかんでも民営化すればそれで良い、というものでは無い。

 民でやった方が上手くいくものと、そうでないものとがある。

 そこの見極めも無しに、アホの一つ覚えで民営化、民営化と叫ぶなど、気狂いの所業でしか無い。

 公正な市場競争を重視する流れを強めていかなければならない、は結構だが、巨大な資本を持つダメリカと、そうでない新興国とで、全くのフラットな、公正で公平な関係など、本当に築けると思うか?

 それも、ダメリカ主導で。

 本気で思ってるなら、一度、精神科を受診する事をオススメするね。

 よちよち歩きの赤子と、一流の陸上選手を同じスタートラインに立たせ、無理矢理に競争させて、それを「公正な競争(キリッ」とか言っているような奴は、200%精神を病んでるから。

 競争にも投資にも、最低限のルールとモラルが必要だ。

 それを無視するダメリカの横暴をマンセーし、そんなダメリカの御都合主義を具現化させたような代物であるTPPを無条件で受け入れるなど、絶対にあり得ない。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

TPP亡国論 (集英社新書)
中野 剛志
集英社 (2011-03-17)
売り上げランキング: 2164

TPPが日本を壊す (扶桑社新書)
廣宮 孝信
扶桑社
売り上げランキング: 89796


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
日経は日本にヤクザの片棒を担げというのか。
2012/04/10(火) | URL | <丶`∀´> #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2748-12896817