FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 悪友を親しむものは共に悪名を免れるべからず

悪友を親しむものは共に悪名を免れるべからず
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 豊臣秀吉が戦争を仕掛けたのは明であり、朝鮮は基本的には通り道でしかなかった事は、もはや日本においては常識的な知識であり、基地外整形大統領が如何に声高に詭弁を吐こうとも、もはや覆しようのない事実です。

 また大東亜戦争において朝鮮日本の一領土であった以上、南朝鮮である韓国GHQ的に言えば戦争の加害者であり、決して被害者などではありません。

 日韓併合に関しても、安重根とかいうアタマの愉快なテロリストが、日韓併合に反対していた伊藤博文公を暗殺したりしなければ、或いは避けられたかも知れない事件であり、はっきり言えば自爆に過ぎない、日本にとっては本当に傍迷惑な言い掛かりに近いものがある一件であると言えるものです。

 この様な事実を踏まえられず、日本と韓国歴史教科書に食い違いがあると言って、ブッシュ大統領に嘲笑された基地外整形大統領が、またもその素晴らしく愚鈍な頭脳をフル回転させて、我が国に言い掛かりを付けてきた模様です。

韓国大統領が講演「今の日本に国粋的傾向を感じる」

 【ソウル=中村勇一郎】韓国の盧武鉉大統領は3日、ソウルで開かれた講演会で、竹島(韓国名・独島)の領有権問題などを巡って日韓関係が悪化していることに関連して、「今の日本に国粋的傾向を感じる」などと批判した。

 盧大統領は講演で「結果的に再び不幸な歴史が繰り返されるのではないかという不安感がある」と述べ、歴史問題や竹島問題を巡る日本の対応を16世紀の豊臣秀吉の朝鮮出兵や植民地支配に次いで、「日本が国家的栄光を追求する行為だ」と主張した。

(2006年05月04日 読売新聞)


 安土桃山時代の日本は、天皇という存在こそあったものの統一国家としてはまだ成立していなく、豊臣秀吉にしても日本国王という程の絶大な権力も無く、あくまで諸侯の代表程度のものであった事は、秀吉の死後、ほとんど間を置く事もなく徳川家康によって豊臣家が滅ぼされた事からも、容易に推察し得るものです。

 つまりは秀吉の朝鮮出兵は、日本という国が国家的栄光を求めて起こした行為というよりも、豊臣秀吉という人間が己の野望の為に起こした行動と判断する方が、歴史的事実に近いものでは無いかと思われるものです。

 秀吉の死後、朝鮮出兵は誰も引き継ぐ事無くすぐに中止されたという事からも、秀吉以外の人間は誰も朝鮮出兵にはあまり乗り気でなかった事が推察され、これを日本の国家事業と見るのは難しいと思われるものです。

 基地外整形大統領が植民地支配という日韓併合にしても、冒頭に記した通り、安重根という馬鹿が日韓併合には反対の意思を示されていて伊藤公を暗殺などしなければ、避ける事が可能であったかも知れないものであり、悪くとも朝鮮自治区として独立の可能性がある状態におかれた可能性は大であると言えるでしょう。

 以下ここでその根拠となる、伊藤公の御言葉を紹介しておきます。

●「韓国人の誰が、自ら、その独立を主張したのだろうか?そして、韓国人の誰が、自ら、韓国の独立を承認したのだろうか?あるならば聞きたい。韓国人は、数千年来、固有の独立を有していたと主張するが、私はこれを認めることは出来ない。」

●「日本は出来るだけ、韓国を独立させようとしてきた。しかし韓国は遂に独立できなかった。そのため、日本は、日清・日露の二大戦役を開く羽目となった。その結果として、日本は韓国を保護国とした。これを日本の侵略だと言うなら言うがいい。日本は自衛上、本当にやむを得ず韓国を保護国としたのである。」

●「そして、世界の大勢を見るがよい。どんな大国も、今日まで一国で世界の平和を維持できる物ではない。僅かに、地域ごとに平和を維持しつつあるだけだ。これは、つまり、同盟国の必要な所以であって、もし一衣帯水(距離が近い事を示す)の韓国に外国勢力が影響力を行使するような自体になれば、日本はその独立を危うくするものである。日本は、絶対に韓国が日本に背くことを許すことができない。」

●「しかし、日本は非文明的、非人道的な行為をしてまでも韓国を滅ぼそうとするものではない。韓国の発展は大いに日本の望むところであって、韓国自身が国力を身につけ、発展するためならば、韓国は自由に行動してよい。ただ、ここに一つの条件がある。すなわち、韓国は日本と提携するべきであるということだ。日章旗と巴字旗(韓国旗)が並び立てば、それで日本は満足である。日本は何を苦しんで韓国を滅ぼすことがあるだろうか?」

●「自分は、本当に日韓の友好を深めるために、誠心誠意尽くそうとしている。しかし、日清・日露の両大戦の際に、韓国は一体何をしたのか?陰謀以外の何をしたというのか?戦争中は傍観者に徹していたではないか?君たち(韓国人)は、日本が、突然やってきて韓国を滅ぼそうとしていると思うのは、一体どのような根拠に基づくものか聞いてみたい。」

●「日本は韓国の陰謀を断ち切るため、韓国の外交権を日本に譲れと主張した。だが、日本は韓国を併合する必要はない。併合は甚だ厄介である。韓国は自治を要する。しかも日本の指導監督が無ければ、健全な自治を遂行し難いと考える。」


