FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 愚王

愚王
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

文楽鑑賞で苦言呈した橋下氏に非難の声

26日、文楽協会への補助金凍結を示唆する橋下氏が、古典を鑑賞した後に苦言を呈したと、新聞各紙が伝えており、ネット掲示板で大きな反響を呼んでいる。

2009年、大阪府知事だった橋下氏は、初めて古典を鑑賞した際「二度と観に行かない」と酷評していたが、今月26日の夜、国立文楽劇場で文楽の古典「曽根崎心中」を鑑賞。橋下氏は「古典として守るべき芸だと分かったが、新規のファンを広げるためには台本が古すぎる」と現代風に演出をアレンジするなどの工夫を求めたという。

大阪市は、今年度の補正予算案で、文楽協会への補助金を昨前年度25%削減の3900万円で計上。橋下氏は今月上旬、「公開での面談でないと補助金を支出しない」と表明していたが、協会側は非公開での面談を求めたため、膠着状態が続いている。

これに対してネット掲示板では「なんでこんなバカっぽく見える発言するんだよww」「古典芸能を見て台本が古すぎるって意味分からん」「歌舞伎があるから文楽なんていらねえ、儲からないものはいらねえって思ってるんだろうな」と橋下氏に対する非難が相次いだ。

なかには「不倫野郎に言われたくないですわ!!」「文楽にコスプレ要素が足りないとおっしゃるかww」と先日の不倫騒動を引き合いにした、皮肉交じりのコメントも見られた。

27日、この問題について橋下氏は自身のツイッターで釈明を行っている。

(2012年07月27日 livesoorニュース)

 相変わらす絶好調に頭悪いな、橋の下乞食。

 古典芸能を見て古いって、そりゃ当たり前の事だろう。

 何の為に政府なり自治体が補助金を出すのかって、そりゃあ、その「古さ」を守る為だろう。

 世の中の変化という変化、全ての変化に柔軟に対応して、その時代に合わせて形を変えていく芸能は、それはそれで素晴しくはあるが、古典芸能とは言えんだろう。

 そういう形を変えていく文化というのも必要ではあるが、同時に、形、在り方を変えず、守り伝えていく文化もまた、同時に必要。

 ただ、そういうものは、大衆には支持され難いものであるから、権力なり財力なりがある団体が支え、伝えていく必要がある。

 新しいモノだけでは世の中は成り立たない。

 同時に、古いモノだけでも世の中は成り立たない。

 しかし、そのバランスは大衆だけでは取り得ない。

 だから、公権力や財力のある人間が、その高貴なる義務の一環として、バランスを取り、守るべきは守り、そして後世に伝えていく。

 何にも難しい事じゃない。

 橋の下乞食教の信者のような、脳味噌ヨーグルトの救い難いヒトガタの虫螻ども以外なら、朧げにでも理解出来る事。

 それを理解出来ない程度の白痴の弱脳が、橋の下乞食大酋長様のような破壊者をメシアと崇め奉っている。

 守るべき「君が代」のカタチも理解出来ないど低能が、守るべき「君が代」のカタチを破壊しようとしている気狂いの歌う「君が代」を、本質も理解出来ずに愛国の証だと盲信し、アホ踊りを披露している。

 クラミジアよりも存在価値がな無いな、乞食と乞食教の信者どもは。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ←大地よ、海よ、そして生きているすべてのみんな…このオラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ…!!!
FC2ランキングへ←おめえ頑張ったよ…よく頑張った…たったひとりで…今度はいいヤツに生まれ変われよ…一対一で勝負してえ…待っているからな…オラももっともっと腕をあげて…またな!
woshitecityへ←そうだ、ヲシテ町行こう。

忘れられた日本人 (岩波文庫)
宮本 常一
岩波書店
売り上げランキング: 1197


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
月額525円からで500MBの大容量!チカッパ!レンタルサーバー
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/2857-ea1df873
私は山口県警を「権力による弾圧ストーキング」の加害に対して告訴しており、肝臓癌患者でもあるが、その立場から記事を書いている。被害の概要の記事を一度お読みいただき、ほとん...
2012/07/28(土) | 私は隠れ癌患者