FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 病根

病根
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

世帯所得減少 格差社会是正こそ国の責務

 2010年の1世帯当たりの平均所得が、前年より13万2千円減って538万円だったことが、厚生労働省の国民生活基礎調査で明らかになった。注目すべきは、生活が苦しいと感じている世帯の割合は61・5%で1986年の調査開始以来、過去最悪となったことだ。

 長引く経済不況で、生活に疲弊した国民が増え続けているのが、経済大国・日本の内実と言える。

 同じ家に住み、家計を共にする家族の所得の合算が世帯所得で、22年前の88年とほぼ同じ低水準となった。これまでのピークだった94年(664万2千円)より約2割も減少した。

 長引くデフレの影響や雇用環境の悪化が背景にあることに疑いはない。所得の低い非正規労働者が増え続け、格差社会が拡大している深刻な実態を政府は直視する必要がある。

 今回の調査は、18歳未満の子どものいる世帯の減少幅が大きいのが特徴だ。前年比38万5千円減の658万1千円となり、不況が子育て世代を直撃していることを浮き彫りにした。働いて得る賃金が減ったため、教育費を捻出するために節約をして家計をやりくりしているのが一般庶民の実情だ。

 一方、役員を除く全労働者に対する非正規労働者の割合は前年比1・5ポイント増の38・8%で、04年以降では最も高くなった。特に10代後半が76・0%、20代前半が45・1%と若者で比率の高さが際立つ。

 低賃金のため日々の生活で精いっぱいで、将来への不安から結婚に二の足を踏む若者も少なくないという。家庭を築いても厳しい生活に変わりがなければ、生まれてきた子どもらにも貧困を強いることになる。若い世代が希望を失えば、国の活力など望むべくもない。

 実際、09年の相対的貧困率(年間所得が全人口の可処分所得の中央値の半分に満たない人の割合)は16・0%、子ども貧困率も15・7%といずれも過去最悪となった。

 低所得者の増加は消費を冷え込ませ、物が売れずに景気が落ち込む悪循環を生む。こうした閉塞(へいそく)感が強い経済状況下での消費税増税は、負のスパイラルに拍車を掛けることにほかならず、正気の沙汰ではない。

 首相は生活苦に追い打ちをかける消費税増税に突き進むのではなく、最低賃金底上げや安定した生活を支える仕事の確保など経済成長戦略を早急に明示し、格差社会の是正に即刻取り組むべきだ。

(2012年07月08日 琉球新報)

 真面目な話、少子化問題、デフレスパイラル、その他諸々の問題の殆ど、大半以上の根元にあるのが、この問題だと言えるだろうね。

 若者の○○離れなんてのも、大半は、それを楽しむだけの経済的余裕が若者に無い事に起因している。

 それでも、手前らの既得権益にしがみつきたい大忌業の患部、老害どもが、その原因たる問題を有耶無耶にし、政治的な解決を阻止している。

 そんな老害どもの飼い犬である征倭会や松下政経塾塾生の連中が、問題を解決するどころか根深くしていく。

 カイカクだ、既得権益破壊だ、と声高に叫びながら、表面の、一部の、そんな大したモノでも無いような人達をスケープゴートに仕立てて執拗に攻撃し、愚衆の喝采を受け、本当の問題の根元にあるもの、いる連中を隠蔽し続ける。

 これが、日本国の抱える、何処までも根深い病巣。

 一部に、橋の下乞食大酋長閣下様が、この病巣を壊せる「英雄」だと勘違いしている向きがいる訳だが、あの阿呆は、征倭会や松下政経塾の連中とは少し違うものの、基本的に、この病巣をより根深くしようとしている塵の傀儡であり、度し難い屑である事に変わりはない。

 痴民党征倭会の屑どもも、松下政経塾の塵どもも、そして橋の下乞食大酋長の忌SINとかいう滓どもも、残らず、この日本国から駆逐するべき汚物、害虫、癌細胞の類なのだ。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。


ワーキングプア 日本を蝕む病(ポプラ文庫)
NHKスペシャル『ワーキングプア』取材班
ポプラ社
売り上げランキング: 165282


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
家離れ、車離れ、旅行離れ。少子化だから、市場が縮小しているのではなく、所得が下がって、購買力が低下しているから、市場が縮小していることを無視しているのだな。
極端な話、人口が減少しても、所得が上がれば、市場は成り立つのに。
で、金がなければ、結婚もできないし、家庭を持つこともできない。綺麗ごとではなく、金がなければ、嫁は来ないし、子供を幸せにすることはできない。
子供の幸せには、親の愛情と金が必要だという単純なことを理解できない莫迦ども。
この状況下で、子供の数が増加したら、それこそどうかしている。
未来を担う若者が、職にあぶれ、あるいは低賃金にあえいでいるのに、労働力不足を補うとか、社会保障費の財源を確保するために移民を入れろとほざく、経団連や法務省の元官僚。
ゲーテ曰く。「活動的な莫迦ほど、恐ろしいものはない。」
2012/07/10(火) | URL | <丶`∀´> #KfMO8t.E[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2838-8957ae28