FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → 朝日新聞こそ、東京裁判を知ってますか

朝日新聞こそ、東京裁判を知ってますか
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 大麻のヤリ過ぎで順調に現実と妄想の区別がつかなくなってきた朝日新聞が、本日の朝刊においてまたも手前勝手な認識と詭弁に満ちた社説ならぬ斜説を発表しています。

 日出る国に生を受けながら、勝手に日没の国に擦り寄って、基地外電波を撒き散らすうちに基地外サヨクからしか相手にされなくなり、ついには社長のニートな息子が大麻所持で逮捕された捏造新聞など相手にせねば良いとも思うのですが、日本に住まう純粋無垢な子供が新聞に載っているから正しいなどと思ってはいけないので、一応反論しておこうと思います。

開廷60年 東京裁判を知ってますか

 日本の戦争指導者を裁いた極東国際軍事裁判(東京裁判)が開廷してから、3日でちょうど60年になる。

 米国などの連合国が日本の侵略戦争を断罪し、政治家や軍部の責任を問うたこの裁判は、2年半に及んだ末、25人が有罪とされ、東条英機元首相ら7人が絞首刑になった。

 この7人に加え、判決前の病死や服役中の獄死を含め、14人がのちに戦死者とともに靖国神社に合祀(ごうし)された。小泉首相の靖国参拝で議論になるA級戦犯とは、この裁判で裁かれた指導者のことだ。

 ここ数年、首相の靖国参拝と絡めて裁判の正当性を問い直す声が出ている。

 東京裁判に批判があるのは事実だ。後からつくられた「平和に対する罪」や「人道に対する罪」で裁くのはおかしいという指摘がある。原爆投下など連合国側の行為は問われず、判事団は連合国側だけで構成された。被告の選定基準はあいまいで恣意(しい)的だった。

 一方、評価もある。日本軍による虐殺や関東軍の謀略などが裁判で初めて明るみに出た。ナチスを裁いたニュルンベルク裁判とともに、戦争というものを裁く国際法の流れの先駆けともなった。

 こうした否定、肯定の評価が入り交じった東京裁判をどう受け止めるべきなのか。戦後に生きるわれわれにとって難しい問題であるのは間違いない。

 はっきりしているのは、政治の場で裁判の正当性を問い、決着を蒸し返すことの現実感のなさである。

 あの裁判は、戦後日本にとって二つの意味で線を引く政治決着だった。

 国際的には、51年のサンフランシスコ平和条約で日本は東京裁判を受諾し、国際社会に復帰を果たした。平和条約は締約国の対日賠償を基本的に放棄することもうたい、それとセットで日本は連合国側の戦後処理を受け入れたのだ。

 国内的には、A級戦犯に戦争責任を負わせることで、他の人を免責した。その中には、昭和天皇も含まれていた。

 裁判は不当だという立場を貫くなら、あの戦後処理をやり直せと主張するに等しい。講和を再交渉し、米国をはじめ世界の国々との関係も土台から作り直す。そして戦争犯罪は自らの手で裁き直す。

 こんなことが果たして可能なのだろうか。裁判の限界を歴史の問題として論じることはいい。だが、言葉をもてあそび、現実の政治と混同するのは責任ある政治家の態度とは思えない。裁判を否定したところで、日本の過去が免責されるわけでもない。

 朝日新聞の最近の世論調査で、驚くような結果が出た。聞かれた人の7割、とくに20代の9割が東京裁判の内容を知らなかった。そして、東京裁判や戦争についての知識の少ない人ほど、今の靖国神社のあり方を是認する傾向がある。

 歴史を知らずして、過去を判断はできない。まずは歴史と向き合うこと。東京裁判60年を機会に、改めてその重要性を考えたい。
 (2006年05月02日 朝日新聞社説)


 何一つ具体的な例を示す事も無く、言葉のロジックのみで自己の正当性を立証しようとするテクニックは、流石は戦後日本を誤った方向にリードし続けてきた朝日新聞であるなと、感心してしまう節も無いものでもありません。

 唯一の具体例と言えば、
 日本の戦争指導者を裁いた極東国際軍事裁判(東京裁判)が開廷してから、3日でちょうど60年になる。

 米国などの連合国が日本の侵略戦争を断罪し、政治家や軍部の責任を問うたこの裁判は、2年半に及んだ末、25人が有罪とされ、東条英機元首相ら7人が絞首刑になった。

 この7人に加え、判決前の病死や服役中の獄死を含め、14人がのちに戦死者とともに靖国神社に合祀(ごうし)された。小泉首相の靖国参拝で議論になるA級戦犯とは、この裁判で裁かれた指導者のことだ。

