FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → Like a Rolling Stone

Like a Rolling Stone
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

「社論」か「言論の自由」か 中日新聞と有識者の意見広告トラブル

 有識者団体による南京事件の議論を呼びかける意見広告を、中日新聞が「社論に合わない」として、掲載を拒否し、団体側とトラブルになっている。意見広告をめぐるトラブルはこれまでも度々あった。

 意見広告は米国の新聞で始まったとされ、日本では昭和40年に市民団体が米国の新聞にベトナム反戦の訴えを掲載したのをきっかけに、広がった。

 掲載トラブルで有名なのが、産経新聞と日本共産党の間で争われた訴訟だ。48年に産経新聞に掲載された自民党の意見広告が共産党への誹謗(ひぼう)、中傷だとして、共産党が反論文の無料掲載を要求。最高裁は62年、「表現の自由を侵す」として請求を棄却した。

 一方、63年に長崎市内の右翼団体が「天皇に戦争責任はない」などと訴える意見広告の掲載を長崎新聞社に断られたため起こした訴訟では、福岡高裁が平成3年、「掲載を承諾するかどうかは新聞社の自由」として請求を棄却した。

 今回、中日新聞側は、河村たかし名古屋市長の発言を「不適切」とする社論を展開しているため、見出しに「河村発言支持」とある広告は掲載できないという。

 ただ、広告は本文で「率直な討論の必要を提起した河村発言は貴重な提言。その意味で河村発言を支持し、議論が国民の間でも広がることを期待して意見表明する」と記しており、有識者団体側は「広告の目的が議論の活発化であることは明白だ。憲法の言論の自由に反する」と主張している。

(2012年05月12日 産経新聞)

 まあ、常日頃、大上段から偉そうな事ばかり言っている珍聞社を始めとするカスゴミなんだけれど、その実態はと言うと、中立性も公平さも欠片、微塵も無い、限りなく独りよがりの営利団体でしかない、というのが改めて良く分かる事案だね。

 それならそれで、「我々はこういう立場の者である」とはっきりと明言し、活動しているのであれば、まだギリギリ許容の範囲内である訳だが、こいつらの性質の悪いのは、そういう「本来の姿」を押し隠し、「中立公正な、表現の自由を守る社会の木鐸である」と偽って活動している事だ。

 「中立公正な、表現の自由を守る社会の木鐸」であるならば、社論に反する意見であろうと何であろうと、きちんと掲載する必要があるし、また、本当に、真実にそうであるならば、むしろ、進んで掲載する筈なのだ。

 だが、こいつらは、決してそのような事はしない。

 何故なら、「中立公正な、表現の自由を守る社会の木鐸」などえは決して無いから。

 自分達に反対の、あるいは不利益な意見は全力を以て封殺する。

 叩き潰そうとする。

 場合によっては、適当な事件をでっち上げて社会的に抹殺しようとすらする。

 こいつらは、表現の自由を守る社会の木鐸などではなく、表現の自由に規制する言論ヤクザ、表現の寄生虫。

 それが、こいつらの実態。

 この記事を書いた3Kも、偶々厨日珍聞の意見と反対だったから、批判する意味で書いただけであって、似たような事は幾らでもやるし、やってる。

 要は、ウヨク的な意見を標榜している団体から金が出ているか、サヨク的な意見を標榜している団体から金が出ているか、それだけの差だ。

 どちらも、中立公正、表現の自由、社会正義からは一億光年以上隔たりのある存在なのだ。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

うそつき―うそと自己欺まんの心理学
チャールズ・V. フォード
草思社
売り上げランキング: 74630



PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2780-b1d0b97e