FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → Antisocial Personality Disorder

Antisocial Personality Disorder
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

ストーリー:橋下氏、野心の源流 破れた革ジャン5万円??司法修習同期の証言

 「あいつは明らかに世の中を憎んでいた。社会的な理不尽や不平等に対する強い怒り。既存の勢力に対する激しい憤り、憎しみ。ものすごく大きなエネルギーを感じた」

 兵庫県明石市の泉房穂市長(48)は、第49期司法修習生=1995年研修所入所=の同期、橋下徹・大阪市長(42)の印象をそう語り始めた。

 修習生時代、橋下氏と同じラグビー同好会に所属。衆院議員(民主党)を経て昨年5月に市長に就任した。同じ自治体トップとして橋下氏をよく知る人物の一人だ。ラグビーの練習後に聞かされた話を今も覚えている。

 「橋下は破れた革ジャンをタダ同然で仕入れて1着3万円とか5万円で売って大学を卒業したと言っていた。『破れたやつを売ったらまずいやろ』と言うと『どこが悪いんですか。気付かずに買うのはお人よしや』と」。あっけらかんとした物言いには、同じように苦学して大学を卒業したこともあり驚いた。

(中略)


 ◇「敵」を見つける瞬発力

 5人の同期を取材して気づいたことがあった。全員が「目的達成のためには手段を選ばない」「徹底してやり抜く」と話したのだ。その“突破力”はどこからくるのか。橋下氏がラグビー選手だったことを思い出した。

 橋下氏が所属した第49期司法修習生のラグビー同好会「キアンズ」の主宰者、堀内恭彦弁護士(46)を福岡市内の事務所に訪ねた。キアンズとは、司法修習生が毎日のように書かされる、実際の裁判に即した作文形式の答案「起案」をもじった名前だ。

 「高校ラグビーの日本代表候補で花園出場経験を持つ橋下は、修習生の中では異色でした。キアンズは遊びのラグビーですが、橋下の既成概念にとらわれない自由なプレースタイルと瞬発力は光っていた」

 堀内氏は弁護士になってからも母校の九州大学ラグビー部で2年間監督を務めるなどラグビー仲間を大切にしてきた。同期たちは「数少ない橋下の理解者の一人」とみている。

 橋下氏は弁護士登録から1年後の98年4月に大阪市に自らの事務所を構えて独立した。堀内氏は独立したばかりの橋下氏の事務所を訪ねたことがある。

 「玄関のドアを開けるとギイーという音がする古い洋館でした。橋下は『松田優作の<探偵物語>に出てくる事務所みたいでしょう』と本当にうれしそうだった。でも、1年での独立は大変だったと思いますよ」

 ラグビー仲間たちはある冬の出来事を印象深く覚えている。司法研修所グラウンドで毎年冬に行われていたキアンズの同窓会。独立したばかりの橋下氏が自己紹介パンフレットのようなものを持ってきたという。「広がる橋下ネットワーク」という趣旨の内容。ネットワークには公認会計士や税理士らの名前がずらりと並べられていたという。

 当時、新人の弁護士が仕事を覚えて、事務所を借り、スタッフを雇って独立するまで最短でも3、4年はかかるといわれた。1年での独立は快挙だ。それにこのネットワークである。

 「橋下、すごいなあ、いつの間にこんなネットワーク作ったんだ」。橋下氏の活躍に驚く同期たち。すると、橋下氏は「いやあ、全部仮名ですよ」と打ち明けたという。めったな事では驚かない体育会系弁護士たちの目が一様に点になった。

 「あかん、こんなん、あかん。こんなもの配ったら懲戒請求されるぞ」。我に返った一人が橋下氏をとがめると「だって、本名書いたらバレますやん」と冗談のように言ったという。その後、同期たちは橋下氏に道理を説き、話はそれで収まったという。

(2012年04月15日 毎日新聞)

 いや、フッツーに、こんな奴に政治やらしたらいかんでしょう。

 弁護士としてもギリギリアウト、いや、余裕でアウトだと思うんだが。

 まあ、人間、若い頃、学生時代なんかにちょっとハメを外したり、下らない悪さをしたりする事はある訳で、必要以上にそれを追求するのもどうかとは思うんだけれど、社会人となっても、それを悪い事だと自覚出来ていなかったり、武勇伝か何かと勘違いしているような永世DQNは、少なくとも、政治家とか弁護士とか、そういう職業をやらせてはいけないだろう。

 そういう仕事をしている人間が、モラルを度外視した行動を取れば、社会が滅茶苦茶になってしまう。

 実際、こいつが口から吐き出している戯れ言を全て実現させた暁には、滅茶苦茶な社会が完成してしまうであろう事は、こいつの狂信者ども以外の人間には分かっている。

 まあ、こいつの狂信者である反社会性人格障害持ちどもは、それを望んでいるのだろうけど。

 しかし、そうでは無い人間は、こいつのこれ以上の破壊行為を見過ごし続けてはいけない。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。


文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫)
M・スコット・ペック
草思社
売り上げランキング: 18920


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2755-7cbba0c3