 とたったのこれだけで、後はいつもの如く、GHQ及びコミンテルンの言った事を忠実に繰り返しているか、自らの意見に異を唱える者を具体的な例も出さずに批判しているだけのものです。

 例えば「ここ数年、首相の靖国参拝と絡めて裁判の正当性を問い直す声が出ている」という朝日の主張ですが、こんなもの「ここ最近」では無く、かなりの昔から問われてきた事でありますが、朝日新聞を始めとする、やたらと声だけ大きい腐れサヨクによって掻き消されてきただけである事は周知の事実です。

 そして今その様な事を言っているのは、少なくとも私が知る限りでは、朝日新聞若宮とかいう腐れサヨクと先頃意気投合された読売の老害くらいのもです。

 首相靖国参拝は、今まで掻き消されていたものが表に出る切っ掛けとなっただけで、東京裁判の正当性などは遠い昔、というよりも裁判当時より疑われていたものである事を、まさか三大紙の一紙である朝日新聞が知らないなどとは思えないものです。

 「パル判事」の一言で済む様な事を、わざわざ紙という貴重な資源を使ってまで主張しないで頂きたい。

 また大麻大好きの朝日新聞は、「 一方、評価もある。日本軍による虐殺関東軍の謀略などが裁判で初めて明るみに出た。ナチスを裁いたニュルンベルク裁判とともに、戦争というものを裁く国際法の流れの先駆けともなった」などと言っていますが、この東京裁判ニュンベルグ裁判の後に、まともに国際法に沿って行われた戦争を裁く裁判など私は見た事がありません。

 唯一今、イラク戦争フセイン元大統領が裁判を受けていますが、あれがまともな国際法に沿った正しい裁判だなどと思っているのは、ブッシュくんとその愉快な仲間たちくらいのものです。

 明らかにあの二つの裁判は、勝者による魔女裁判という最悪のものの前例にしかなっていない事など、マルクス菌に侵された基地外サヨク以外は、首相靖国参拝の賛成・反対に関わらず、誰もが理解している事であると思われます。

 また大麻の煙で頭がフワフワしている朝日新聞は、「国際的には、51年のサンフランシスコ平和条約日本は東京裁判を受諾し、国際社会に復帰を果たした。平和条約は締約国の対日賠償を基本的に放棄することもうたい、それとセットで日本連合国側戦後処理を受け入れたのだ」などとGHQの使いっパシリみたいな事を言っていますが、あの敗戦当時の日本に、東京裁判の判決を受け入れる以外の選択肢など無かった事は明白です。

 出鱈目であっても無茶苦茶であっても、生存する為に受け入れざるを得なかっただけであるものを、まるで日本も全て納得したかの様に書き連ねるのは、自称「じゃーなりすと」の朝日新聞は如何に考えているのか、是非お聞きしたいものです。

 そして大麻でラリっている朝日新聞は、「裁判は不当だという立場を貫くなら、あの戦後処理をやり直せと主張するに等しい」と無茶苦茶な結論を導き出そうとしていますが、裁判が不当であると言っている人間の大半は、殆ど誰もその様な主張はしていません。

 我々の主張としては、無茶苦茶で出鱈目な裁判ではあったが、一端受け入れた以上はそれを反故にするつもりなど毛頭無いが、すでに赦免され名誉を回復された、所謂A級戦犯と呼ばれる方々を、今なお犯罪者扱いするのはあまりにも非人道的であるという事。

 そして靖国神社が発表している通り、神道において分祀などというものはあり得ない事。

 そして国内の問題である靖国神社に関する事柄に対して、支那朝鮮が口出しをしてくるのは、明らかな内政干渉であり、絶対に許すべきでは無いという事。

 他にも細かい点は多々あるものの、大まかには以上の三点であります。

 そして大麻が大好物の朝日新聞は、「朝日新聞の最近の世論調査で、驚くような結果が出た。聞かれた人の7割、とくに20代の9割が東京裁判の内容を知らなかった。そして、東京裁判戦争についての知識の少ない人ほど、今の靖国神社のあり方を是認する傾向がある」と言っています。

 ちなみにこれが、その記事です。

東京裁判「知らぬ」7割、20代では9割 本社世論調査

 戦後の占領下、米国などの連合国が日本のA級戦犯を裁いた極東国際軍事裁判(東京裁判)の開廷から60年たち、この裁判の内容を知らない人が70%にのぼることが、朝日新聞社の世論調査でわかった。20代では90%を占める。知らない層ほど、靖国神社へのA級戦犯合祀(ごうし)に対する抵抗感は薄く、首相の靖国神社参拝についても反対が少なかった。一方、戦争の原因について日本人が自ら追及し、解明する努力がまだ不十分だと考える人は69%にのぼった。

