FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → Shall we ダンス?

Shall we ダンス?
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

余録:「魏志倭人伝」には「男子は大小と無く、皆黥面…

 「魏志倭人伝」には「男子は大小と無く、皆黥面(げいめん)文身す」とあるから、当時の日本人の男は大人も子供も顔や体に入れ墨をしていたらしい。水に潜って魚をとる海人が大魚の襲撃を防ぐまじないにしたのが、後に飾りとなったのだという▲ならば入れ墨のない者は当時の役所をクビになったのか??とは、むろん大阪市での職員への入れ墨調査を聞いて頭をよぎった妄想である。役所が職員の入れ墨の有無を一斉調査するというのもびっくりだが、「110人」という調査結果にも驚いた向きが多かろう▲そういえば最近タトゥーと呼ばれるファッション感覚の入れ墨を就職活動を機に消す手術をする若者が多いという。欧米の映画などをまねて気軽に入れたタトゥーも、いざ職探しとなれば入れ墨がアウトローのシンボルとされてきた日本社会の市民感覚に突きあたる▲さて映画では片肌脱いで桜吹雪を見せる遠山の金さんこと町奉行、遠山景元には本当に入れ墨があったか。放蕩(ほうとう)ざんまいの若い頃に遊び仲間と腕に桜の入れ墨をしたと記すのは元幕臣の漢学者、中根香亭だ。旗本の子弟が「武家彫り」などという入れ墨をした時代だ▲だが香亭によれば、幕府で昇進をとげてからは常に肌着をきつくまとい、夏も脱ぐことがなかったという。さて景元は「若気の至り」を後悔したのかどうか。ともあれこと奉行としては若い時の体験ゆえに下情に通じたみごとな裁きをしたと香亭は絶賛を惜しまない▲大阪市職員の入れ墨事情は人それぞれだろうし、何らかの措置が必要なケースもあろう。ただ未来の景元を失わぬようにするのも組織の「マネジメント」だ。

(2012年05月18日 毎日新聞)

 流石、変態珍聞と言うか、何と言うか・・・

 ここまで来ると、大酋長を正当化する為に、わざと頓珍漢な事を言っているんじゃないかと勘繰りたくなってくるね。

 基本的に、昔はどうだったとか、外国ではどうだとかは、この手の問題では関係無い。

 昔と今では倫理道徳が全く別物だし、外国でどうだろうが、ここは日本だから。

 で、大酋長様が楽しそうに大騒ぎしているこの問題な訳だが、基本的に、現代日本の倫理道徳的に言うと完全にアウトではある訳だが、問題、というか焦点は、「そういう就業規則があったのか」という点だね。

 倫理道徳的な観点からでは、「消し給へ」と指導する事は出来ても、「消さなければクビ」などとする事は出来ない。

 況して、刺青を入れていた奴は一律クビ、などという暴挙は絶対に出来ない。

 これは、大酋長様やその狂信者くんたちの大好きな民間企業でも同じ。

 就業規則にきちんと「刺青禁止」とあり、その罰則が定められてあるならば、それに従って罰する事も出来るが、そうでないならば、幾ら一般的にどうだろうが、軽軽しく罰する事は出来ない。

 勿論、今無いのなら、今から作っても良い。

 その上で、指導なり警告をして、それでも消さない人間を罰する事は全然可能だ。

 と言うか、そもそも、それだけの話なのだ。

 大騒ぎ、馬鹿騒ぎして大問題にする程の事でも無く、就業規則があるなら、それに則した罰を与え、無いならば、規則を作って注意勧告、指導、警告し、聞かない人間は罰する。

 それを、わざわざ大騒ぎして大事件化する大酋長に、それに乗っかる低能バカカスゴミ。

 そして、踊らされる間抜けで愚かな大酋長の狂信者ども。

 バカバカし過ぎて溜息も出ない。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。


アホが見るブタのケツ・2 【初回限定盤】(DVD付)
嘉門達夫
日本コロムビア (2012-03-28)
売り上げランキング: 81075


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2787-5839d86e