FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 下衆の極み

下衆の極み
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

橋下徹大阪市長の元愛人が告白
「裸の総理候補」


 いまや「総理にしたい男ナンバー1」として注目される橋下徹大阪市長(43)。

 そんな橋下市長の愛人だった女性が、週刊文春編集部の取材に応じた。

 橋下氏と不倫関係にあったのは、元クラブホステス・華原礼子さん(仮名・30代前半)。華原さんは身長160センチ、松下奈緒似の色白で清楚な美女である。現在は夜の世界から引退しているが、橋下氏と出会ったのは2006年、ホステスとして大阪・北新地の高級クラブ「A」に勤めていた頃だった。

 本誌は独自取材によって、華原さんが橋下氏と一時期深い関係にあったとの情報をキャッチし、接触に成功。橋下氏との関係を聞くと、当初はかなり狼狽しながらも、事実関係を認めた。そして交渉の末、彼女は本誌にすべてを告白する決意を固めた。

 華原さんによれば、橋下氏は彼女との関係が発覚することを警戒し、自分の携帯電話からは連絡せず、マネージャーの携帯や、法律事務所のPCメールから連絡してきたという。

「スケジュールは事務所と奥さんに完全に管理されていたみたいでしたね。私と一緒にいる時は、一切メールも見ないし、携帯も見ませんでした。マネージャーの目もあるし、奥さんの目もあるし、板挟みでたぶんしんどかったんじゃないかな」(華原さん)

 初めて男女の関係になったのは、4回目ぐらいのデートだったという。

「その日も二人で待ち合わせをして食事に行き、かなり飲んだんですよ。それでその流れで、っていうか……(笑)。食事をしてお酒飲んで、それからタクシーに乗って伊丹空港近くのラブホテルに行ったんです。チェックインした時、『ラブホテルに行くのは何年ぶりかな~』みたいなことを言ってましたね」

 また、デート中に意外な本音を吐露することもあった。

「お茶を飲んで二人で街を歩いている時、『普通に手をつないで歩きたいけど、手まではつなげないよね。普通にデートがしたい。こんな仕事早くやめて、弁護士業に戻りたい』って言っていたのが印象に残っています」

 だが、その直後に大阪府知事選に立候補。

「そんなそぶりは微塵も見せなかったんで、『え~っ! 言ってることとやってることが違う!』ってビックリしましたよ」

 本誌編集部は橋下氏に事実関係の確認を求めるため、締め切り4日前に法律事務所を通じて直接取材を申し込んだ。しかし一向に返事がなかったため、あらためて事務局長を通じて直接取材を申込んだところ、

「ご指摘のお店や旅館には顧問先とも一緒に行ったことはありますが、(女性については)何のことを言っているのかわからないとのことです。06年から07年にかけてそうした女性とお付き合いしていた事実はないとのことです」

 という回答が事務局長を通じて返ってきた。

(2012年07月18日 週刊文春WEB)

橋下市長「正直、大変な状況」女性問題報道で

 橋下徹大阪市長は18日、2008年の大阪府知事選前の女性問題が19日発売の週刊文春で報じられることについて「正直、大変な状況だ。親のポカで、子供には本当に申し訳ない。思いっきり迷惑をかけてしまった」と述べ、おおむね事実関係を認める考えを示した。

 市役所で記者団の質問に答えた。市長は汗をかき、おどけながら対応。「まずは妻に説明しなければならない。これから家でものすごいペナルティーが待っている」と苦笑いを浮かべた。

 事実関係については「全部間違っているわけじゃないが、だからといって全部が事実でもない。これは週刊誌報道の範囲だ」と説明した。

 同時に「知事になる前までは、聖人君子のような生き方をしていたわけではない」と弁明。「公人になる前でも、僕自身の人間性を判断する要素として報じられてしまうのは仕方がない」と開き直った。

 報道に何らかの政治的思惑を感じるか問われると「(自分から)それに絡めるのはひきょうだ」と述べるにとどめた。

 週刊誌読者に向けては「知事になる前の茶髪の姿と重ねてもらって記事を判断してもらいたい」と呼び掛けた。

 出版社側への法的措置については「僕の立場なら、報じられることもあるだろう」と述べ、現段階では検討していないことを明らかにした。

 週刊文春は、橋下氏が06年から、大阪・北新地の高級クラブで働いていた女性と親密な交際をしたことを、インタビューを交えて報じている。

(2012年07月18日 スポーツ報知)

