FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 狂躁の国2

狂躁の国2
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

雇用流動化へ「40歳定年を」 政府が長期ビジョン

 国家戦略会議(議長・野田佳彦首相)の分科会は6日、国の長期ビジョン「フロンティア構想」の報告書をまとめた。国家の衰退を防ぎ、個人や企業が能力を最大限生かして新たな価値を生む国家像を2050年に実現するための政策を提言。「40歳定年」で雇用を流動化するなど労働生産性を高める改革案を盛り込んだ。

 学識者や企業人らで構成するフロンティア分科会(座長・大西隆東大大学院教授)が野田首相に報告した。首相は「社会全体で国づくりの議論が喚起されることを期待する」と述べ、近くまとめる日本再生戦略にも反映する意向を示した。

 改革案の柱は雇用分野だ。60歳定年制では企業内に人材が固定化し、産業の新陳代謝を阻害していると指摘。労使が合意すれば、管理職に変わる人が増える40歳での定年制もできる柔軟な雇用ルールを求めた。早期定年を選んだ企業には退職者への定年後1~2年間の所得補償を義務付ける。社員の再教育の支援制度も作る。雇用契約は原則、有期とし、正社員と非正規の区分もなくす。

 もっとも定年制の前倒しには労働者の強い反発が必至だ。社内教育で従業員に先行投資する企業側の抵抗も予想される。改革の実現には転職市場や年功型の退職金制度、人材育成などと一体的な検討が必要だ。改革案は長期的な指針で、全て早期に実現を目指すという位置づけではない。

 報告書は現状のままでは日本は新興国との競争に敗れ、少子高齢化も進んで50年に「坂を転げ落ちる」と予測。将来の理想は付加価値の高い産業が立地する「共創の国」とした。時間や場所を選んで働けるようになれば仕事と育児を両立できる人が増え、出生率は改善すると見込んでいる。

(2012年07月07日 日経新聞)

 アホなのは知っていたけれど、まさか、ここまでの、限界を突破したアホだとは思わなんだ。

 定年を40歳まで繰り上げるとして、40歳で職をなくした人間は、どうやって生活すればいいんだ?

 40歳と言ったら、普通、子供は高校や大学への入学やら何やらで、一番金がかかる時期だぞ?

 サラリーマンの平均年収が3~4千万くらいあるのなら、そこに備えて貯蓄していればいいだけかも知らんが、普通のサラリーマンの年収は、良くて精々が7~8百万くらい。

 年収1千万超えなんざ、一部も一部、ごくごく一部のエリートだけだぞ?

 勿論、多少は将来を考えて貯蓄もするだろうが、その時期、一番金のいる時期に収入がなくなるとか、ありえんてぃーもいいところ。

 そうなると、ますます結婚して子供を作る層は、少なくなっていくだろうな。

 仮に作ったとしても、その子供の大半以上は、高等教育を家庭の都合、要するに家に金が無いからうけられない、となる。

 義務教育以上の高等教育を受けられるのは、一部の富裕層の子弟のみとなる。

 格差の完全固定だ。

 それとも何か、義務教育は勿論の事、高校や大学にかかる諸費用まで、国が一部、あるいは全部引き受けたりでもするつもりか?

 ザイゲンだの何だの言っていられなくなるくらいに金がかかるな。

 つか、仮にそれをやったとしても、収入源をなくし、貯蓄も潤沢にある訳では無い中流以下の家庭は、収入源確保の為に、義務教育過程を終えた子弟を働きに出すだろうな。

 格差の固定は止まらない。

 出生率の低下も止まらない。

 破滅への疾走は加速度を増す。

 こんな事を考え付くような輩は、脳味噌がアポトーシスで犯されきっているんじゃないかと思う。

 周りを巻き込んで自滅する為だけに存在する癌細胞だ。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

消費増税で日本崩壊 (ベスト新書)
斎藤 貴男
ベストセラーズ
売り上げランキング: 90376

復興増税の罠 (小学館101新書)
河村 たかし
小学館
売り上げランキング: 49076


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
 いわゆる「労働の流動性()」とかいうのですけど、人間を「流動物」というモノ扱いする基地外の思想ですね。
 奴隷に仕立てられた(この次の次のエントリなんか典型的)人間が他の職場に行っても、経験は役立ちませんし。
 聖域なき構造改革()でかなりそのような傾向が進んだ挙句、一般労働者は何もいいことがなかったのに、さらに推し進めようって、本当に気が狂っている。

>時間や場所を選んで働けるようになれば仕事と育児を両立できる人が増え、出生率は改善すると見込んでいる。
どう考えても、時間かカネが足りなくなるだろ。

 大体生活の安定が約束できてない状態なら、ローンを組んで家を建てるなんかしないでしょう。防御のため、貯蓄に走る。そうやってカネが回らなくなる(一部は国債になって回りますが)。消費税も労働も、経験に学ぶことができないって、クズ過ぎます。

それだけでなく労働組合()が支持基盤のミンスでこんな発想できるのがすごい。連合()などの労働貴族団体は、「労使」ということ以外は殆ど全て利害は大企業と一致していますので、ほぼ完全に大企業の補完勢力です。
2012/07/18(水) | URL | 北野茂良 #0OF0GxPA[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2837-e08c29e9
●小沢新党の旗揚げは、国民のための政治実現のために官僚権力との戦いが再開されるということを意味する。 ●憲法にいう主権在民の実現を期待する我々国民は小沢新党支持であることを示すために、新党立ち上げにおいて課題である資金問題で助けるために、早急にカンパ募?...
2012/07/11(水) | 私は隠れ癌患者