 日本日清戦争を戦ったのは朝鮮の為などではなく、日本の為であった事は事実です。

 しかしその恩恵によって、朝鮮は大清帝国の属国から一個の独立国になったという事もまた事実と言えるでしょう。

 しかし朝鮮はその事実を忘れ、日本が三国干渉により欧州列強に屈すると見るや、露国に事大し日本を聞きに陥れ、その為に日本は、日露戦争という国家の命運を賭けた戦争へと突入せねばならなくなったのです。

 名将・東郷閣下の活躍などにより、苦戦しつつも何とか勝利をもぎ取った日本は、朝鮮がこの様な身勝手な行動を起こし、日本、そしてアジアを苦境に陥れる事が無いよう教育する為、朝鮮を保護国としたのです。

 そして初代統監であった伊藤公は、朝鮮を文明をもった独立国へと成長させる為、司法制度の整備、金融制度の整備、産業開発教育振興と改革を進めていきました。

 しかしその様な恩恵を受けた筈の朝鮮は、近代化は「小中華主義」に反すると、それらの改革を蛮行と捉え、反日活動を起こしたり、韓国皇帝日本に協力すると見せながら、露国を始めとする列強に密使を送ったりと、日本の善意を全面的に裏切り続けたのです。

 あまりの朝鮮の卑劣さ、愚劣さに失望した伊藤公は、「かくの如き陰険な手段を似て日本保護権を拒否せんとするよりは、むしろ日本に対して堂々と宣戦を布告せらるるのは捷径なるにしかず」と述べています。

 しかしそれでも伊藤公韓国を独立国とする事を主張し、国内の日本を守る為には日韓併合しかないという声がどれ程大になろうとも、日韓併合には反対の意を示してきました。

伊藤博文が韓国人の実力者とパーティーを開いた時の言葉

私は韓国を立派な国にする為に韓国に来た。
韓国を滅ぼす為に来たのではない。
独立運動家を自称する暴徒達の心は理解できる。
しかし、彼らは国の滅亡に怒りを抱いているだけだ。
この国を存続する為の方法、展望を全く持っていない。
だから、彼らが「独立」を達成しても結局は国を滅すだろう。
韓国の事を愛する気持ちは、私も彼らも同じだ。
ただ、その為の手段が異なる。

(1908年6月19日)


 ここまで韓国の事を思った政治家を、事もあろうに安重根という何も考えのない人間のクズが暗殺したが為に、日本における日韓併合を押し進めようとする勢力が一気に力を持ち、1910年、ついに日韓併合は起こってしまったのです。

 この様な経緯を理解しようともせず、日韓併合を単なる日本植民地支配と捉え、阿呆の一つ覚えの様に糾弾している韓国こそが、国粋的傾向に向かっていると思えるのは私だけでは無いでしょう。

 今の韓国、特に基地外整形大統領・盧武鉉の勢力は、完全に基地外勘違いテロリスト安重根と同じ道を歩もうとしている様に感じられるものです。

 先頃の竹島周辺海域において、日本が海洋調査をすると言ったときの、「国際法など知らない」とでも言いたげな反応を見ても、何一つまともな展望を持つ事無く、単なる感情の昂りをもって伊藤公を暗殺した安重根と完全にダブって見えるものです。

 私は一日本国民として、切実に日本政府に訴えたい。

 日本は今すぐ、少なくとも反日路線盧武鉉政権が退陣し、まともな国際感覚を持つ人間が国家元首となるまでは、日韓国交を断絶するべきであります。

 これは単純な嫌韓感情で言っているのでは無く、このまま行けばアタマに血が上りやすい韓国人、特に完全に狂っている盧武鉉の勢力は、日本竹島を諦めさせる為ならば、テロ暗殺といった手段にさえ出かねないものです。

 それが日韓両国にとって大きな損失である事は、誰がどのように考えても分かる事であると思います。

 日本韓国から手を引いた結果、韓国支那の属国になる事があろうと、それは仕方の無い事と割り切るべきであると考えるべきです。

 支那にあまり力を持たせる事は望ましくないにしろ、もう一度歴史の悲劇を繰り返し、特定アジアに対して強硬な姿勢を取る、我が国の有能なアタマに「あ」のつく宰相候補の命が奪われる様な事は、決して起こしてはならないと思えるものです。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

伊藤博文 近代国家を創り上げた宰相 PHP文庫
羽生 道英
PHP研究所 (2004/01/06)
売り上げランキング: 206,373

東郷平八郎―近代日本をおこした明治の気概
岡田 幹彦
展転社 (1997/06)
売り上げランキング: 283,776


PR情報
最強ブログ!FC2BLOG 開設はこちら>>>
簡単登録★完全無料のメールアドレス★ZENNOコム

テクノラティプロフィール
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
秀吉の朝鮮出兵の理由は「全国統一で功臣に与える領地が確保出来なくなったために海外の土地を当てにして恩賞を与えようと考えた」ためと言う説があります(堺屋太一氏など)。

李氏朝鮮は自力ではやって行けないほど屋台骨が駄目になったので日本が手を差し延べたというのが実態だと思います。
日本以前に朝鮮政府が悪かったんでは?
2006/05/04(木) | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
>秀吉の朝鮮出兵の理由は「全国統一で功臣に与える領地が確保出来なくなったために海外の土地を当てにして恩賞を与えようと考えた」ためと言う説があります

その説は耳にした事があります。

どの説を採るにしても、朝鮮が通り道である事に変わりは無いと思いますけどね。

>日本以前に朝鮮政府が悪かったんでは?

朝鮮政府が悪かったんでしょうね。

韓国人は絶対に認めようとはしないと思いますけど。
2006/05/04(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/282-b8eab75f