 戦後、日本が国際社会に復帰するにあたって前提となった東京裁判の内容が、国民に継承されていないという事実は、60年を過ぎてなお戦争責任の空白が問われる現状を映し出しているともいえそうだ。

 調査は4月15、16の両日、全国の有権者3000人を対象に面接方式で実施した。

 東京裁判の内容について、「よく知っている」が4%、「ある程度知っている」が23%に対し、「裁判があったことは知っているが内容は知らない」53%、「裁判があったことも知らない」17%で、合わせて7割が「知らない」と答えた。

 「知らない」は若年層ほど高く、「あったことも知らない」は、30代と40代で20%、20代では37%にのぼった。

 「知っている」人に裁判の印象を聞くと、「問題はあったが、けじめをつけるために必要だった裁判」が48%と最も多く、「戦勝国が敗戦国を一方的に裁いた不当な裁判」34%、「戦争の責任者を裁いた正当な裁判」17%の順だった。

 東京裁判で裁かれた東条英機元首相らA級戦犯が、一般の戦死者とともに靖国神社にまつられていることについて、「抵抗を感じる」は31%で、「感じない」は63%。

 裁判の内容を「よく知っている」人では「感じる」が50%で、「感じない」46%を上回る一方、「裁判があったことも知らない」人では「感じる」が16%と少なく、「感じない」は75%にのぼる。「感じない」は若年層ほど高く、20代と30代では70%を超えた。

 首相の靖国神社参拝については、賛成が50%、反対が31%だった。反対は、合祀に抵抗を「感じない」人で19%(賛成は62%)、「裁判があったことも知らない」人で21%(同52%)と少ない。

(2006年05月02日 朝日新聞)


 まず大麻のヤリ過ぎで、頭が如何にかしてきた朝日新聞に言いたいのは、そもそも良く知らない人間に抵抗を感じない人が多いのは当たり前の事だという事です。

 論理的に考えれば、良く知りもしないのに抵抗を感じる人間の方がおかしいと思うのが普通だと思うのですが、朝日新聞大麻漬けの頭では、この程度の事も理解出来ないのでしょうか。

 理解出来ているとすれば、この様な調査は非難せんが為だけにされた調査である事は明白であるという結論が、容易に導き出されるであろう事も理解して貰えるものと思います。

 この様な調査をするのならば、全ての経緯を大まかにでも説明した後、「それではどう思いますか」と聞くのが正しい順序だと思うのですが、大麻大好き朝日新聞では違うのでしょうか。

 最後に大麻無しでは生きていけない朝日新聞は、「歴史を知らずして、過去を判断はできない。まずは歴史と向き合うこと。東京裁判60年を機会に、改めてその重要性を考えたい」と締め括っています。

 「歴史を知らずして、過去を判断はできない。まずは歴史と向き合うこと」

「じゃあなりすと」宣言

 言ってて耳が痛くなりませんか、朝日新聞さん。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

朝日新聞の正義―対論 戦後日本を惑わしたメディアの責任
小林 よしのり 井沢 元彦
小学館 (1999/11)
売り上げランキング: 3,654
おすすめ度の平均: 4.54
5 目から鱗がたくさん落ちます!
5 ニュース・ショーと新聞、どこが違う?
4 偏った左翼

誰が国賊か―今、「エリートの罪」を裁くとき
谷沢 永一 渡部 昇一
文藝春秋 (2000/06)
売り上げランキング: 320,025


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ!

スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
 初めまして、時々覗かせて頂いています。
この朝日新聞の社説・・・相変わらずだなぁ・・・と思うと同時に、何でここまで中途半端な知識で御託を並べるのかと・・・。
これまで、左翼団体の圧力もあって、こうした歴史の陰に隠れてしまった私たちの知らなかった歴史を新聞社にいれば私たちよりも遙かに知る事が出来ただろうと思われます。
それでもなお、日本人が背中を丸めて歩かせるような記事を書いて正義の味方面している彼らに憤りと言うよりも怒りさえ感じます。
『靖国神社』に関しては私たちも、あの当時の日本の状況、世界の流れを知らずに賛否を語ってはいけないし、外国の政府からの圧力にも屈してはいけない事だと思います。
まぁ、朝日新聞社って中国の為にマッチポンプするような新聞社ですから、こういった事も平気で書けるのでしょうけど、何でこんな新聞社が日本の3大新聞の一つなのか、納得出来ません。
きっと、日本人の洗脳がまだ解けていないからだとは思うんですけど、早く目を覚まして欲しいと思うし、自分の国の主権の事だから日本人ももっと関心を持って欲しいと思いますね。
長くなってしまいまして・・・。
また寄らせて頂きます。
2006/05/02(火) | URL | yumicchin #W7HJhtFA[ 編集]
はじめまして。