 常々、こいつの愛妻家キャラは嘘くさい、作り物臭いと思っていたが故に、1フェムトも驚きはせん訳だけれど、それにしても、安定の屑っぷりに開いた口からリクームイレイザーガンが出そうになる。

 徹底して自分に甘く、他人に厳しい屑人間、いや、屑ヒトモドキだ。

 しかし、嗤えるのが、「知事になる前までは、聖人君子のような生き方をしていたわけではない」という台詞。

 じゃあ、今のお前さんは「聖人君子のような生き方」をしているのか、ってのw

 まあ、少なくとも、聖人君子、あるいはそれに近い人間は、こういう言い訳はしないね。

 過ちを悔い、反省する。

 下らない、阿呆丸出しの言い訳をつらつら並べたりしない。

 ペナルティの心配よりも、妻の心を傷つけた事を思い、慚愧の念を口にする。

 今回の件の言い訳だけを見ても、聖人君子とやらに最も遠い、下衆で下劣で下品なイキモノ、それが橋下徹サンの嘘偽りの無い実像ってやつだ。

 魂から、腐ったどぶ川のような臭いがプンプンする、救いようの無い生物だ。

 最後に、大酋長閣下様の著作、「まっとう勝負」より、彼の不倫、浮気に対する考え方を引用しておく。

「浮気は「悪」と当然のように考えられているけど、本当にそうなんでしょうか?」(p.249)

「一夫一婦制は、あくまで”国が作った制度”なんだ。だから、たとえ制度に違反しても、それは単なる制度違反であって、直ちに不道徳や倫理違反になるわけではない」(p.250)。

「じゃあ、国は何のために一夫一婦制という制度を作ったか。これは、モテる男女がパートナーを独占することを防ぎ、国民全般に満遍なくパートナーができるようにするためだよ。配給制と同じ」(p.250-251)。

「もし一夫一婦制じゃなかったらどうなる?・・配偶者を得られない自由競争の敗者がワンサカ出てきて社会の秩序を保てない。そこで、制度として一夫一婦制なるものを採用した。社会主義経済みたいなもんだね」(p.251)。

「こんな制度に振り回されるのは実にバカらしいことだ」(p.251)。

「その人がひとりの相手で満足できないタイプなら、それは自然的・本能的行動としてしようがない。それを受け入れるか、いやなら分かれるのみ」(p.252)。

「浮気者を責める前に、「自分は性的魅力に欠けているんじゃないか」と考えてみる必要もあるね」(p.252)。

「一夫一婦制が制度としてなくなれば少子化も解消されるよ」(p.252)。

「一夫一婦制なんかないほうが、人間社会にメリットが大きいかもしれないね」(p.253)。

 一応、これらのアホな論説を書き連ねる前に、「「浮気は罪」を論破する、大それた屁理屈がある」と前置きして、逃げ道を作っとる訳なんだが、心の奥底でこういう風に思っているであろう事は、まあ、まず間違いの無い事実だと言えるだろう。

 茶化して怒られないようにしているだけ。

 ただの卑怯な自己保身。

 故に屑。

 意見は違えど尊敬出来るような、そういう敵手にはなり得ない下劣な本性が、魂からあふれ出している。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

橋下「維新の会」の手口を読み解く―競争、統制、自己責任
小森 陽一
新日本出版社
売り上げランキング: 12373

「仮面の騎士」橋下徹 独裁支配の野望と罠

講談社
売り上げランキング: 111598


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
コスプレでH下市長って
そのまんま東も真っ青だな
終わったなH下市長
2012/07/19(木) | URL | 超銀 #99DFA69w[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2848-ed50c3e8
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/11(月) 18:22:57.60 ID:zgEI4lhe0 ?2BP(1000)今年も日本酒電車運行、12日から予約開始 伊豆箱根鉄道伊豆箱根鉄道(三島市)は3月