FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 行け行けタロー

行け行けタロー
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 私は反小泉を標榜する人間では無いので、彼の改革路線を無碍に否定するつもりは無いものの、やはり彼の為した事全てが正しいものであったとは到底思えないものであります。

麻生氏、継承者改め“脱小泉”戦術 「限界」批判し独自色

 麻生太郎外相は3日午後(日本時間4日未明)、ワシントンの戦略国際問題研究所での講演後の質疑で、小泉純一郎首相の政権運営を「自民党をぶっ壊すという名のもと既得権益の破壊を進めたが、壊したあとに建てる新しい家のデザインを示さなかった」と批判した。「ポスト小泉」候補の中で、小泉路線の継承者と位置づけられてきた麻生氏だが、同じ路線の安倍晋三官房長官に支持率で大きく差を付けられているだけに、首相との違いを明確にする戦術に踏み切ったようだ。
 「多くの国民は(小泉首相が既得権益を)壊した後にどんな家が建つのか分からないから不安になる。こうすべきだと示すことが必要だ」 

 麻生氏の発言は、「小泉路線」の限界を指摘し、「ポスト小泉」の青写真は自分が示すと総裁選出馬に強い意欲を示したものだ。

 講演でも米国との関係強化の重要性を何度も強調した。

 福田康夫元官房長官が父、福田赳夫元首相の「福田ドクトリン」を発展させた新政策の必要性を訴えたが、「福田ドクトリンは等距離外交、全方位外交だったが、いまは全方位なんてあり得ない。米国とうまくやっていくことが国益になる」というのが麻生氏の持論だからだ。

 ただ、麻生氏の行動や政策が支持率上昇に結びついていないのも事実。

 在日米軍再編をめぐっても合意前に、シーファー駐日米大使と何度も水面下の調整を行った。しかし、黒子役に徹したためクローズアップされることなく、麻生氏は「外交は目立たないものさ」と周囲に漏らした。

 「小泉内閣の重要閣僚」と「総裁候補としての存在感」というジレンマを抱えたまま、いかに「独自色」を鮮明にするか。麻生氏の勝負どころが近づいている。(ワシントン 大谷次郎)

(2006年05月04日 産経新聞)


 もはや私如きが何かを付け加える必要など無いほどに、完璧に小泉路線の問題点、そして福田路線の危険性を簡潔に述べたこの発言には、否が応でも麻生総裁の誕生とその手腕を期待せずにはおれないものです。

 また記事中には麻生氏の支持率が伸び悩んでいるかの様に書かれていますが、朝日を始めとする反日マスコミはひた隠しにしようとしていますが、実際は安倍氏の人気独走は真実ではあるものの、自民党都道府県連の幹部に対する調査では、安倍氏が13人、福田氏が6人、麻生氏が5人と福田氏麻生氏の人気には然程の差は無いと言っても間違いではないのが本当の実情です。

 仮に森"ミラージュ"嘉郎元総理が強引に福田氏擁立に動き、清和会の多数が福田氏支援に回り安倍氏が不利になったとすれば、安倍氏支援の議員が麻生氏支援に回るという様な行動を取れば、容易に逆転し、麻生総裁が誕生する可能性があると見る事が出来ます。

 安倍氏次期総裁を懸念する声に多い、安倍氏の若さや当選回数による経験などに関しても、69歳で当選6回の福田氏と、65歳で当選9回の麻生氏とならば、年齢では福田氏の方が上を行くものの、当選回数閣僚経験などで麻生氏の方が相応しいと思われるものです。

 また世論調査にしても、無作為に選んでいるが故に、回答している人間の中にアカピンクが数多く入っているであろう事も容易に推察し得るものであり、自民党の本来の支持層である保守層、または中道派の人間に限定して調査をすれば、麻生氏福田氏を逆転する可能性も否定は出来ないものであると考えられます。

 私個人としては、安倍氏麻生氏のどちらが次期総裁になろうとも構わないものですが、「福田ドクトリン」などという戦略性の「せ」の字も無い、カビの生えた代物を誇らしげに掲げるクニウリセブンの就任だけは絶対に避けたいものです。

 アジア外交は確かに大切ですが、アジアとは本来、中東までも含む広大な地域であり、決して中朝韓の三国と日本だけを指す言葉ではありません。

 また福田氏を始めとする親特亜議員の提唱する土下座外交は、論理的にも感情的にも絶対に間違ったものであり、絶対にこのような馬鹿外交を許すべきでないのは言うまでの事でも無いでしょう。

 真の外交とは両国がお互いの国益をぶつけ合い、ギリギリのところで折り合いを付ける、言うなれば今、麻生氏が行っている外交こそが正しい外交に近いものであると言えるものです。

 福田氏総裁就任は、日本外交に立ち直れない程の重症を負わせる可能性のある、非常に危険なものであり、これを容認すれば日本という国は、二度とまともな外交も出来ない三流国家に落ちぶれてしまいかねないものです。

 福田氏が森"ミラージュ"嘉郎元総理と手を組み、安倍氏総裁就任を拒むというのであれば、我々は麻生氏を徹底的に支援し、福田氏総裁就任を断固として拒む必要があります。

 自民党内に潜む売国勢力、また市民のフリをして福田氏待望論を唱えるアカピンクの声に惑わされる事無く、我々は日本国益を考える、日本の為の総理総裁の誕生を望む声を上げ続けていく必要があると思えるものです。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします

保守主義の哲学―知の巨星たちは何を語ったか
中川 八洋
PHP研究所 (2004/04)
売り上げランキング: 64,104
おすすめ度の平均: 4.56
5 素晴らしい参考書
3 伝統に基づかない”自由”主義
5 熱のこもった英米流保守主義の入門書



PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
現職の閣僚が上司である首相の施策を「批判」するものでしょうか。
この場合は「指摘」の方が正しいように思います。

「改革はぶち壊すだけではなく作り上げる作業も必要だと『指摘した』」んではないかと。

この書き方では「閣内不統一」みたいですね。
2006/05/05(金) | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
確かに「批判」と言うよりも、「指摘」と言った方が良いかも知れませんね。

仰る通り「批判」では、内閣不統一に聞こえてしまいますしね。
2006/05/05(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/283-058767e0
次期首相候補である麻垣康三のうち,福田元官房長官と麻生外相がそれぞれの外遊先で...
2006/05/05(金) | もののふのこころ