中国共産党にガッチリと股座掴まれている朝日新聞ですから、中国共産党が崩壊しない限りは、絶対に変わりはしないでしょう。

あと朝日が3大紙の1つなのは、強引なセールスと過剰なサービスが原因でしょうね。

風の噂によれば、交渉しだいでは1ヶ月千円で購読したり、最大で半年くらい無料に出来たりするらしいですから、金はないけど新聞くらい読みたいと思っている人達が、相当数朝日を購読しているのだと思います。

また何時でもお越しください。
2006/05/03(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
 私の学生時代にも「教科書で習わなかったから太平洋戦争があった事も知らなかった!」こうインタビューに答えた子の事が朝日の記事になった事が、ありました。確かに教科書は最後まで終わらないし、「現代史はテストには出ないから勉強しても意味がない」という人もいましたが、教科書に載っていない訳では、ないのに読んでみようともしない!「そんな人の意見が多数派の様に語られるのは、ちょつと!」と言うのが正直な意見でした。若者は馬鹿であった方が、面白いのでしょうが、今の女子高生のすべてが、援助交際をしているとは、限らない様に、いつの時代にも色々な若者がいますよ!
 朝日新聞の悪行なら伊藤律偽会見事件を知りませんか?
2006/05/03(水) | URL | 鵺娘 #/9u.keZw[ 編集]
>そんな人の意見が多数派の様に語られるのは、ちょつと!

この世論調査は完全に世論誘導の為の、仕組まれたものと見て間違いないものです。

調査結果の開示に必須の「有効回答率」の明示もありませんから、何人に調査して何人の人間がきちんと答えたか分からないものに、世論調査としての信憑性の欠片も無いと言っても過言では無いと思われます。

お怒りになる気持ちは分かりますが、所詮朝日のやる事ですので、あまりお気になさらない方が、精神衛生上良いと思います。

>朝日新聞の悪行なら伊藤律偽会見事件を知りませんか?

あまり詳しくは知りませんが、共産党の伊藤律の単独記者会見を捏造した事件ですよね。

朝日の悪事は、あまりにも多すぎて記憶が曖昧ですので、間違っていたらすみません。
2006/05/03(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/276-9efb3c43
朝日新聞社が東京裁判史観から脱却しつつある日本人に恐怖してデマを飛ばしております秊。 朝日の戦争責任こそ最大だと知っている方は、一日一押人気ブログランキングをクリック漣
 なんとなく読売新聞の社説に対抗して朝日新聞が東京裁判の社説を書いたように見えます。その辺りはどうでも良いですが、二大紙が東京裁判について書いたことは興味深いです。 
朝日新聞によると、東京裁判が戦争を裁く国際法の流れの先駆けらしいです。『開廷60年 東京裁判を知ってますか』朝日新聞社説H18.5.2  日本の戦争指導者を裁いた極東国際軍事裁判(東京裁判)が開廷してから、3日でちょうど60年になる。  米国などの連合国が日
2006/05/02(火) | トンデモ社説
[東京裁判60年]「戦争責任糾明は国民自身の手で」(読売新聞社説) 日本の「現在」が、いまだに60年も前の「歴史」を巡って揺れている。1946年の5月3日に開廷した極東国際軍事裁判(東京裁判)をどう評価するかという問題である。 東京裁判では米英ソを中心と
2006/05/03(水) | ぱっとんな日々
 戦前は開戦を煽りに煽り、戦中は戦意高揚のために国民を煽り、戦後はソ連、北朝鮮、中国など共産主義国家を賛美。数千万人が命を落とした中国の文化大革命を礼賛し、実際は地獄であ
 ・東京裁判「知らぬ」7割、20代では9割 本社世論調査 もー、朝っからTV朝日とTBSはこの話題で盛り上がってますよ。 どこから持って来た調査書なんだか、これ。 面倒なので、下にそのままコピペります。  東京裁判「知らぬ」7割、20代では9割 本社世...
2006/05/03(水) |  ◆ ケシクズ ◆
開廷60年 東京裁判を知ってますか  日本の戦争指導者を裁いた極東国際軍事裁判(東京裁判)が開廷してから、3日でちょうど60年になる。 米国などの連合国が日本の侵略戦争を断罪し、政治家や軍部の責任を問うたこの裁判は、2年半に及んだ末、25人が有罪とされ、東
‥‥新しい罪を裁くものとして、東京裁判が設けられたわけですね。 東京裁判のおかげで、裁判をやらなければ破壊されたであろう日本政府の記録が押収され、公開されました。きちんとした歴史の記録が残ったのです。 また、なかには日本の指導者を捕まえ銃殺にしろという意見
2006/06/03(土) | 心に留まった言葉たち